検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 奥湯河原で過ごす特別な週末

ココがキニナル!

ふるさと納税の影響で大幅減収!? 横浜市が2017年度から用意した返礼品って?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

2017(平成29)年度の減収は約53億円。市は「返礼品競争」には加わらない考えだが、寄付へのお礼にはレアアイテムも!?

  • LINE
  • はてな

2017年12月23日

ライター:はまれぽ編集部

年の瀬の駆け込み需要もあり、毎年12月になると話題が盛り上がる「ふるさと納税」。自分が選んだ自治体への寄付金額に応じて返礼品を受け取ることができるこの制度、利用してみた人も多いのではないだろうか。
 


総務省のふるさと納税サイト

 
人気の理由は返礼品のお得さ。
高級な和牛や果物から始まり、伝統工芸品やお食事券など、自治体によって返礼品はさまざま。寄付した分は住民税などの控除を受けることができ、自己負担額の2000円で特産品が手に入るのは非常に魅力的だ。
 


一番人気はやっぱり「肉」!?(フリー素材)

 
しかし、横浜市民がほかの自治体に寄付をすれば、その分横浜市の税収(住民税)は減ることになる。特に地方出身者の多い都市部では影響が大きく、問題になっているようだ。

実態はどうなっているのか、横浜市財政局財政部財源課に話を聞いた。
 


ふるさと納税で市がピンチに?

 
「2016年度、横浜市がいただいた寄付は約9170万円。一方、ほかの自治体へのふるさと納税による今年度分の減収は約53億円でした」と担当者の方が説明してくれる。

53億円! なんだかとんでもない数字が飛び出してしまった。そんな額が減収になって、横浜市の財政は大丈夫なのだろうか?

市は「影響は大きい」としているものの、「すぐに住民サービスに影響がでるわけではない」とのこと。というのも、ふるさと納税による減収は「地方交付税」の算出に加えられる。簡単に言えば、減収の一部(75%)は国からの交付金によって補填されるのだ。
横浜市の実質的な減収は約13億円程度になるということ。
 


横浜市は地方交付税を受け取っている「交付団体」だ

 
横浜市の林文子市長はふるさと納税について、「制度の趣旨を考えると、都市部では一定の減収は避けられない」とのスタンスを示している。
だが、本来なら横浜市が使えるはずのお金が「奪われている」というのなら、一安心というわけにもいかない。対策はあるのだろうか?
 
財政課によれば、「市としてはふるさと納税制度の開始当初から、高価なお礼で寄付を募る『返礼品競争』には加わらない方針を保っています。ただ、寄付に対して感謝の気持ちを伝えるため、2017(平成29)年度から一部お礼メニューを用意しました」とのこと。
 


横浜市では寄付先の事業(寄付金の使い道)を選ぶことができる

 
横浜市のふるさと納税は「横浜サポーターズ寄付金」という名称で、19種類の事業から支援したいものを選ぶことができる。子どもの貧困対策や消防力の向上など、メニューはさまざまだ。

どの事業に対する寄付であっても、1万円以上を支援してくれた人は、市営バスや市営地下鉄が1日乗り放題になる「みなとぶらりチケットワイド」が2枚もらえる。そのほか、寄付先の事業によって、横浜みなと博物館招待券や市動物園の年間パスなどが返礼品になっている。

とはいえ、「横浜市の返礼品」として中華街の人気メニューや横浜港のクルージングなどを想像すると、少々地味に感じてしまう。
 


横浜の魅力を押し出さなくていいの?(写真は飛鳥Ⅱ)

 
林市長は、2016年度の市議会でふるさと納税について質問を受けた際に「利用者の増加や返礼品競争の過熱など、自治体間での競争といった意味で注目を集めていると感じています」と見解を示している。その上で、競争に参加したり豪華な品を用意するのではなく、「プロモーションの推進という観点から横浜の魅力や事業の成果を知っていただき、感謝の気持ちをよりお伝えしたい」と話している。

あくまでもお礼の品は市の事業に沿ったものにする、ということだ。
 


豪華なお礼は、あえて用意しない姿勢だ

 
ふるさと納税の本来の趣旨は、寄付金の使い道(寄付先)を選択することで、税の使い道に目を向け、自分のお世話になった自治体や応援したい地域に直接貢献できること。横浜市ではこの本来の意義に沿って、寄付金の使い道を選んでもらい、市の取り組みへの理解を促したい考えなのだという。

市民からは、以前は返礼品の拡充を求める声が強かったものの、最近は競争に加わらず本来の制度の趣旨に沿った対応を求める意見も寄せられているのだとか。
2017年現在、寄付は自分が住む自治体に対しても可能になっている。横浜市では市民・市外の人どちらにも、取り組みへ支援を呼びかけたい方針だ。
 
 

横浜市への寄付は何に使われる?
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

大倉山にある「太尾堤」の交差点はなぜ大倉山駅方面へ進入できない?

糖尿病を始めさまざまな疾病に対して豊富な知識と経験から最適な治療を見出す「陽和クリニック」

  • PR

市バス27系統にはなぜ2つ終点があるの?

「通院」が「お出かけ」に! 「また来たい」と思える、地域のニーズをかなえた歯科医院「オリーブ歯科」

  • PR

上大岡駅近くの歩道橋に佇む謎のお地蔵さん!その存在理由は?

地域密着医療をめざして、ネコがお出迎えしてくれる。横浜市戸塚区「かみくらた動物病院」

  • PR

かつて青葉区に存在したという「餓鬼塚(がきつか)」、ちょっと怖い感じがする名前の由来は?

さまざまな場面で最大限の便宜を図る、港北区日吉の不動産屋さん「エス・ケーホーム株式会社」

  • PR

新着記事

居酒屋のキャッチについて行ったらどうなる?その1

    • 面白かった129
    • 面白くなかった4
    • コメント0
  • 2018年10月18日

台風の塩害で「横浜三溪園」の紅葉がピンチ? 秋まで尾を引く災害の爪痕とは

    • 面白かった119
    • 面白くなかった2
    • コメント4
  • 2018年10月17日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

憧れの湘南ライフの総合プロデューサー 「湘南海辺不動産株式会社」

  • PR

朝市やカルチャースクールに買い物バスなど、コミュニティを影で支える「横浜セレモ株式会社」

  • PR

不動産の「困った 」を総合的に解決。 有効活用への道を開く「日経管財株式会社」

  • PR

万が一「介護」が必要となったときも安心!介護業界で最先端を走る戸塚区「クラシック・コミュニティ横浜」

  • PR

ギター専門の整体師!?音楽の街横浜でギターやベースの修理・メンテナンスを行う、リペアマン常駐の楽器店

  • PR

型破りな教育スタイルで やる気と自信を育む「マツハシゼミナール」

  • PR

職人さん全員集合! 安さと納車速度に絶対の自信を持つ、軽バン中心の中古車ショップ「Cars 4U」

  • PR

目標を持って自ら中学受験へ!オリジナルテキストと徹底した過去問対策で必要な力を効果的に伸ばす

  • PR

アヒージョ専門店が野毛に。味わいとバリエーション豊かなアヒージョとお酒が楽しめる新名店「SPOON」

  • PR

残業後でも間に合う! お手入れしやすいヘアスタイルをトップレベルの技術で実現する「TAKASHI」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • ほっこりします。相鉄バスを通勤で利用していますが、最近になって車内アナウンスの変化がありました。それ...

  • 洪福寺松原商店街に出来たカゥンというミャンマー料理屋さんがキニナリます。 美人で可愛い店長が作ってく...

  • 東急沿線なのに、なぜバスは東急が走っていないの?

あなたはどう思う?

仮装して、どのハロウィンイベントに参加する?

最近のコメント