ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    コンドーム「サガミオリジナル」で有名な相模ゴム工業って厚木にあるんですね。工場の内部とか、あんなところやこんなところに潜入してみてください!

    腰痛おじさんさん

    本牧では,横浜市営バスの路線なのに,富士急行のバスが走っています。なぜでしょうか?キニナル!

    キングカズさん

    横浜各地の積雪状況がキニナル!帰れるか心配です。

    腰痛おじさんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

よく利用するバスはなに?

横浜市営バス
京浜急行バス
神奈川中央交通
江ノ電バス
川崎市営バス
川崎鶴見臨港バス
箱根登山バス
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
【はまれぽ名作選】 金沢区六浦の「ラーメン神豚」! 「631大ラーメン」と大格闘の巻!
2位
【はまれぽ名作選】相鉄ムービルにあるメガ盛りの店「金太郎」の「メガ盛焼スパ」を実食!
3位
【はまれぽ名作選】取材不可!? 横浜橋にある超有名天丼屋「豊野丼」に突撃!
4位
【編集部厳選】散歩ついでに噂のあれを喰らう!
5位
【はまれぽ名作選】陸の孤島の名店? 磯子区岡村で食いだおれ!
6位
【編集部厳選】あんあんあん! やっぱり大好き! 焼き鳥ちゃん!
7位
1ヶ月間しか食べられない!? 上海蟹の美味しさを中華街で検証!
8位
早朝6時から反町に漂うコーヒーの香りの正体は?
9位
【はまれぽ名作選】店名に横浜とつくのに他県の方が店舗が多い?横浜西口五番街のたいやき屋さん「横浜くりこ庵」に突撃!
10位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
11位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.6』~「ウイスキートディ」と常連さん~
12位
【はまれぽ名作選】テレ東の「大食い王決定戦」のニューヒロインVSライター・クドー、3kgの唐揚げを完食できるのか?
13位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
14位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
15位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
16位
超個性派横須賀B級グルメパン「ポテチパン」とは?
17位
【ニュース】崎陽軒が「メガシウマイ弁当」を発売! シウマイの食べ比べができるプレミアム弁当も!
18位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
19位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
20位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
21位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
22位
吉村家から受け継がれた味! 吉村家直系店と最初の独立店が登場! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾四~
23位
横浜駅、行列の立ち食いそば店「きそば鈴一」に突撃!
24位
横浜生まれのバナナってどんな味!?
25位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
26位
【編集部厳選】寒くなってきたんで、とりあえず、おでんでも!
27位
鎌倉・小町通り、盛りがすごいと噂の老舗カレー店「キャラウェイ」に突撃!
28位
【はまれぽ名作選】野毛には、リアルな深夜食堂がある?
29位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
30位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜に芸者さんが復活したそうです。横浜最古の料亭田中家さんが芸者さんを持ちはじめたそうで、とても気になります。昔は横浜も京都みたいな街だったとか!花柳界の歴史も知りたい!(花柳界が好きさん)

はまれぽ調査結果

当初は田中家専属だったが、現在は横浜芸妓組合として3人の芸者さんが活躍。かつて横浜の花街を彩った、横浜ならではの芸者を目指し日々進化!

ライター:関口 美由紀 (2018年01月05日)

神奈川における、かつての花街や花柳界については、「井土ヶ谷の花街」「磯子の花街」「鶴見三業地」「老舗料亭『田中家』」などで、はまれぽでも何度も取り上げているテーマだ。

そして今回、「横浜に芸者が復活した」というキニナル投稿をいただき、さっそく調査を開始した。

インターネットで調べてみると「横浜芸妓組合」なるものがあった。この組合は、横浜の芸者さんが立ち上げたようで、取材を打診したところ、快く引き受けてくださった。



横浜の芸者

昭和30年代。当時はハマの日本橋と呼ばれにぎわっていた南区吉野町界わい。そこは50軒以上の置屋が軒を連ねる、横浜一の花街だった。名だたる要人が東京から通いつめるほど、横浜芸者は美人ぞろいの芸達者で有名だったという。

しかし、高度経済成長期が終わると、オイル・ショックや円高不況などのあおりを受け、多くの料亭が厳しい状況に立たされることとなる。盛り返したかに思われたバブルも崩壊し、昭和から平成に時代を移すと共に、お座敷を持つ料亭は激減。それと共に横浜の花柳界(かりゅうかい)も衰退の一途を辿ることとなった。

 

時代の流れとともに、芸者は減少した(提供:横浜芸妓組合)
 

やがて1997(平成9)年を最後に、横浜固有の芸者は姿を消すことになる。それから20年。2017(平成29)年、横浜芸者が復活。

当初は田中家専属ということでお座敷に出ていたが「せっかく復活した横浜芸者なのだから、座敷に拘らず自由に活躍してほしい」と、いう田中家さんの後押しもあり、現在は横浜を中心に広く活動されているとのこと。

 

横浜市内某所。横浜線の走る町にある「横浜芸妓組合」へ
 

見晴らしのいい高台
 

今回、お話を伺ったのは、横浜で芸者をされている富久丸(ふくまる)さんと、お弟子さんの香太郎(こたろう)さん、横浜芸者のプロデューサーでもある神楽師(かぐらし)の加藤俊彦(かとう・としひこ)さん。

 

(左から)香太郎さん、富久丸さん
 

神楽師としてご活躍の加藤さんは、はまれぽ読者
 

東京で芸者として活躍していた富久丸さん。神奈川出身ということもあり、横浜の花柳界を復活させようと奮起し、2017(平成29)年4月に、老舗料亭の田中家にて芸者の命ともいえる鬘(かずら:髪飾り)と裾引き着物の準備を整え、「横浜の芸者」としてのお披露目会を行った。

当初は田中家専属だったが、田中家さんの助言もあり、同年夏に「横浜芸妓組合」を立ち上げた。そこに、弟子である香太郎さんと、今回は残念ながら出席できなかった富久駒(ふくこま)さんが加わり、現在は3名で活動をしている。

 

「横浜芸妓組合」所属芸者。(左から)香太郎さん、富久駒さん、富久丸さん(提供:横浜芸妓組合)
 

お座敷を笑いで盛り上げる男踊りの名手でもある香太郎さんは、当初、「日本舞踊を通じて何かお手伝いできれば」と軽い気持ちだったというが、富久丸さんや加藤さんの「もう一度、横浜芸者を復活させたい」という熱い心意気に惹かれ、門下になったそう。

 

場を盛り上げるのが大好きな香太郎さん。まさに天職!
 

香太郎さんは「私は横浜の生まれではないのですが、生まれ育った土地は、かつて人がたくさん来てにぎわう町でしたが今は静かな町になりつつある場所なんです。だから、繁栄を復活させたいという気持ちは分かるので、しっかりお手伝いしよう、と思いました」と話してくれた。

 

お座敷だけではなく、ステージでも舞う富久丸さん(提供:横浜芸妓組合)
 



横浜愛がつまった『濱自慢』

横浜芸妓組合のプロデューサーの加藤さんは、生まれ育った地元横浜で神楽師として伝統芸能に触れる中で横浜古来の歌や踊りの文化が薄れていると感じていた。

「東京とは違う、横浜ならではの芸者を、と、考えた時、横浜の民謡や俚謡(りよう:地方で歌われる唄)といったものをどう伝えるかというのがポイントだと思いました。自宅で母が保管してくれていた古い冊子があるのを思い出し、これだ! と思ったんです」と、『マイウェイ No.69』という小冊子を見せてくれた。

横浜港開港150周年の2008(平成20)年に、財団法人はまぎん産業文化振興財団が発行した、少々古い冊子である。

 

財団法人はまぎん産業文化振興財団『マイウェイ No.69』( 監修・文 平野正裕氏)
 

『マイウェイ No.69』には「横浜ふるさと歌物語」と特集が組まれ、明治期に歌われた「波止場船頭歌」や「横浜市歌」をはじめ、さまざまな古い歌が記録されている。

加藤さんは「横浜の人は横浜という地に強い思い入れがありますよね。その象徴となるような歌はないかと探してみたら『浜自慢』という歌がありました。その歌に共感したので、現代に復元しようと思ったんです」と、そのページを開いた。

 

『浜自慢』作詞:原三溪、作曲:吉住 米(『マイウェイ No.69』56Pより)
 

題名の通り、横浜のいいところが全て入っている歌で、作詞は横浜にゆかりの深い原三溪(はら・さんけい)氏である。
1925(大正14)年に作られた『濱自慢』は、1923(大正12)年に起こった関東大震災の復興にかける思いが込められた歌だ。

残念ながら、冊子には五線譜の記載が無く、探してみたが音源も手に入らなかったので諦めかけていたという加藤さん。しかし「三溪園で東日本大震災の後片付けをしていた際、『濱自慢』の音源が奇跡的に見つかった」というニュースを知り、その報道がテレビで流れた際に原曲がかかっていたとのこと。その原曲を富久丸さんが何度も聞いて、三味線で音を取って仕上げたと言う。

 

踊りだけでなく、三味線も弾く富久丸さん
 

『濱自慢』掛け軸(三溪園所蔵 1925〈大正14〉年)
 

「三溪園には『濱自慢』の掛け軸が飾られていて、この歌は横浜への愛がいっぱい詰まっているんです。原三溪さんに『濱自慢』は、横浜芸者が受け継がせていただいてます”とご報告したいですね。いつかあの掛け軸の前で披露できる日が来たらいいなと思います」と富久丸さんがお話をしてくれた。

その『濱自慢』をぜひ聴いてみたいと、富久丸さんにお願いしたところ、ご披露いただけることになった!

 

三味線・富久丸さん、踊り・香太郎さん、太鼓・加藤さんによる『濱自慢』
 

横浜花柳界の全盛期、多くの芸者衆がこの横浜を闊歩していた時代が確かにそこにあった。が、やがて横浜の芸者はひとりもいなくなってしまう・・・。そんな歴史を繰り返さないために、富久丸さんによって復元された『濱自慢』は、横浜芸者の代表曲として今後も歌い継がれるだろう。
 
 
これからの横浜芸者とは!? キニナル続きは次ページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事