ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    ハワイの高級ホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」が2020年にみなとみらいにオープンするそうですが、高級そうで行けるはずないので、代わりにレポートお願いします。

    黒霧島さん

    21日(土)開催される「2017ふじさわ江の島花火大会」って どんな感じなのでしょう?あまり話題になっていないようですし、週末は雨の予想で おまけにこの寒さ。夏だと ブルーシートで場所取りをし、ビール...

    soraさん

    実証実験中の横浜市資源循環局のごみ分別案内「イーオ」が来年度から全面実施になります。自分も分別する時に紛らわしいモノはスマホで参照して活用しているのですが、街中調査ではどの位の方が日常的に活用している...

    よこはまいちばんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
2位
【編集部厳選】家系、二郎、サンマーメンだけじゃない! みんな大好きラーメン特集!
3位
【はまれぽ名作選】横浜にある庶民的なのに本格中華の味が楽しめるお店を教えて!
4位
【イベントれぽ】横浜オクトーバーフェスト2017
5位
【I☆DB】ベイ選手に出会える!? マジっすか! 噂のあの店に突撃!
6位
【はまれぽ名作選】洋食の街、横浜の料理人に密着「横浜コック宝」 福富町「レストラン タマガワ」編
7位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
8位
【はまれぽ名作選】ディープな雰囲気を醸し出す鶴見の「かめちゃん」ってどんな店?
9位
【編集部厳選】秋の夜長に一人立ち飲み酒!
10位
【編集部厳選】オトナの街・本牧の昼の顔!
11位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
12位
【はまれぽ名作選】江戸時代に戸塚の名物だったという「うどん豆腐」って何?
13位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
14位
【ニュース】「横浜オクトーバーフェスト2017」、9月29日から開催! 赤レンガ倉庫に急げ!
15位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
16位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
17位
【フォトれぽ】春開催は3日で約14万人が来場! 「パンのフェス2017秋 in 横浜赤レンガ」をレポート!
18位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.5』~「マルガリータ」とカクテルの雑学~
19位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
20位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
21位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
22位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
23位
横浜市中央卸売市場竹家食堂の2号店「BAM・BAM番長」で高さ18センチの「ねぎとろ番長」と「大漁船盛り唐揚げ」を実食!
24位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
25位
【はまれぽ名作選】中華街の酢豚にパイナップルが入っている割合は!? ライター松宮が突撃調査!
26位
【I☆DB】2位阪神との直接対決! 本拠地ハマスタに訪れたファンの様子は?
27位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
28位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
29位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
30位
【はまれぽ名作選】お高い飲食店ばかり!? みなとみらいエリアで働いている人たちのランチ事情を徹底調査!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

上大岡駅から少し離れた所にある野本養魚場は、噂では大正時代からあるとか。金魚など観賞魚の展示が多く、また店の敷地は近道として人が通り不思議な光景です。昔から変わらないさまがキニナル(MKTさん)

はまれぽ調査結果

野本養魚場は4代続く観賞魚専門店。そこには「不思議な懐かしさ」と「ゆったり流れる時間」があった

ライター:関 和幸 (2017年09月21日)

今回の読者から寄せられたキニナル投稿は、上大岡にある「野本養魚場」というお店のものだった。ネットで調べてみても、お店のホームページのようなものはない。

3年ほど前に某テレビ局の有名な街紹介番組における「上大岡編」で取り上げられたようで、その番組紹介記事によれば4代続く金魚と錦鯉販売の名門らしい。

とにかくお話を伺おうと取材のお願いをしたところ、引き受けていただけた。

そして後日改めてお店に向かった。
 


取材当日。最寄り駅の京急線上大岡駅を降りて、線路下を歩く
 

大型スーパーを抜けると・・・
 

住宅街に挟まれた「野本養魚場」を発見

 
しばらく入口の様子を見ていると多くの人が野本養魚場の看板の下を潜り抜けていき、そのまま奥の公道へと通過していく。

読者からの投稿にもあった通り、野本養魚場の敷地は近隣の住人が普段から使う近道・通路になっているようだ。いかにこの店が地域に溶け込んだ存在であるかが、分かる気がした。
 
 
 
「野本養魚場」、その歴史

さて、当日お話を伺ったのは株式会社野本養魚場の代表取締役で4代目の野本純一(のもと・じゅんいち)さん(47才)と、その父である3代目の野本功一(のもと・こういち)さんの弟である野本寧次郎(のもと・ねいじろう)さん(83才)だ。
 


左が純一さん、右が寧次郎さんである

 
最初に伺ったのが「野本養魚場」という名前の由来だ。

現在の同社は金魚を始めとした観賞魚を地方の生産者から仕入れて小売り販売しているが、もともとは一般向けの小売りはやっておらず、広大な養殖池を使って金魚や錦鯉を育てていた。つまり、魚の養殖をしていたから「養魚場」という名前だったのだ。そして育てた魚を小売店などの専門業者に卸していた。

 

初代・野本辰五郎(前列右から二番目)と東京の金魚業者たち

 
さて、そもそも野本養魚場が始まったのは今からざっと100年以上前、東京は江戸川区のあたりで初代の野本辰五郎(のもと・たつごろう)が始めたという。先ほどの写真は1914(大正3)年に開かれた東京大正博覧会で、天皇陛下に金魚を献上する際の記念撮影のものだそうだ。

その後、1923(大正12)年に関東大震災が発生し、養魚池に壊滅的な被害を受けた辰五郎は知り合いを頼って横浜の地、上大岡に移ってきたという。そして現在の場所に養殖池を新たにつくり、錦鯉や金魚の養殖を再開した。池の数は当時14面、1面あたり約100~150坪くらいなので、およそ2000坪程の規模だった。

 

当時の上大岡の絵図によれば広大な田んぼとため池が広がっていた

 
次に1931(昭和6)年、野本留治(のもと・とめじ)が2代目となる。なお同年に京浜急行の上大岡駅ができるまではリヤカーに金魚を積み、東京まで5~6時間かけて歩いて運んでいたそうである。

それから第二次世界大戦後には宅地開発が進み、エサ代も高騰し始めたこと等から1965(昭和40)年代には養殖池を使った大規模な金魚・錦鯉の育成は困難になった。養殖池やその周辺は大規模スーパーや集合住宅に変わり、金魚やコイは地方の生産地から仕入れるようになったのである。

 

今も店の前に残った小さな池で少数のコイを飼育している。目の前はマンションに

 
寧次郎さんによれば、昭和30年代に上大岡一帯を台風が襲った際は養殖池の水があふれ、近くの大岡川やその支流の小川に金魚が流れ込んでしまったという。これは当時の新聞にも報道され、近隣の住民は喜んで網ですくって持ち帰っていた。これは70代~80代の上大岡の住人に共通する懐かしい思い出だそうだ。
 
 
続いては、戦後のさまざま観賞魚ブームの変遷について≫

 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事