検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 神奈川県内の観光スポット・横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?
大船フラワーセンターがリニューアルして開園! どう変わった?

ココがキニナル!

「県立フラワーセンター大船植物園」ですがリニューアルされ4月1日オープンするそう。新しくなったところは?入園料は?食べ物&グッズは?旧フラワーセンターの職員は?(soraさん/白髪ハウルさん)

はまれぽ調査結果!

2018年4月から日比谷花壇系グループの運営になり、愛称を「日比谷花壇大船フラワーセンター」に。バリアフリー化や展示エリア整備で魅力度アップへ

  • LINE
  • はてな

2018年04月10日

ライター:大和田 敏子

桜が満開になり、公園や植物園へのお出かけにも気持ちが良い季節になった。

 

例年より早い桜の開花。皆さんはお花見を楽しまれましたか?
 

そうした中、神奈川県立フラワーセンター大船植物園(以下、大船フラワーセンター)が、2018(平成30)年4月1日にリニューアルオープンする。
どのような部分が変わったのだろうか。運営や管理体制は? そして、施設や展示内容などにも変更があるのだろうか?

取材日は3月下旬。もろもろの疑問をかかえ、リニューアルオープン前の大船フラワーセンターへ向かった。



「日比谷花壇大船フラワーセンター」が愛称に

大船フラワーセンターは、大船駅から徒歩15分ほど。現地に到着すると、入口の看板はすでに変わっていた。

 

「日比谷花壇大船フラワーセンター」となっている
 

まずはリニューアル前の担当者となる、県立フラワーセンター大船植物園の広報担当、山本叡美(やまもと・えいみ)さんに話を伺った。

1962(昭和37)年7月に開園した大船フラワーセンターは、2018(平成30)年4月1日から、管理を指定管理者制に移行。指定管理者制とは、公の施設の管理運営を民間事業者も含めた幅広い団体に委ねることで、サービスの向上や経費節減などを目的とするもの。

その指定管理者には、日比谷花壇系で造園などを手掛ける株式会社日比谷アメニスのほか、株式会社日比谷花壇、公益財団法人鎌倉市公園協会、相鉄企業株式会社で構成する共同企業体が選定された。それに伴い、日比谷アメニスとネーミングライツの協定も結ばれ、今後5年間「日比谷花壇大船フラワーセンター」の愛称となる(正式名称は「神奈川県立大船フラワーセンター」)。

「『大船フラワーセンター』という名前で長く皆さんに親しまれてきたので、その部分を残して愛称とする形になりました」と山本さんは話してくれた。

 

ネーミングライツ導入により、この名称に
 

今まで、同センターの運営に関わってきた神奈川県の職員の方々は、4月からは別部署へ異動となる。今後は県と指定管理者が連絡を取り合いながら、運営を進めていくという。

リニューアル後の入園料は、20歳以上を360円から400円に、高校生・65歳以上を100円から150円に値上げする一方で、学生と20歳未満(高校生を除く)は250円から200円に値下げする。
また、新たに年間パスポートの販売を開始。20歳以上は2000円、高校生・65歳以上は1000円で1年間、何度でも入園できるようになる。



バリアフリー化やリフォームによりさらに快適

大船フラワーセンターは2017(平成29)年7月から一時休園していた。はまれぽでは休園前の様子を取材させていただき、休園期間中に予定されている改修や変更点を伺っていた。

さて、園内の様子はどのように変ったのだろうか。
それでは、現在の様子をご紹介!

 

新しい園内マップはこちら
 

まずは、入園口付近から
 

こちらの部分では、バリアフリーに配慮して・・・

 

本館にエレベーターを新設
 

本館前には、広々としたスロープも整備された
 

整備されたことで、車イスやベビーカーの方も、安心して来園できるようになるほか、本館で行われるセミナーや講習会などにも、多くの人が参加しやすくなった。

続いてレストハウス。

 

ウッドデッキを新設し、全体的にリフォームがなされた
 

ちなみに、改修前はこちら
 

新築したわけではないが、かなり明るく開放的な雰囲気に変ったのが分かる。屋内には、以前はなかった空調設備が整えられたので、真夏の暑い時でも、快適に休憩できるスペースになった。

飲食やグッズ販売についても強化していく方向だが、現段階では機材などの準備が整っていないため行っていない。ゴールデンウィーク前後からの提供を予定しているという。
 
 

 

神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

はまれぽ編集部のイチオシ

顧客メリットを優先した安心の価格と高い技術力。板金塗装のスペシャリスト「整興モーターサービス」

  • PR

「つながりからコトが生まれる」がキーワード! 自社事業を地域貢献につなげる「株式会社太陽住建」

  • PR

裏横浜で絶品イタリアンをリーズナブルに味わえる「da TAKASHIMA(ダ タカシマ)」

  • PR

職人さん全員集合! 安さと納車速度に絶対の自信を持つ、軽バン中心の中古車ショップ「Cars 4U」

  • PR

お客様優先主義が魅力。相鉄線沿線の和田町や鶴ヶ峰、横浜国立大学周辺で自分にあった物件探しなら!

  • PR

カラダを思いっきり動かして運動能力向上! 子どもらしく過ごせる「大津スイミングクラブ・スポーツ学童」

  • PR

バイクを知り尽くした研究所? ネットや他店で購入した車両の整備も大歓迎! 「バイクラボラトリー」

  • PR

伊豆の海の旨い魚を味わいながら 落ち着いた大人の時間を満喫できる「お魚Diningわんだ」

  • PR

糖尿病を始めさまざまな疾病に対して豊富な知識と経験から最適な治療を見出す「陽和クリニック」

  • PR

過酷で繊細な作業で産業廃棄物を大幅削減してリサイクル。環境問題の解決へ力を尽くす「ホマレファースト」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 京急で自動音声があるのに、あえて肉声で英語のアナウンスをする車掌さんを発見(発聞?)聞きに乗って下さ...

  • 浜マーケットの小島屋さんが9月28日でクローズしてしまうらしい。。歴史もあるあのお店が無くなってしま...

  • 2016/9/1掲載の三浦虎二郎さん投稿記事京急安針塚を降り、JR横須賀線の田ノ浦踏切の傍らにある「...

最近のコメント

アクセスランキング