ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年11月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    今まで野球には全く興味が無かったのですが、子供と初めて横浜スタジアムにDeNAの試合を観て以来すっかり家族でDeNAベイスターズのファンになりました。来シーズンもスタジアムへ行くのが楽しみですが、20...

    micさん

    ushin さん(2017.11.17 PM6:14)貴方が答えて下さっても皆様の知識にはなりませんので「はまれぽさんが記事にする」事を希望しています。そして狐猫のキニナルは「IC改札機がある 無人駅...

    狐猫さん

    狐猫 さん 2017.11.14 AM10:25 建前は「有人改札で乗車駅から現金で支払って、入場記録消去」ICカードの取扱い自体不可能な場合は、その旨の証明を貰えるので、自分の近所の駅で入場記録消去...

    ushinさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたが好きなスポーツチームは?

横浜DeNAベイスターズ
横浜F・マリノス
川崎フロンターレ
横浜FC
湘南ベルマーレ
Y.S.C.C.
SC相模原
横浜ビー・コルセアーズ
川崎ブレイブサンダース

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
2位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
3位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
4位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
5位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
6位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
7位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
8位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
9位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
10位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
11位
昭和初期まで使われていた!? 逗子市池子の石切り場跡に突撃!
12位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
13位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
14位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
15位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
16位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
17位
横浜の小学6年生がカッコイイダンスを踊るイベントは今?
18位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
19位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
20位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
21位
姉妹都市だと横浜に何のメリットがある?
22位
横浜の街中で化石を探せ! “横浜化石クエスト”
23位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
24位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
25位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
26位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
27位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
28位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
29位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
30位
2学期制って良くなかったの?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

日ノ出町駅の裏側、野毛山公園に続く崖の上の住宅地が気になる。普段は立ち寄らない場所ですが、住宅を改装した面白そうな場所がいろいろありそう。最近も急な階段をのぼったところに店ができていた(zempさん)

はまれぽ調査結果

日ノ出町駅裏の崖上の住宅地には、古民家を改装したお店や地域の人などが集まるコミュニティスペースなど、坂好きな人たちが活動する場所があった。

ライター:奥井利幸 (2017年10月18日)

京急線日ノ出町駅といえば、野毛や伊勢佐木町方面へ向かう玄関口。
駅周辺は、ちょっと昭和でレトロ、街並みはゴチャゴチャしていて、少し怪しい、そんなイメージを持つ人が多いかもしれない。そのような雰囲気がむしろ魅力的でもある街だ。 
 


野毛や伊勢佐木町への玄関口。日ノ出町駅前

 
今回のキニナル投稿によると、その日ノ出町駅の裏側は崖の上の住宅街になっており、なにか面白そうな場所があるとのこと。
どういう場所なのだろうか?

まずは、日ノ出町駅に向かった。



日ノ出町駅の裏側で調査を開始

駅を降りたち、いつもの筆者なら野毛の飲み屋さんに向かうのだが、今回は逆方向の山側に向かう。
京急線をまたぐ陸橋が駅の横にあり、そこを渡ると、すぐに長い階段の登り口に着いた。
 


日ノ出町駅横の陸橋からは
京急線のトンネルが見える
 

続けて、気が遠くなりそうな長い急階段があらわれた

 
運動不足の筆者には厳しい階段だ。
やっぱりいつも通り野毛の酒場に向かおうか、と誘惑に負けそうになる。
 


さらに登って振り返ると、崖にへばりつくように階段がある
 

進行方向を見ると、土地の高低差がよく分かる
 

通ってきたルートを俯瞰(ふかん)すると「崖の上の住宅地」であることが分かる(Google Mapより)

 
やっとの思いで階段を登りきると、そこに庭付きの住宅が目についた。
玄関先に下げられた「OPEN」の看板のみが普通の住宅との違いだ。ここが、キニナル投稿にあった店なのだろうか?
 


表から見れば普通の住宅

 


崖っぷちの店を取材

投稿には「急な階段をのぼったところに最近店ができた」とある。この場所のことだろうか。
日ノ出町駅から徒歩5分ほど。付近にはほかに該当するような場所は見当たらない。外見は普通の一軒家だが、まずはお話を伺うことにした。

取材に対応してくれたのは、オーナーの岩間貴寛(いわま・たかひろ)さんと奥様でカフェスタッフの岩間香菜(いわま・かな)さん。
このお店は美容院とカフェが一緒になったWAEN(和縁:わえん)という名のお店だ。
 


貴寛さん(右)と香菜さん

 
貴寛さんにお話を伺うと、貴寛さんは、横浜駅近くで美容師として働いていたが、自分のお店を持ちたいという夢があり、2017(平成29)年6月にこの場所に美容院&カフェのお店をオープンしたとのこと。やはり、こちらが投稿にあったお店のようだ。

人通りの多い駅前などの方が美容院やカフェを経営するのに適しているように思うのだが、なぜこのような崖の上にお店をオープンしたのだろうか?

すると、貴寛さんは「ご縁なんですよ」と答えてくれた。

出店した経緯を詳しく聞くと、貴寛さんが横浜駅近くで働いていたときに、たまたま来店したお客さんが建築家だったそう。髪の毛をカットしながらお店を探していることを相談したところ、その建築家が物件を探して紹介してくれたという。
 


庭を見ながらカットしてもらえる

 
貴寛さんは「庭を見ながらリラックスできる『和』をコンセプトとした美容院」を作りたいと考えていた。ここは駅からそう遠くないのだが、繁華街とは崖で隔離され、落ち着いた雰囲気を感じる場所だったのに加え、広い庭がある趣のある古民家で、イメージしていた「和を感じさせる美容院」にピッタリと一目惚れしたそうだ。

そして、物件を紹介してくれた建築家の方の設計で古民家を改装し、美容院とカフェを併設したお店をオープンしたという。
 


住宅地とは思えないほどの緑豊かな庭が広がる
 

さりげなく活けられた庭の草花

 
崖っぷちの場所に美容院を作った理由は分かった。
では、なぜカフェを併設しているのだろうか?

香菜さんが答えてくれた。「来店いただくお客さんには、外見だけでなく中身も美しくなってほしいと考えています。そのため『美』を追求するためには、健康であることが大事だと思い、カフェを併設することにしました。栄養バランスが整った食事を提供することで、内面からより美しくなっていただけるのではないかと思っています」と美への探求心を語ってくれた。

続けて、貴寛さんは「もう一つ理由があります。お客さんが美容院に来店いただけるのは、だいたい月1回か、2ヶ月に1回程度。もっときめ細かくお客さんの髪型のフォローをしたいと思うので、美容院利用以外にも来店できるよう、カフェを併設しています」と話してくれた。
 


飲み物付きのモーニングサラダセット(700円)

 
食事メニューは、モーニングタイムはサラダセットかフレンチトーストセット、ランチタイムは和風ハンバーグセットか季節毎にその時期の食材を使ったセットの2種類がある。料理の種類はまだ多くはないが、栄養士の資格を持つ香菜さんが、栄養のバランスに気を配り野菜をたっぷり使った料理を提供している。

取材の際に、ちょうど来店して飲み物を飲んでいたお客さんがいたので、話を伺うことにした。
 


庭を見ながらくつろいでいる女性

 
この女性は近所にお住まいの井上貴代美(いのうえ・きよみ)さん。井上さんは「WAENは落ち着ける雰囲気の場所」と感じて、お店によく通っているようだ。

坂が多いこの付近の立地について伺うと、「もともと坂が好きで、この辺りはとても気に入ってます。遠くの景色を見ながら坂を下っていくのが大好きなんです」と話してくれた。それが昂(こう)じて、井上さんもこの付近でカフェ&レストランを始めたそうだ。

駅から崖沿いの長い階段を登ったところにある美容院&カフェのWAEN、まるで隠れ家に来たかのようなワクワク感も感じる場所だった。

続いて、崖の上の住宅地にある面白い場所を探して、近くにあるというWAENを改装設計した建築事務所「トミトアーキテクチャ」を訪問することにした。
 
 
2店舗目に突撃! 崖の上のおもしろ店・・・キニナル続きは>>
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事