ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    しっちょんさんと同じく、横浜駅北口は鶴屋町へ、やはり有料駐車場に出汁の自販機があります。ペットボトル入りの出汁です。何故、駐車場に出汁の自販機?気になります。

    ナチュラルマンさん

    11/11に妙蓮寺で行われる「寺フェス」が気になります!水行体験もできるとか。ライターの方にぜひチャレンジしていただきたいです!

    miyukidさん

    相鉄バスに「バスナビ」という方法で、コンピュータやスマートホンなどにバスの運行状況を随時案内しています。他のバス会社では、似たような案内を行わないのでしょうか?。神奈川県は観光客も多いと思いますので、...

    狐猫さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「10月21日今日は何の日?」
2位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
3位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
4位
【はまれぽ名作選】プロでも運転が難しい?市営バスの難関路線に迫る!
5位
100年続く古き良き金魚店が横浜に!? 上大岡の「野本養魚場」を訪問!
6位
人口減少に歯止め? 消滅可能性都市・三浦市の新たな試み、空き家バンクとは?
7位
【はまれぽ名作選】本牧にある遮断機が無い踏切って、どんなふうに機関車が通るの?
8位
地下鉄関内駅の工事の内容は? 謎の右側通行の真相も調査!
9位
鉄道6社が乗り入れる横浜駅!最速で乗り換えできるルートは?
10位
【はまれぽ名作選】上永谷駅付近にあるトンネル入り口「日野隧道」、出口はいったいどこ?
11位
横浜中華街のごみ不法投棄問題、現状と今後の対策は?
12位
横浜のクリーニング店で見かける"かわいすぎるクマ"の謎を探れ!
13位
治安の悪さは首都圏イチ!? 川崎競馬場周辺の夜を体験!
14位
久里浜港に新しくオープン! 海鮮料理がうまい温浴施設「海辺の湯」に突撃!
15位
【はまれぽ名作選】34駅、計3449段!ライター井上が地獄の階段レポに挑戦!~市営地下鉄~
16位
鶴見に眠るお宝はおいくら万円? なんでも鑑定するあの番組に潜入!
17位
【はまれぽ名作選】なぜミニストップ1号店の場所に港北区の大倉山が選ばれたの?
18位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
19位
創業80年以上の戸塚区で唯一の銭湯「矢部の湯」が閉店するって本当?
20位
横浜で一番大きな本屋はどこ? 横浜駅西口の意外な場所に発見!
21位
大学の図書館になった旧ドリームランドのホテルの中ってどうなってるの?
22位
献血ルームの中で1番良い記念品がもらえるのはどこ?
23位
市営地下鉄グリーンラインの延伸計画は、その後どうなった?
24位
どうして神奈川には運転免許試験場が二俣川にしかないの?
25位
都筑区にあるコストコのアウトレット品を超激安で売るお店の秘密とは?
26位
10分間隔でくる横浜駅(YCAT)-羽田空港間のリムジンバス。採算は取れているの?
27位
渋滞対策のために整備された「保土ヶ谷バイパス」が日本一交通量の多い一般道って本当!?
28位
肩凝りが治る!?高周波バス停の由来は?
29位
資源回収日に出した古着はどこへ!? 横浜の最新「古布」リサイクル事情を追う!
30位
獲れたての魚が食べられる食堂もある本牧漁港ってどんなところ?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

「ヨコハマメリー」の中村高寛監督が11年ぶりに新作映画「禅と骨」を公開! 横浜愛あふれる監督に徹底取材!(はまれぽ編集部)

はまれぽ調査結果

横浜の近現代史を多彩に表現! ウエンツ瑛士をはじめ永瀬正敏ら豪華役者に愛されるまっすぐキャラの監督でした!

ライター:大和田 敏子 (2017年09月19日)

横浜の伝説の娼婦メリーさんを追ったドキュメンタリー映画『ヨコハマメリー』から11年。同映画の中村高寛(なかむら・たかゆき)監督、新作映画『禅と骨』が、2017(平成29)年9月2日(土)公開初日を迎えた。 
 


8年の年月をかけた長編ドキュメンタリー映画だ!
 

『禅と骨』は、アメリカ人の父と新橋の芸者だった母の間に生まれたへンリ・ミトワ氏を追ったドキュメンタリー映画。第2次世界大戦を挟んで、母国と祖国のはざまで翻弄され、その後、京都・天龍寺の禅僧となったヘンリさん。

晩年は童謡『赤い靴』の映画化に情熱を傾けた人でもあった。その人生をドラマ、アニメなどさまざまな手法も交えて描いている。




豪華俳優陣も登場の舞台挨拶。笑いと感動に包まれて

中村監督にとって縁の深い「横浜ニューテアトル」で初日舞台挨拶が行われた。

 


ニューテアトルは、デビュー作『ヨコハマメリー』が公開された映画館
 

舞台挨拶が行われたのは、当日2回目の上映終了後。 

 


映画の余韻冷めやらぬ観客の前に、中村監督と出演者が登場! 
 


豪華俳優陣の登場に観客がわく

 

写真左から中村監督、余貴美子(よ・きみこ)さん、ウエンツ瑛士(えいじ)さん、佐野史郎(さの・しろう)さん、チャド・マレーンさん。

「11年前、『ヨコハマメリー』をこの映画館で公開してもらい監督デビューしました。その後、支配人が『第2作も必ずウチでやるから』と待ち続けてくれた。途中で諦めず、ずっとそう言い続けて期待してもらっていたので、ここで初日を迎えられてホントに光栄です」と中村監督。

 


公開初日を迎えられた感慨と感謝の気持ちを語る中村監督
 

俳優陣は、『禅と骨』のドラマパートを演じた方々。実は、撮影は2年以上前に行われていたそうで、それぞれに公開を迎えることができた安堵感と喜びを口にされていた。

中村監督からの熱いアプローチを受けて、ヘンリ・ミトワ氏の青年時代を演じたウエンツさんは、「監督は愛されキャラですごく柔らかい感じの人なのに、撮影でOKと言ったとき、目が笑ってない」と監督の厳しい一面を披露。 

 


役を演じる中で感じてきた想いも語った


「ヘンリさんと自身の境遇を重ねる部分もありました。ヘンリさんのような方々がいて、そういう積み重ねの中で、僕が今、こうして仕事をさせてもらえているのかなと思います」

ヘンリさんのお母さん役だった余さんは・・・

 


撮影の時のウエンツさんの印象を話す余さん
 

「ウエンツさんがもう、もうメチャクチャかわいくて、どうしましょと思ってしまいました。でも、英語しゃべれないんだって思って・・・」と余さんが言うと、ウエンツさんが、数ページにもわたる英語のセリフを一生懸命覚えて演じたシーンが大幅にカットされたことが話題に。

「英語監修の方に来てもらっていたんですが、ウエンツさんの英語は完璧だと言っていました」と監督が言えば、「そう言ったら、僕が納得すると思ってますよね」とウエンツさんが反撃する場面もあり、観客の笑いを誘っていた。

 


映画の奥深さを語る佐野さん

「いろいろなことを考えさせてくれる映画だと思います。時間を置いてもう1回観ると、また違った見方ができる。ぜひ何度も観てほしいですね」と語った。

 


監督と出演者のやりとりに、和やかな撮影風景が浮かんでく

映画は2時間7分の長編。さらに、実は2時間32分のロングバージョンもあるという。「大ヒットしたら、ロングバージョンも上映できるかも知れないので、よろしくお願いします」と出演者それぞれから観客への熱いメッセージが伝えられる。

「僕の英語シーンも、もっと使われてますよね」とウエンツさんが付け加えて、さらに笑いを誘っていた。

舞台挨拶の最後には、観客のための撮影タイムが設けられた。 



撮影タイムが始まると、多くの観客が一斉にスマホで撮影
 

「皆さん、ぜひ、SNSなどで広めてくださいね!」と司会者から声がかかり、楽しかった15分あまりの舞台挨拶が終了した。



『禅と骨』を観た方々の感想は?

舞台挨拶終了後、お客さんに映画の感想を少し伺ってみた。

 


映画と舞台挨拶を観終わった方々があふれる映画館前

 


「ヘンリさんは破天荒で、圧倒的な存在感があった」

 

一方で「お母さんや家族への想いが伝わってきて、とても深い映画だと思いました」と話してくれた。

 


『ヨコハマメリー』以来、次回作を楽しみにしていたという方
 

「期待通りの興味深い映画。中村監督のドラマパートは初めて観ましたが、カメラワークも素晴らしかったですね」と。

 


「いくらお坊さんでも、人は人間っぽく死んでいく」


「人間らしさが伝わってくる、憎しみの中に家族愛が感じられる映画でした」と話してくれた。
それぞれの感想を伺い、映画『禅と骨』への興味がさらに高まった。
 
 


いよいよ中村監督に密着!・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事