ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年11月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    今まで野球には全く興味が無かったのですが、子供と初めて横浜スタジアムにDeNAの試合を観て以来すっかり家族でDeNAベイスターズのファンになりました。来シーズンもスタジアムへ行くのが楽しみですが、20...

    micさん

    ushin さん(2017.11.17 PM6:14)貴方が答えて下さっても皆様の知識にはなりませんので「はまれぽさんが記事にする」事を希望しています。そして狐猫のキニナルは「IC改札機がある 無人駅...

    狐猫さん

    狐猫 さん 2017.11.14 AM10:25 建前は「有人改札で乗車駅から現金で支払って、入場記録消去」ICカードの取扱い自体不可能な場合は、その旨の証明を貰えるので、自分の近所の駅で入場記録消去...

    ushinさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたが好きなスポーツチームは?

横浜DeNAベイスターズ
横浜F・マリノス
川崎フロンターレ
横浜FC
湘南ベルマーレ
Y.S.C.C.
SC相模原
横浜ビー・コルセアーズ
川崎ブレイブサンダース

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
2位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
3位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
4位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
5位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
6位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
7位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
8位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
9位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
10位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
11位
昭和初期まで使われていた!? 逗子市池子の石切り場跡に突撃!
12位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
13位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
14位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
15位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
16位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
17位
横浜の小学6年生がカッコイイダンスを踊るイベントは今?
18位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
19位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
20位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
21位
姉妹都市だと横浜に何のメリットがある?
22位
横浜の街中で化石を探せ! “横浜化石クエスト”
23位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
24位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
25位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
26位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
27位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
28位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
29位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
30位
2学期制って良くなかったの?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜ベイサイドマリーナで今年も熱狂! 「タモリカップ2017」に潜入!!!

ライター:はまれぽ編集部 (2017年09月10日)

天気はいいとも!

2017(平成29)年9月9日土曜日。

今年の夏は暑いなと思ったら雨ばかり降ったり、このまま秋かと思えば夏が戻ると見せかけてまた雨が降る。

といったご機嫌ななめでなかなかまっすぐにならない天候の日々が続くが、タモリカップ2017横浜大会が開催される本日は、ひさしぶりに気持ちよく晴れる週末となった。
 


鳥浜駅からマリーナへと向かう道にも朝の日差しが降り注ぐ

 
タモリカップをはまれぽが追いかけはじめて今年で4回目。2016(平成28)年は嵐2015(平成27)年は好天に恵まれるも海は凪ぎ、風を待ってスタートが遅れ、ライター永田いわく「日焼けにはご注意を!」の暑い一日だったりした。

タモさん主催の「日本一楽しいヨットレース」タモリカップが横浜で開催されて今年で5回目。1回目は台風によりレースは中止。大バーベキューパーティのみの開催だったため、レースの開催は今年で4回目である。

さて、今年はどうだろう? 
 


ウキウキウオッチングしながら横浜ベイサイドマリーナに到着
 

本部建物周辺では、タモリカップTシャツを着たスタッフたちが準備の真っ最中

 
盛り上がる雰囲気に胸躍らせながら、プレス艇に乗るメディアの方々とともに待機。やがて午前9時、いくつかのモーターボートに分かれ出航した。



天気晴朗なれど、波高し
 


徐行運転のマリーナのなかはもちろん穏やかだが外も穏やかそうだ
 

みなさんおはようございます!
 

と思っていたら、外に出ると波は意外と高かった

 
ボートはしばしば大きく揺れるが、しかし風は非常に穏やかである。そしてひとまず、タモリカップといえばのパレードを見物しに行かなければ。 
 


パレードの会場であるタモリカップの旗艦、帆船「みらいへ」のほうへ

 

出場するヨット186艇はすべて「みらいへ」の前を通過して
 

大会名誉会長タモさんに挨拶をする。さらに有志がパフォーマンスを披露する
 

パフォーマーが登場!

 

すべての艇に「いってらっしゃい」と声をかけるタモさん!
 


そして無数のヨットたちは海をたゆたいながらスタートの時を待つのであった

 
 
 

タモリカップの説明書 

スタートまでの時間を利用して、タモリカップのレースのルールを説明する。 
 


海上でおこなわれるヨットレースはスタートラインがわかりにくいのだが
 

このオレンジ色の旗を立てたモーターボート2台の間がスタートライン
 


そして3ヶ所に配置されたこの黄色いブイを反時計回りに回り

 
ゴールを通過後、2個のピンク色のブイの向こう側を通ってマリーナへ帰っていく。 
 


レースの規則が細かく記された帆走指示書にある「コース図」はこちらである
 


そして日本最大規模のタモリカップでは厳格なクラスカテゴリーも定められている


などと言っているうちにスタートの時刻が近づいてきたので再び視線を海上へ

 
 
 

風がなけりゃ、ねえ船長(キャプテン)!
 
そしてスタートライン艇を探しているときにふと気がついた。あれ、風が止んでいる。2時間ほど前に出航したときは、穏やかながらやわらかい風が吹いていたのだが、いまはすっかり凪いでいる。 
 


どうやらこれは無風状態である
 

そんななかスタート10分前、5分前のサイレンが鳴り
 

第1グループがスタート

 
タモリカップは出場艇数が多いため、第1から第3までのグループに分けて、約10分間隔で3回スタートが切られる。 
 


続いて第2グループ、第3グループもスタート
 

しかしながらゼロではないが相変わらずほぼ無風である
 

嵐のなか、風を切って波の上をぐんぐん滑っていった2016年とは様子が違う

 
穏やかなレース展開である。
 


そして早くもマストをたたんで穏やかな海を楽しむ判断をした艇もあちこちに
 

そう「風だけを頼りに疾走する」のがヨットなのだとタモさんも言っているように
 

風がなけりゃないで、海の楽しみ方はいくらでもあるのだ
 


そんなみなさんに監視艇に乗るタモさんが声をかけてまわる素敵なシーン
 


みなさん思い思いにゆっくりと楽しんでいらっしゃるご様子
 

疾走してもしなくても、海とヨットがあればそれでいいのだ!

 
レースが開始してから1時間半、いまだゴールする艇はないが、秋の気配を帯びた穏やかな海と空はどこまでも眩しく、どこまでも気持ちいいのであった。 
 


というわけで陸へ戻ることに
  

 
 
それでは一旦休憩です キニナル後半の部は次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事