検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 神奈川で働く!横浜・横須賀の求人情報 - [はまれぽ.com]イチオシ!求人特集
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • かんたんな質問に答えるだけで、あなたにぴったりなお仕事を診断する「お仕事診断」 適した求職情報もご案内いたします。
  • 横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
横浜赤レンガ倉庫の「ヨコハマストロベリーフェスティバル2018」をレポート!

ココがキニナル!

2018年で6回目を迎える横浜赤レンガ倉庫の「ヨコハマ ストロベリー フェスティバル2018」の様子は?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

イベントは、2018年2月2日~12日まで開催。横浜赤レンガ倉庫限定のイチゴスイーツや、先着でブランドイチゴの無料配布もあり、イチゴ好きにはたまらない空間!

  • LINE
  • はてな

2018年02月03日

ライター:はまれぽ編集部

イチゴ好きの皆様に朗報です。
 


今が旬のイチゴ!!! (フリー画像)

 
開館15(イチゴ)周年を迎えた横浜赤レンガ倉庫にて、2018(平成30)年2月2日~12日までの11日間、「Yokohama Strawberry Festival(ヨコハマ ストロベリー フェスティバル) 2018」が開催されます(入場無料)!
 


入口付近には記念写真スポットがある

 
今年で6回目を迎えるストロベリーフェスティバルは、
イチゴを使ったスイーツやフード、雑貨を取りそろえた"イチゴ尽くし”のイベント。

このイベントでしか食べられない限定スイーツや、日によって異なるブランドいちごの無料配布」、イチゴのアトラクションなど、赤レンガ倉庫が真っ赤に染まる11日間です。
 


5分間遊べる「いちごふわふわ
(500円/税込・以下同)

 
何を隠そう、編集部・ツノオリは大のイチゴ好き。毎年誕生日には、イチゴを4パックほど購入して一人で食べている。ストロベリーフェスティバルなんて、もう名前からして最高だ!

ということで、イベント初日に赤レンガ倉庫へ足を運び、会場の様子を取材してきた。
 
 
 
イチゴの祭典
 
2月2日は前日の夜から雪が降っており、凍えるような寒さだった。
この寒さでは人が集まらないだろう、と思っていたのだが、会場に着いてみると・・・。
 


めっちゃ並んでる!

 
どうやら、1日100名限定の千葉県産「チーバベリ―」の無料配布がお目当てのようだ。
 


2017(平成29)年1月より販売開始された新品種「チーバベリ―」

 
午前11時の開場とともに配布された無料のチーバベリーは、開始2分で配布終了。お客さんが続々とイベント会場のテント内に入場していった。

行列の先頭に並んでいたのは、お子さん2人を連れた西区在住のご家族。昨年もストロベリーフェスティバルに参加したという。
 


イチゴの無料配布をゲットするため、開場1時間前から並んでいたそうだ


足立区からお越しの、みささん(写真左)とももこさん


席について、手にしたばかりのチーバベリ―を食べようとしていたお二人は、横浜ロイヤルパークホテルに宿泊中とのこと。
「宿泊中にイベントの情報を聞き、今日はイチゴを目指してきました!」と笑顔で話してくれた。
 


写真左より、とぽぽんさんといちご♪さん

 
ご近所に住んでいるこちらのお二人も、イベント開始1時間前から並んでいたそうだ。
テーブルにはとても美味しそうなスイーツがあり、「案内を見て、一番美味しそうなものを選びました!」と目を輝かせていた。
 


お二人が食べていた湘南スイーツ「アキズ」の「あまおういちごのプリンアラモード(950円)


テント内入り口付近にあるエリアマップ

 
 
 
イチゴの香りに包まれて
 
開場から10分ほどすると、先ほどまでひんやりとしていた会場内は熱気に包まれていた。
 


会場いっぱいに、
イチゴの香りが漂っている

 
ではここで、イチゴ好きツノオリが心を震わせた“
イチゴ”を4つご紹介する。

まずは、横浜赤レンガ倉庫のイベントでは常連の「パティスリースワロウテイル」より、「ウサいちご(650円)」と「パンいちご(650円)」。
これはもう、見た目でやられた。
 


か、かわいい~! インスタ映え間違いなし!

 
続いて、青葉区と緑区に店舗をもつ「創作菓子アトリ」の「とちおとめのオムレット(500円)」。
横浜のケーキ屋さんが作るオムレットは、1日1000個完売したという人気ぶりで、数量限定スイーツだ。
 


美しく並べられたオムレットは芸術品に近い!

 
そして横浜土産の定番、横濱菓子「ありあけ」の「フレッシュいちごシュー(350円)」。お手頃な価格でイチゴスイーツを食べられるのは嬉しい!
 


「さぁ、食べて!」と言わんばかりのたっぷりクリーム

 
最後に、1915(大正4)年創業の青果仲卸問屋「横浜水信(みずのぶ)」より、いろいろな味のイチゴを楽しみたい方にぴったりの「いちご食べ比べセット(2000円)」。
 


淡雪、さくらもも苺、スカイベリー、桃薫の4種類が2個ずつ入っている

 
ほかにも、ストロベリープリンやあまおうのジュース、いちご大福やイチゴが乗ったピザなど、イチゴを使ったスイーツやフードが盛りだくさん!
今回は、過去最多の20店舗が参加し、赤レンガ倉庫を真っ赤に染め上げていた。
 


開場お隣の2号館には、イチゴグッズも取りそろえてある

 
 
 
試食してみた!
 
それでは、ご褒美のスイーツタイムへ突入しよう。
まずは、無料配布されていた千葉県産の「チーバベリ―」をいただく。
 


大粒で完熟! いただきます!


なにこれ、うっまぁ~!!!


超ジュ~シ~。瑞々しさに驚く

 
無料配布していたッスタッフさんによると、「完熟の状態で食べていただきたいので、チーバベリーはイチゴ狩りや直売でしか販売していないんです」という。なかなかお目にかかれない貴重なイチゴ、一粒で大満足です。

続いて、先ほど紹介した「とちおとめのオムレット」と「フレッシュいちごシュー」を試食する。まずは、「とちおとめのオムレット」から・・・。
 


テーブルカバーもイチゴだよ


大胆にガブリといただきます! え!? なにこれ・・・

 
生クリームが甘すぎず、生地がフワッフワでイチゴがフレッシュ! すごく美味しくて、一瞬でいただいちゃいました。

そして最後に、この子。
 


「一思いにガブリといってくれ!」

 
こちらはクリームがとても甘くてイチゴの酸味が際立っていました。甘い物大好きな人にはおすすめです。
 
 
 
取材を終えて
 
ストロベリーフェスティバルは、すべてのイチゴ好きに優しい空間だ。
男性一人でフラッと入っても、それぞれが目の前のイチゴに夢中になっているから恥ずかしくない。
 


男性ひとりでも大丈夫


「申し遅れました、編集部新人・大宮(おおみや)です」

 
フレッシュなイチゴを満喫したい方は、ぜひ横浜赤レンガ倉庫まで足を運んでみてはいかがだろうか。
 
 
ー終わりー
 
 
横浜赤レンガ倉庫「Yokohama Strawberry Festival 2018」
https://www.yokohama-akarenga.jp/strawberryfes/
※日時ごとに異なるブランドのイチゴをゲットできる「ブランドいちごの無料配布」の情報は公式HPをチェックしてね。

会場/横浜赤レンガ倉庫
住所/横浜市中区新港1-1
期間/2018年2月2日(金)~2月12日(月) ※雨天決行
営業時間/平日11:00~18:00/土日10:30~18:00
入場料/無料 ※飲食代は別途

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする

おすすめ記事

横浜市内でオススメのイチゴ狩りスポットはどこ?

伊豆の海の旨い魚を味わいながら 落ち着いた大人の時間を満喫できる「お魚Diningわんだ」

  • PR

横浜で一番巨大なハンバーガーを食べられるお店はどこ?

牛肉はA5ランクは当たり前、さらに等級にもこだわる至極の味わい。牛鍋・しゃぶしゃぶの「じゃのめや」

  • PR

横浜ソフトクリームぶらり旅、「これは!」というお店を厳選取材

野毛のリトル大分で郷土料理と銘酒を存分に味わう「如水」

  • PR

横浜では絶滅危惧種!? 「たぬきケーキ」を探せ!

裏横浜で絶品イタリアンをリーズナブルに味わえる「da TAKASHIMA(ダ タカシマ)」

  • PR

新着記事

なぜブタさんが?横浜・鴨志田中央のガソリンスタンドの看板ブタ

    • 面白かった117
    • 面白くなかった1
    • コメント0
  • 2019年04月25日

横浜スタジアムの略称は?ハマスタ、横スタ、スタジアムのどれが多い?

    • 面白かった86
    • 面白くなかった4
    • コメント2
  • 2019年04月26日
株式会社安藤建設 施工管理者募集!
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
さくらまつり、ダイナソーパークなど、横浜の春におすすめのイベント満載! はまれぽ4月のイベントカレンダー

はまれぽ編集部のイチオシ

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

決して周囲への配慮を忘れない。常に「顧客」の気持ちに立って工事を続ける「横浜総合建設株式会社」

  • PR

龍馬の妻、おりょうゆかりの老舗料亭! 1863(文久3)年から歴史を重ねる「田中家」

  • PR

40年以上続く経験豊富で頼れる社会保険労務士事務所「社会保険労務士法人 横浜中央コンサルティング」

  • PR

元いじめられっ子の元プロ格闘家による熱血指導! どんな子でも楽しく稽古に通い続けられる空手道場

  • PR

職人の味を気軽に味わう! お祝いにも、いつもよりちょっと特別な時も、みんなで行きたい「松葉寿し」

  • PR

野毛のリトル大分で郷土料理と銘酒を存分に味わう「如水」

  • PR

「自分らしいウエディング」が実現! レンタルドレスサロン「By Magic」で主役もゲストも笑顔に!

  • PR

さまざまな場面で最大限の便宜を図る、港北区日吉の不動産屋さん「エス・ケーホーム株式会社」

  • PR

最先端の機器を使った治療と丁寧な説明。 地域の“目のかかりつけ医”をめざす「戸塚ヒロ眼科」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 川崎駅のヨドバシが入っているルフロンに、水族館ができるそうです。明日のショッピングモールのリニューア...

  • 2014年から毎年9月に実施されている「野毛ジャズde盆踊り」が夜間の騒音苦情に対処すべく今年は見送...

  • 今年の横浜ベイスターズは今永の復活、開幕ダッシュにも成功し今年はいけると期待が高まりました。しかし不...

あなたはどう思う?

10連休のGWはどこで過ごす?

最近のコメント

アクセスランキング