検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • 横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
復活が決定した大黒ふ頭の「横浜スカイウォーク」、現在の様子は?

ココがキニナル!

大黒ふ頭への客船寄港増加に対応するため、休止していた「スカイウォーク」を活用する案が。今後の行方やいまの状態がキニナル!(よこはまいちばんさん、ツミさん、トミさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

再活用は横浜市港湾局が主導し、通年営業ではなく客船寄港時のスポット的な開放を検討中。超大型客船の寄港が増える中で、貴重な見学施設になりそう。

  • LINE
  • はてな

2018年04月11日

ライター:はまれぽ編集部

2010(平成22)年に閉鎖された、横浜ベイブリッジ下を通る市道「横浜スカイウォーク」が2019年4月から再開する。横浜市の2018(平成30)年度予算に補修費用として9500万円が計上され、今年度中に補修箇所の調査と工事が行われることになりそうだ。

閉鎖から8年たったスカイウォーク周辺の様子はどのようになっているのか。早速調査に向かった。
 


ベイブリッジに続く首都高湾岸線の下をくぐると・・・
 


右の建物が「スカイウォーク」の入り口であるスカイタワーが現れる

 
スカイウォークはベイブリッジ内部の歩行者用通路で、入り口ビルの「スカイタワー」から通路に渡ることができる。その先にはふ頭岸壁や横浜・みなとみらい方向を見渡せる展望台「スカイラウンジ」などの施設があり、大黒ふ頭に接岸する客船を真上から見下ろしたり、ベイブリッジを通過する船を見学できるダイナミックな視点が魅力だ。
 


中央の円盤が展望施設(過去記事より)

 
オープン当初の1989年(平成元)年度には約79万人が訪れる人気施設だったが、その後は年間4~5万人に落ち込み、年間約1億円の維持費とのバランスが取れなくなったことなどから、2010年に閉鎖。その後は再開のめどが立っていない状況だった。
 


現在のスカイウォークの状況は・・・

 
施設そのものは現在も横浜市道路局の管轄で維持管理されているが、スカイタワーの周辺には心無い落書きも目立つなど、閑散とした様子。
 


スカイタワーは立ち入り禁止になって久しい
 


周辺には数匹のネコが住み着いているようだ
 

道路からは内部の様子はうかがい知ることができないが、海沿いであるために錆が目立つ部分なども見られ、「そのまま再開」とはいかなさそう。
 


案内図が見えない
 

一方で、スカイタワーに隣接する形で大きな駐車場の整備が進んでいるなど、周辺の状況にも変化が見られる。
 


東側に駐車場。まだ立ち入ることはできないよう

 
これまで再開の気配を見せてこなかったスカイウォークはどのように復活することになるのか。管轄の道路局に問い合わせると、意外な答えが。

担当者によれば「確かに建物の管轄は道路局なのですが、今回の再開に関わる経費は港湾局が計上しています。今後の扱いは未定ですが、両局で協力して進めていくことになります」とのこと。スカイウォークはもともと「市道」の扱いで道路局が管理を行ってきたが、再開に当たっては港湾局が中心になって整備を進めることになるようなのだ。

改めて、港湾局にお話をうかがうことにした。
 
 
スカイウォーク復活の理由とは?・・・キニナル続きは次のページ≫

 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

鎌倉市食べ歩き自粛条例施行後の小町通り・客観的レポート

“世界に一着”が3万5000円から! 隠れ家サロン「EVERS SUIT」でオーダースーツデビュー!

  • PR

横浜市が提案する特別自治市とは?

特典あり

地域の人、飲食店を営む人たちに愛される老舗酒店。全国の蔵元に直接足を運び実現した豊富なラインアップ!

  • PR

横浜にあるもう一つの「サグラダ・ファミリア」!? 上大岡の再開発はいつ終わるの?

アンティークウォッチの世界、のぞいてみませんか? マニアだけでなく初心者にオススメする、その魅力とは

  • PR

「今」を支え「将来」を発展させる、横浜の2017年度当初予算案の概要は?

フリーな独立系だからこそできることがある。正しい情報発信に取り組むカーディーラー「株式会社エイト」

  • PR

新着記事

相模原の相模川沿いに点在する「ヤツボ」という水場の正体とは?

    • 面白かった94
    • 面白くなかった2
    • コメント1
  • 2019年05月24日

神奈川区神大寺にある「稲見鉄道模型製作所」ってどんな場所?

    • 面白かった91
    • 面白くなかった0
    • コメント1
  • 2019年05月25日
【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

はまれぽ編集部のイチオシ

エアコンによる悩みを解消、一度使ったら必ず欲しくなる世界初・横浜発「ハイブリッドファン」を生んだ企業

  • PR

気功で痛みを和らげる!? 「横浜元気整体院」のイタキモチイイ悶絶級の施術を徹底レポート!

  • PR

伊豆の海の旨い魚を味わいながら 落ち着いた大人の時間を満喫できる「お魚Diningわんだ」

  • PR

法律のプロ(将棋も?)三浦修弁護士に、知っておくと便利な法律を教えてもらった

  • PR

価格、ボリューム、格式ばらない雰囲気・・・ 日本料理の“常識”を覆す名店「別亭空海」

  • PR

ここが横浜の新特等席! 絶景レストランで「伝統」と「革新」の日本料理を味わえる「横浜 星のなる木」

  • PR

老舗不動産店ならではの実績と信頼。相続した物件、管理に迷ったら、ぜひ相談したい「クローバーライフ」

  • PR

横浜を愛し、横浜を作り、横浜を育む、横浜型地域貢献企業認定の建築事務所「有限会社安田建築事務所」

  • PR

上大岡駅前で“気軽な贅沢”。日本庭園と癒しの空間が自慢の「懐石 花里」はさまざまなシーンで利用できる

  • PR

元いじめられっ子の元プロ格闘家による熱血指導! どんな子でも楽しく稽古に通い続けられる空手道場

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • かつて浦島小学校に山下清画伯が訪れたことがあったそうです。その時に油性ペンで描いたスケッチ画三点が校...

  • 昔、江ノ島の参道のお店に飾られていた「頭蓋骨に蛇が絡んだ置物」はなんだったのでしょうか?覚えている人...

  • 昔、江ノ島の参道のお店に飾られていた「頭蓋骨に蛇が絡んだ置物」はなんだったのでしょうか?覚えている人...

あなたはどう思う?

リニューアルしたトップページの感想は?

最近のコメント

アクセスランキング