ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    しっちょんさんと同じく、横浜駅北口は鶴屋町へ、やはり有料駐車場に出汁の自販機があります。ペットボトル入りの出汁です。何故、駐車場に出汁の自販機?気になります。

    ナチュラルマンさん

    11/11に妙蓮寺で行われる「寺フェス」が気になります!水行体験もできるとか。ライターの方にぜひチャレンジしていただきたいです!

    miyukidさん

    相鉄バスに「バスナビ」という方法で、コンピュータやスマートホンなどにバスの運行状況を随時案内しています。他のバス会社では、似たような案内を行わないのでしょうか?。神奈川県は観光客も多いと思いますので、...

    狐猫さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「10月21日今日は何の日?」
2位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
3位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
4位
【はまれぽ名作選】プロでも運転が難しい?市営バスの難関路線に迫る!
5位
100年続く古き良き金魚店が横浜に!? 上大岡の「野本養魚場」を訪問!
6位
人口減少に歯止め? 消滅可能性都市・三浦市の新たな試み、空き家バンクとは?
7位
【はまれぽ名作選】本牧にある遮断機が無い踏切って、どんなふうに機関車が通るの?
8位
地下鉄関内駅の工事の内容は? 謎の右側通行の真相も調査!
9位
鉄道6社が乗り入れる横浜駅!最速で乗り換えできるルートは?
10位
【はまれぽ名作選】上永谷駅付近にあるトンネル入り口「日野隧道」、出口はいったいどこ?
11位
横浜中華街のごみ不法投棄問題、現状と今後の対策は?
12位
横浜のクリーニング店で見かける"かわいすぎるクマ"の謎を探れ!
13位
治安の悪さは首都圏イチ!? 川崎競馬場周辺の夜を体験!
14位
久里浜港に新しくオープン! 海鮮料理がうまい温浴施設「海辺の湯」に突撃!
15位
【はまれぽ名作選】34駅、計3449段!ライター井上が地獄の階段レポに挑戦!~市営地下鉄~
16位
鶴見に眠るお宝はおいくら万円? なんでも鑑定するあの番組に潜入!
17位
【はまれぽ名作選】なぜミニストップ1号店の場所に港北区の大倉山が選ばれたの?
18位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
19位
創業80年以上の戸塚区で唯一の銭湯「矢部の湯」が閉店するって本当?
20位
横浜で一番大きな本屋はどこ? 横浜駅西口の意外な場所に発見!
21位
大学の図書館になった旧ドリームランドのホテルの中ってどうなってるの?
22位
献血ルームの中で1番良い記念品がもらえるのはどこ?
23位
市営地下鉄グリーンラインの延伸計画は、その後どうなった?
24位
どうして神奈川には運転免許試験場が二俣川にしかないの?
25位
都筑区にあるコストコのアウトレット品を超激安で売るお店の秘密とは?
26位
10分間隔でくる横浜駅(YCAT)-羽田空港間のリムジンバス。採算は取れているの?
27位
渋滞対策のために整備された「保土ヶ谷バイパス」が日本一交通量の多い一般道って本当!?
28位
肩凝りが治る!?高周波バス停の由来は?
29位
資源回収日に出した古着はどこへ!? 横浜の最新「古布」リサイクル事情を追う!
30位
獲れたての魚が食べられる食堂もある本牧漁港ってどんなところ?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

上大岡駅から少し離れた所にある野本養魚場は、噂では大正時代からあるとか。金魚など観賞魚の展示が多く、また店の敷地は近道として人が通り不思議な光景です。昔から変わらないさまがキニナル(MKTさん)

はまれぽ調査結果

野本養魚場は4代続く観賞魚専門店。そこには「不思議な懐かしさ」と「ゆったり流れる時間」があった

ライター:関 和幸 (2017年09月21日)

今回の読者から寄せられたキニナル投稿は、上大岡にある「野本養魚場」というお店のものだった。ネットで調べてみても、お店のホームページのようなものはない。

3年ほど前に某テレビ局の有名な街紹介番組における「上大岡編」で取り上げられたようで、その番組紹介記事によれば4代続く金魚と錦鯉販売の名門らしい。

とにかくお話を伺おうと取材のお願いをしたところ、引き受けていただけた。

そして後日改めてお店に向かった。
 


取材当日。最寄り駅の京急線上大岡駅を降りて、線路下を歩く
 

大型スーパーを抜けると・・・
 

住宅街に挟まれた「野本養魚場」を発見

 
しばらく入口の様子を見ていると多くの人が野本養魚場の看板の下を潜り抜けていき、そのまま奥の公道へと通過していく。

読者からの投稿にもあった通り、野本養魚場の敷地は近隣の住人が普段から使う近道・通路になっているようだ。いかにこの店が地域に溶け込んだ存在であるかが、分かる気がした。
 
 
 
「野本養魚場」、その歴史

さて、当日お話を伺ったのは株式会社野本養魚場の代表取締役で4代目の野本純一(のもと・じゅんいち)さん(47才)と、その父である3代目の野本功一(のもと・こういち)さんの弟である野本寧次郎(のもと・ねいじろう)さん(83才)だ。
 


左が純一さん、右が寧次郎さんである

 
最初に伺ったのが「野本養魚場」という名前の由来だ。

現在の同社は金魚を始めとした観賞魚を地方の生産者から仕入れて小売り販売しているが、もともとは一般向けの小売りはやっておらず、広大な養殖池を使って金魚や錦鯉を育てていた。つまり、魚の養殖をしていたから「養魚場」という名前だったのだ。そして育てた魚を小売店などの専門業者に卸していた。

 

初代・野本辰五郎(前列右から二番目)と東京の金魚業者たち

 
さて、そもそも野本養魚場が始まったのは今からざっと100年以上前、東京は江戸川区のあたりで初代の野本辰五郎(のもと・たつごろう)が始めたという。先ほどの写真は1914(大正3)年に開かれた東京大正博覧会で、天皇陛下に金魚を献上する際の記念撮影のものだそうだ。

その後、1923(大正12)年に関東大震災が発生し、養魚池に壊滅的な被害を受けた辰五郎は知り合いを頼って横浜の地、上大岡に移ってきたという。そして現在の場所に養殖池を新たにつくり、錦鯉や金魚の養殖を再開した。池の数は当時14面、1面あたり約100~150坪くらいなので、およそ2000坪程の規模だった。

 

当時の上大岡の絵図によれば広大な田んぼとため池が広がっていた

 
次に1931(昭和6)年、野本留治(のもと・とめじ)が2代目となる。なお同年に京浜急行の上大岡駅ができるまではリヤカーに金魚を積み、東京まで5~6時間かけて歩いて運んでいたそうである。

それから第二次世界大戦後には宅地開発が進み、エサ代も高騰し始めたこと等から1965(昭和40)年代には養殖池を使った大規模な金魚・錦鯉の育成は困難になった。養殖池やその周辺は大規模スーパーや集合住宅に変わり、金魚やコイは地方の生産地から仕入れるようになったのである。

 

今も店の前に残った小さな池で少数のコイを飼育している。目の前はマンションに

 
寧次郎さんによれば、昭和30年代に上大岡一帯を台風が襲った際は養殖池の水があふれ、近くの大岡川やその支流の小川に金魚が流れ込んでしまったという。これは当時の新聞にも報道され、近隣の住民は喜んで網ですくって持ち帰っていた。これは70代~80代の上大岡の住人に共通する懐かしい思い出だそうだ。
 
 
続いては、戦後のさまざま観賞魚ブームの変遷について≫

 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事