検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • はまれぽ.com無料掲載について
都筑区センター北にオープンした高架下の複合施設とは?

ココがキニナル!

男子プロバスケットボールチーム横浜ビー・コルセアーズのビーコルセンターのオープンはいつですか?(ハマKさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

2018年2月21日にオープンした「ビーコルセンター」。横浜ビー・コルセアーズの新たな活動拠点で、地元の人々とチームの交流の場でもある

  • LINE
  • はてな

2018年03月03日

ライター:はまれぽ編集部

地域密着チームの拠点
 
2018(平成30)年2月21日、都筑区はセンター北駅すぐそば、横浜市営地下鉄の高架下にオープンした複合施設「ビーコルセンター」。

飲食店とレンタルスタジオとスポーツショップが入居する複合施設・・・というとよくある高架下の商業施設のようだが、ここには日本のプロバスケットボールリーグであるB.LEAGUEに籍を置くプロチーム、横浜ビー・コルセアーズの運営事務所も入居している。

 

グリーンライン高架下を活用。左写真中央に見える中庭ではイベント開催も想定
 

バスケと地域開発、いったいどういう関係が? とキニナったはまれぽ編集部。運営企業である株式会社五人侍の皆川幸成(みながわ・ゆきなり)さんにお話を伺った。

「株式会社五人侍」は都筑区の若手起業家が集まってできた企業だ。さまざまな本業を持っている彼らが地域を盛り上げるべく何かを立ち上げようとしていた時、皆川さんがビー・コルセアーズの代表と親しかった縁などもあって、このプロジェクトが始動したという。そして横浜市交通局の高架下開発事業に応募し、この2月に開業に至った。
 


「社名はバスケのチーム人数にちなんで五人侍にしました」と皆川さん

 
横浜ビー・コルセアーズは都筑区北山田の横浜国際プールを本拠地とし、2012~13年シーズンにはBJリーグ(
B.LEAGUEの前身)優勝も果たしているプロバスケットチーム。

2017(平成29)年3月には横浜ビー・コルセアーズ、都筑区、都筑区連合町内会自治会の3者で「ホームタウン活動の協力に関する基本協定書」を締結し、地域密着チームとして地元の厚いバックアップを受けながら観客動員も着実に伸びている。今回オープンしたセンターには運営事務局とオフィシャルグッズショップが入居し、さらなる地元との絆の強化を図る。
 


運営事務局の様子

 

ネットでのグッズ販売は展開していたが、実際にショップを構えるのははじめてとのこと
 

ショップオリジナルのグッズも販売中
 

床は実際に試合で使われたコートを転用したもの

 
一方、これらに加えて、レンタルスタジオとアメリカンスタイルのレストラン「BYRD'S GRILL & BAR(バーズ グリル アンド バー)」という陣容で施設がオープンしたのにもコンセプトがあったと語る皆川さん。

「スタジオを開設したのは、チームのチアリーダーのB-ROSEが活動できる場所をつくりたかったのも理由でした。レストランの方ですが、もともと『BYRD'S』の運営会社は市が尾で『Bubble Over(バブル オーバー)』、たまプラーザで 『TROUBADOUR(トルバドール)』というアメリカンスタイルのダイニングレストランを長年営業していたので、そのノウハウを生かしていただきました」とのこと。

たくさん運動して、たくさん食べて一日を楽しんでもらいたい、という狙いがこめられたビーコル・センター。バスケも元はアメリカのメジャースポーツという相性のよさもあって、アメリカンスタイルのレストランの開業と相成った。
 


贈られたお花からも、地域に支えられ、応援されていることがうかがえる

 
「五人侍の仲間にスタジオ運営の経験者がいたり、建物の建設や設計の際に地元の方に手伝っていただいたりと、いろいろな縁に助けられて無事開業できました」と地域の人たちへの感謝を述べている皆川さん。利益を上げること以上に、地域の人々がこの場を楽しんでもらえることを意識したプロジェクトだ。

ビー・コルセアーズの「コルセア」は海賊という意味。地域のコミュニティとともに航海を続けるチームのフラッグ。いわば応援する人々が集るための旗印・拠点になればとの思いも込めて、船出をしたのがこのビーコルセンターなのだ。

「バスケは試合でも選手とファンの距離がとても近いのも面白さのひとつです。このセンターでもいろいろな活動を通じて、横浜の皆さんにチームを身近に感じて興味を持ってもらえればと思います」と皆川さん。まだスタートしたばかりのビーコルセンターだが、将来はバスケをキーワードにした都筑区の新たなコミュニティ・スペースとなりうるかもしれない。
 
 
スタジオとレストランはどんな感じ?・・・キニナル続きは次のページ≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

開館50周年の横浜文化体育館の歴史を教えて!

雨でも安心の屋内施設。安全に配慮した環境で、思いきり身体と頭を使って、夢中になれる遊びがいっぱい!

  • PR

【まとめ】横浜の名物おじさんを探せ!

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

人気ゆるキャラ「ふなっしー」にそっくりな「はまっしー」って一体何!?

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

横浜オリジナル「045」が目印!港町ならではの横浜帆布鞄ってどんな会社?

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

新着記事

西洋歯科医学発祥の地「横浜」に、歯科医師の復職をサポートする取り組みがあるって本当?

    • PR
  • 2018年12月14日

東横線廃線跡に現れた謎の「R16」!これは一体なに?

    • 面白かった54
    • 面白くなかった7
    • コメント0
  • 2018年12月15日
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

登記、相続、遺言など、人生の節目に直面する法律関連のお悩みなら、「司法書士・行政書士柴崎勝臣事務所」

  • PR

アンティークウォッチの世界、のぞいてみませんか? マニアだけでなく初心者にオススメする、その魅力とは

  • PR

腐りにくいウッドデッキが大人気。快適さは実績と安心が保証。ウッドデッキ専門会社「ウッディ企画」

  • PR

港町・横浜のシンボルで思い出に残る最高のウエディングを!訪れるたびに感動が甦る「横浜マリンタワー」

  • PR

目標を持って自ら中学受験へ!オリジナルテキストと徹底した過去問対策で必要な力を効果的に伸ばす

  • PR

40年以上続く経験豊富で頼れる社会保険労務士事務所「社会保険労務士法人 横浜中央コンサルティング」

  • PR

腰痛で悩んでいる人は必読! 腰の痛みを改善するには生活習慣や体質も変えなきゃいけないって知ってた?

  • PR

EDやAGAのこと、こっそり相談できるスマホ診察にも対応した、国内正規薬のみを取扱うクリニック

  • PR

横須賀の米軍施設を影で支える企業があった!? 日本の安全をメンテナンスする「ニッカイ」

  • PR

横浜を愛し、横浜を作り、横浜を育む、横浜型地域貢献企業認定の建築事務所「有限会社安田建築事務所」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 12月15日の正午頃、上大岡駅前商店街のアーケード中間付近にある飲食店で火事がありました。この火事で...

  • 平成31年3月3日、京急大師線の東門前〜小島新田が地下化されますが、産業道路駅に3番線があった頃、駅...

  • 神奈川東部方面線の正式名が 新横浜駅を境に「東急新横浜線」「相鉄新横浜線」に決定したそうです。短い区...

あなたはどう思う?

年末年始はどこで過ごす?

最近のコメント

アクセスランキング