検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
  • はまれぽ.com無料掲載について
銭湯に歴史あり! 横浜の銭湯をテーマに展覧会とスタンプラリーが開催中

ココがキニナル!

センター北駅近くで、「銭湯と横浜」と題したポスターを発見。その内容は?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

横浜市歴史博物館と横浜開港資料館で、横浜の銭湯を知る企画展を開催。さらに企画展とタイアップした市内の銭湯をめぐるスタンプラリーも

  • LINE
  • はてな

2018年03月04日

ライター:はまれぽ編集部

昭和の銭湯を知る
 
取材を終えて移動中に横浜市営地下鉄センター北駅の近くで、興味深い展覧会のポスターを見つけた。
 


写っている当時の人の笑顔がまぶしい

 
どうやら横浜の銭湯をテーマにした展覧会のようで、昭和のレトロな文化が好きな筆者・オオミヤとしても気になったので、会場の横浜市歴史博物館へ。センター北駅から徒歩5分ほどの距離だ。
 


横浜市歴史博物館へ
 

企画展のテーマは「銭湯と横浜 ちょっと昔のお風呂屋さんへようこそ!」。この企画展は主に昭和の銭湯にスポットをあてつつ、戦後の横浜の銭湯の移り変わりや人々の暮らしを伝えるという内容。

企画展だけの見学なら入場無料で、展示品の撮影も一部を除き自由。昭和の銭湯の様子やそこで暮らしていた人々の姿を、実物や展示写真で知ることができる。
開催は2018年3月21日(水)までと残りわずかなため、興味のある方はお早めに!
 


展示室入口のパネル。ノスタルジー満点
 

銭湯の象徴、黄色いケロリン桶などの道具類

 
展示室には以前、惜しまれながらものれんを下す前の様子を取材した戸塚区の「矢部の湯」から博物館に寄贈された番台や体重計なども。これらも立派な文化財だ。
 


矢部の湯の調度品に再会

 

当時の銭湯の従業員の皆さんや家族の写真。いきいきした様子が伝わる
 


昭和40年代には約350軒もの銭湯があった
 

まだ住宅事情も良くなく、家庭風呂が普及していなかった時代、銭湯は地域のコミュニティとしても機能していた。銭湯が近所付き合いの場だった時代の空気を感じられる。

また本展と連携して、横浜開港資料館では企画展「銭湯と横浜-“ゆ”をめぐる人びと-」を開催中。こちらは時代をさかのぼって開港期から戦前にかけて、横浜という都市の発展に市内の浴場や温泉がどうかかわってきたか、より学術的な資料をもとに伝える展示となっている。会期は2018年4月22日(日)まで。
 
 
 

銭湯を巡るスタンプラリー
 
このふたつの企画展と連動して開催中なのが横浜市浴場協同組合による「横浜湯めぐり手帳」スタンプラリー。横浜市歴史博物館と横浜開港資料館のどちらかの企画展を観て、会場で配布しているシートにある銭湯でスタンプを集めると、個数に応じて景品がもらえる。景品の交換期限は2018年4月22日(日)とのことで、この春に銭湯めぐりを楽しんではいかがだろうか。
 


スタンプシートは折りたたんで冊子状にして持ち歩ける
 


こんな風にスタンプが押されていく
 

はまれぽでも過去に何度も取材してきた銭湯。松美湯や仲乃湯(南区)親松の湯(神奈川区)間門湯(中区)に萬歳湯(西区)いなり湯(中区)などなど、それぞれに歴史と個性を持った銭湯がこのスタンプラリーにも参加している。

企画展とスタンプラリー、ふたつの取り組みを見ていると、昭和ノスタルジーの対象としてだけではない、現代の銭湯の役割も見えてきた。
大規模災害の時には水を貯めておくタンクを消防の水源にしたり、一時的な入浴施設となることも想定されているのだ。地域のどこに銭湯があるか覚えておけば、いざという時に頼れる存在でもある。
 


企画展会場でも配布している、横浜市浴場協同組合による銭湯マップ
 


市内の銭湯と配水池、緊急タンクの場所が示され、災害対策マップにも使える

 
普段は銭湯に縁がない若輩の筆者だが、昔から市井の暮らしにとけこみ、心も身体もあたたまる暮らしを作ってきた銭湯が、今まで以上に身近に感じるようになった。
 
 
―終わり―
 
 
横浜市歴史博物館
住所/横浜市都筑区中川中央1丁目-18-1
電話/045-912-7777
開館時間/9時-17時(常設展チケット販売は16時30分まで)
休館日/月曜日(祝日の場合は翌日)
 
横浜開港資料館
住所/横浜市中区日本大通3丁目
電話/045-201-2100
開館時間/9時-17時(入館は16時30分まで)3月23日(金)は展示室のみ午後7時まで開館(入館は午後6時30分まで)
入館料/大人200円、小中学生100円
団体(20名以上)大人150円、小中学生80円
(毎週土曜日は高校生以下無料)
休館日/月曜日(祝日の場合は翌日)
 

この記事どうだった?

コメントする

おすすめ記事

関係者以外乗降禁止の「海芝浦駅」も潜入! キリンビール&東芝の工場見学とは?

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

根岸にある『馬の博物館』ってどんなところ?

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

南区中里の40年以上続く老舗スポーツクラブ「ビッグエスサンウェイ横浜店」の今は?

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

鶴見区・三ツ池公園の側にある「立派な塔」って一体何?

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

新着記事

横浜の運送会社「大松運輸」って、休みも取りやすく働きやすいホワイト企業って本当?

    • PR
  • 2018年06月18日

【編集部厳選】ロシア大会開幕! サッカーワールドカップのキニナル! 

    • 面白かった3
    • 面白くなかった11
    • コメント0
  • 2018年06月17日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー

はまれぽ編集部のイチオシ

地域と共に発展を目指す! 確かな施工に定評がある「株式会社安藤建設」

  • PR

詰め込むだけでは、ダメ。人の声をよく聴き、自ら考えられる人をつくる。高い合格率を誇る「啓進塾戸塚校」

  • PR

おひとりさま大歓迎!!スタッフの“おもてなし”も自慢の「浪漫亭 東白楽店」

  • PR

ゲーム作りでやりきる力を養う。子ども向けプログラミング教室「Builder Kids Garage」

  • PR

本当のセキュリティとは!? 1級錠施工技師がいる「カギの横浜ロックサービス」

  • PR

腐りにくいウッドデッキが大人気。快適さは実績と安心が保証。ウッドデッキ専門会社「ウッディ企画」

  • PR

秘密はオーナーの程よい“ゆるさ”! 反町にある口コミで大人気の理容室「φ(ファイ)」

  • PR

横浜市内に笑顔増殖中! 陽気な外国人スタッフが家の困りごとを一気に解消「アミーゴ家事サービス」

  • PR

財産を「負の遺産」にしないために! 相続税の相談・対策なら、関内駅徒歩2分の「北川孝税理士事務所」

  • PR

修理実績1万件以上! iPhone修理に絶対の自信を持つ「iPhone修理のQuick横浜本店」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • タクシー車両がセダン型からUDタクシーに置き換えられ始めましたが、先行したのは日産のNV-200タク...

  • 横浜マラソンに参加します。問題が1つあり私はフルマラソンをしたことがありません。横浜市内で練習をした...

  • 昭和のアニメを見ていると野良犬がゴミを漁っているシーンを見かけます。市内に野良犬はいるのか?

あなたはどう思う?

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

最近のコメント