検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

地域密着型のプロレス団体「三浦プロレス」が近々旗揚げされます。密着取材お願いします。(山下公園のカモメさん)

はまれぽ調査結果!

三浦プロレスは、三浦市の歴史や特産品をモチーフにしたキャラクターのプロレスラーが大活躍する地域密着型の楽しいプロレスだった

  • LINE
  • はてな

2017年09月12日

ライター:やまだ ひさえ

三浦プロレスの旗揚げが神奈川新聞に報じられたのは2016(平成28)年6月30日のこと。

なぜ、神奈川県内の市部では唯一「消滅可能性都市」であり、衰退が懸念されている三浦市での旗揚げとなったのか、そのいきさつを探ってみた。
 


三崎港に面した商店にはポスターが張られていた
 

 
 

三浦プロレスの誕生の経緯

三浦プロレスは、MCでDJでもある高橋裕一郎(たかはし・ゆういちろう)さんと、プロレスラーでありプロのミュージシャンでもある矢口壹狼(やぐち・いちろう)さんが、10年以上前に旗揚げした「沼津プロレス」が母体になっている。
 


高橋さん(左)と矢口さん
 

旗揚げの詳細について、沼津プロレスと三浦プロレスを運営する株式会社ココロ・ワークス代表取締役でマネージャーでもある高村香津代(たかむら・かづよ)さんに伺った。
 


マネージャーを務める高村さん
 

2004(平成16)年、高橋さんが担当していたラジオ番組に矢口さんがミュージシャンとしてゲスト出演。交流を深めるなかで「プロレスと音楽を融合させたイベントをやろう」という話が持ち上がった。

その後、高橋さんは「エフエムぬまづ株式会社」が運営するコミュニティエフエム「COAST-FM(コーストエフエム)」で「格闘ラジオゴングで飛び出せ」をスタート。その中で沼津プロレスの構想が形を成していき、2005(平成17)年度の「沼津ビジネスプランコンテスト」で優秀賞を受賞。手にした賞金10万円を準備金にし、2006(平成18)年9月10日、「地域密着お茶の間プロレス・沼津プロレス」を旗揚げした。
 


600名近い観客を動員しての旗揚げ興行だった(沼津プロレスHPより)
 

沼津プロレスのコンセプトは、「地域密着型の町おこしプロレス」。目指したのは地元に根付いた大衆娯楽としてのプロレスの復活だ。

あくまでも沼津にこだわる2人は、「お魚戦士ヒラキング」、沼津市のミカン栽培面積の5割を占める「寿太郎(じゅたろう)みかん」の化身である「みかん戦士寿太郎プレミアムゴールド」、愛鷹山(あしたかやま)山麓の茶園からやってきたヒーロー「お茶戦士カテキング」など、地元にちなんだリングネームを採用。マスクやコスチュームをそれに合わせたものにするなど、地域性にこだわった。
 


タッグトーナメント優勝経験を持つお魚戦士ヒラキング(同)
 

「寿太郎みかん」の正式名称は「寿太郎温州」。とても甘いミカン(同)
 

お茶戦士カテキング(同)。必殺技は「ヘソで茶を沸かすバックドロップ」
 

沼津名産愛鷹(あしたか)牛の化身、牛神ザ・グレート・アシタカ(同)
 

沼津での成功をきっかけに「富士宮プロレス」「大島復興プロレス」「伊豆の国プロレス」などを旗揚げしていった高橋さんと矢口さんが、次の旗揚げ地として選んだのが「三崎・城ヶ島夏まつり」が開催される三崎だった。
 


祭りのメイン会場となる三崎港産直センター「うらり」
 

三崎・城ヶ島夏まつりは、2012(平成24)年、三崎を訪れる観光客らへの感謝を込めて始まったイベント。当初は「サマーフェスティバル」と言われていたものが、2016(平成28)年に城ヶ島地域が加わったことで現在の名前になった。
 


「うらり」には三浦の名産が勢ぞろい
 

ステージイベントもある
 

夜もにぎやかだ
 

「祭りの目玉イベントとして継続可能な町おこしプロレスを開催しませんか」と矢口さんたちが三浦プロレスの旗揚げを持ちかけたのが、不動産コンサルティング「シー・エフ・ネッツ」の倉橋隆行(くらはし・たかゆき)さんだった。

三崎の街にほれ込んだ倉橋さんは祭りの仕掛け人の1人であり、市内に転居後、酒宿「山田商店」、マグロと地魚料理の店「三崎港蔵」など古き良き三崎の佇まいを生かしたさまざまな事業を展開している。
 


三浦プロレス旗揚げ発表当時の矢口さんと倉橋さん(中)(CFネッツHPより)
 

三浦市活性化のための地域密着ご当地プロレスであり、地域の魅力を再発見し、創造と元気づくりを行なえるエンターテイメントを目指し旗揚げされたのが三浦プロレスだ。
 


三浦色満載の2017年版HPトップ(三浦プロレスHPより)
 

リングにあがるレスラーは、三浦市の特産品や歴史的な物語を題材にしたマスクマンたちだ。

三浦プロレスの人気ナンバーワンヒーロー「ザ・本マグロック」、倉橋さんが市内で最初に手掛けた遊ヶ崎(あそびがさき)リゾート出身の「遊ヶ崎マッスル」、三浦市の特産品から誕生した「レディDAIKON」、小学生からデザインを公募した「スイカーマンX」、小桜(こざくら)姫伝説をモチーフにした「プリンセス小桜」など、市民に馴染みのものばかりだ。
 


三浦らしさにこだわっている (同)
 

 
いざゴング! 迫力の試合!・・・キニナル続きは次のページ≫
 

おすすめ記事

女子プロレスラーの加藤悠さんって強いの?

横須賀の米軍施設を影で支える企業があった!? 日本の安全をメンテナンスする「ニッカイ」

  • PR

横浜に道場を構える「大日本プロレス」ってどんなところ?

過酷で繊細な作業で産業廃棄物を大幅削減してリサイクル。環境問題の解決へ力を尽くす「ホマレファースト」

  • PR

プロレスにちなんだメニューがある、プロレス道場ってどんな店?

不器用でも完璧に作れるの!? 指輪が手作りできる「ジュエリースミス」で結婚指輪作りに挑戦

  • PR

神奈川県で唯一100年近く活版印刷を続ける「築地活字」のすごさを教えて!

夢のマイホームをセミオーダーで建てる。戸建に関するすべてに自信があります!「株式会社横浜建物」

  • PR

新着記事

【編集部厳選】6月の花嫁「ジューンブライド」。「結婚」のキニナルまとめました! 

    • 面白かった3
    • 面白くなかった31
    • コメント1
  • 2018年06月24日

サラリーマンの憩いの場。創業42年、山下町の昭和喫茶「バンビ」でナポリタンはいかが?

    • 面白かった242
    • 面白くなかった5
    • コメント0
  • 2018年06月25日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー

はまれぽ編集部のイチオシ

産前・産後、育児の悩みに応えます。出産と育児を楽しんでもらうためのサポートをする「みやした助産院」

  • PR

安くてハイクオリティは当然! エンターテイメント性で思い出の引っ越しを演出する「スター引越センター」

  • PR

フカヒレ姿煮がのった豪華メニューも1人2400円で食べ放題! いま中華街で話題沸騰の「中国飯店」

  • PR

横浜市内に笑顔増殖中! 陽気な外国人スタッフが家の困りごとを一気に解消「アミーゴ家事サービス」

  • PR

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

手作りの優しさに包まれて、ゆっくりとティータイムを。気軽にチョークアートを体験できるのも魅力!

  • PR

伊豆の海の旨い魚を味わいながら 落ち着いた大人の時間を満喫できる「お魚Diningわんだ」

  • PR

企業のヒトにまつわる問題解決を担い、企業の長期発展とともに笑顔をもたらす「横山社会保険労務士事務所」

  • PR

詰め込むだけでは、ダメ。人の声をよく聴き、自ら考えられる人をつくる。高い合格率を誇る「啓進塾戸塚校」

  • PR

老舗不動産店ならではの実績と信頼。相続した物件、管理に迷ったら、ぜひ相談したい「クローバーライフ」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 横浜港のライバルであり盟友である(?)神戸港からは、九州へ3航路の長距離カーフェリーが毎日運行されて...

  • 天王町駅の仮設(?)トイレのある場所にかつて本屋がありまして、「そうてつブック」って名前だったような...

  • かつて美立橋など横浜市各地にあったホームセンターアクト。もはやネットでも死語化しつつあるので、掘り起...

あなたはどう思う?

トップページをリニューアルしたPCサイトの感想は?

最近のコメント