検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。絶賛公開中!
  • 横浜の花見スポット2019 ~シーン別桜の名所20選~
  • 横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
  • はまれぽ.comに、あなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

鴨居のパン屋「小愛夢(チャイム)」のサンドイッチはラベルがすべて手書き。書くのが大変だと思うのですが…キラキラネームみたいな名前もキニナル。(スさん/snowさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

店の名前は家族や友人から案を募集して決定。過去には手書きのラベルを貼って販売していたが、現在は常連さんがラべルを作ってくれている

  • LINE
  • はてな

2018年04月17日

ライター:はまれぽ編集部

「小愛夢」と書いてチャイムと読める人間は、この世に何人いるだろうか。そんなキラキラネームばりの看板を掲げたパン屋が緑区鴨居にあるという。
 


JR横浜線「鴨居駅」南口から徒歩4分(Googlemapより)

 
駅前のにぎわいから少し離れた場所に、チャイムを発見!
 


ご丁寧に読み方も書いてある

 
訪れたのは午後2時ごろ。こじんまりとした店内には、ポツポツと商品が置いてあり、
 


独特の哀愁を漂わせている


そして、ひとつひとつが大きくて安い!

 
ザ・地元のパン屋さんといった感じだ。
この素朴な雰囲気のお店に、どうして「小愛夢」という名前を付けたのか。キニナル!
 


店主の志村さんにお話をうかがった

 
志村さんによると、「家族や友人から案を募集して決めました。1989(平成元)年に南区で開業したのですが、名前だけが最後まで決まらなくてね~。『小愛夢(チャイム)』の意味はね、特別にないよ(笑)」とのこと。

小愛夢は、1993(平成5)年に南区から今の場所へ越してきて、2018(平成30)年で創業30周年を迎えるそうだ。

投稿にあった手書きの商品ラベルについては、「以前は手書きのラベルでサンドイッチを販売していたんだけどね、今は違うんだ」と、ちょっと意味ありげな感じ。
 


写真左が志村さんの手書きラベル(画像提供:スさん)


焼きそばパン(2016年10月撮影)


残念ながら取材日はサンドイッチを製造していなかったが、志村さんから最新情報を入手した。なんと、最近は常連さんがラベルを作って持ってきてくれるのだとか。

「ラベルを作れるマシンみたいなもので、作って持ってきてくれるんだ。ありがたいよね」と、顔をほころばせる。手書きラベルの貼ってあるサンドイッチは、今やレア商品なのだ。
 


地元の方に愛されているお店のようだ

 
そして忘れてはいけないのが、チャイムで提供しているパンの大きさ。
 


約14cmのフランスあんぱん(150円/税込)


使い方によっては小顔効果もある


半分が1つ分の大きさだった

 
小倉つぶあんがたっぷりと入っており、昔ながらの素朴な味わい。これで150円、買う側には嬉しいお値段だ。
志村さんによると開業当時から値上げは行っていないという。

「増税しても値段はそのまま、消費税はもらっていません。最近は、税抜の値段を大きく書いて、その横に小さく税込の値段が書いてある商品ってあるでしょ? そういうのが好きじゃないんです。大変なこともあるけれど、これからも変わらずにやっていきたいと思っているよ」という。
 


レジスターがインク切れだったので手書きのレシートをいただいた

 
手書きのラベルには出会えなかったが、手作りの温もりに触れることができた。ほんの少し滞在しただけだが、「小愛夢」という名前がぴったりなパン屋さんだと思う。
 


小さなお店だが、きっとここには愛と夢がある

 
今度は、サンドイッチを食べてみたい。
 
 
ー終わりー
 
 
小愛夢(チャイム)
住所/横浜市緑区鴨居4丁目11-12
電話/045-931-9711
営業時間/午前10時~午後7時
定休日/日曜日

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • やなせたかしさんの世界を見た気がします。緑区鴨居にあるアンパンマン工房だ!(笑)庶民の味方のパン屋さん。カレーパンマンはいないかしら?(笑)食パンマンはサンドウイッチで大活躍?(笑)○○フランス、リトルなんちゃら、サンジェントルマン?みたいなパン屋もいいけれど、こうした小さなパン工房の方が有り難いです。チャイムさん、近々訪ねます。

おすすめ記事

天王町にある「おもしろ屋」は、おもしろいのか?

ここはローマ下町のトラットリア!? 本格的なローマ料理を気軽に楽しめる「リオス ボングスタイオ」

  • PR

青葉区にあるバス停「大場子の神」の名前の由来は?

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

妙蓮寺にある、変わった名前の美容院「コンニャクヤ」って一体ど

野毛に新たな焼き鳥の名店出現。笑顔の華咲く「華蔵」

  • PR

母乳が泉のように湧き出る!? 瀬谷に伝わる「乳出神伝説」とは

裏横浜で絶品イタリアンをリーズナブルに味わえる「da TAKASHIMA(ダ タカシマ)」

  • PR

新着記事

「統一地方選挙」の前に横浜市の抱える課題を整理しよう【編集部厳選】

    • 面白かった13
    • 面白くなかった8
    • コメント0
  • 2019年03月24日

東京都渋谷区と神奈川の高座渋谷は同じ一族がルーツだったって本当?

    • 面白かった53
    • 面白くなかった5
    • コメント1
  • 2019年03月24日
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。絶賛公開中!
横浜の花見スポット2019 ~シーン別桜の名所20選~
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
はまれぽ.com無料掲載のお知らせ

はまれぽ編集部のイチオシ

車の修理、なんでそんな高いの?「ペイントブル横浜旭」ならディーラーよりも安く早く修理できるって本当?

  • PR

“世界に一着”が3万5000円から! 隠れ家サロン「EVERS SUIT」でオーダースーツデビュー!

  • PR

「なごみ空間 ~ネコもなごむ箱庭~」に、はまれぽが潜入。人に優しく寄り添う“横浜弘明寺の母”がいた!

  • PR

他店で買った商品も修理・リフォームOK!「FLD japan(エフ・エル・ディージャパン)港北店」

  • PR

ここが横浜の新特等席! 絶景レストランで「伝統」と「革新」の日本料理を味わえる「横浜 星のなる木」

  • PR

誰もが必ず経験する相続問題。相談するなら、真摯に依頼者と向き合う「本牧司法書士行政書士事務所」

  • PR

具がおいしいと、粉モンはここまで昇華する。ハマリ度間違いなしの「鉄板 俣野也」

  • PR

秘密はオーナーの程よい“ゆるさ”! 反町にある口コミで大人気の理容室「φ(ファイ)」

  • PR

杉田駅直結! ジム&スタジオで体を動かし、岩盤浴で至福のリラックスタイムを「ロコスポーツ杉田」

  • PR

良い家があるから人は育つ。パナソニック創業者の遺伝子が根付く「ビューノプラザ横浜」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 戸塚区上矢部にあるベイブルーイングさんが気になります。美味しいビールを造って、パブでお客に飲ませるだ...

  • 少し前のことですが、横浜本牧三渓園通りにあった、「みなと寿司」がなくなり、今は韓国料理店になっていま...

  • 神奈中が高速線・空港線・深夜急行線でフリーwi-fiを始めるそうです。しかし、都営バスでは普通の路線...

あなたはどう思う?

「横浜スタジアム」のことをなんて呼びますか?

最近のコメント

アクセスランキング