ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

YOKOHAMA FREEWAY 428 ルミネ横浜店B1正面入り口に4/20〜5/6期間限定オープン!
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年4月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    今では外資や新規進出の方が目立つ横浜市内ホテル事情ですが、横浜で一番有名な地元老舗ホテルである「ホテルニューグランド」が19年4月から隣接複合ビルでパンの自社製造を始めると。確かに多くのホテルがホテル...

    よこはまいちばんさん

    実質は活動の中心が東京となっている地元横浜/神奈川の放送局「アール・エフ・ラジオ日本」。既に多くのAM放送局が導入しているFM補完放送(ワイドFM)は周波数割り当てされているにもかかわらず未だに開始さ...

    よこはまいちばんさん

    大黒ふ頭の路上にナンバーのハズされた車が多数駐車しているのですが、あれはどんな事情なんでしょうか?意外とキレイな車が多いです。一度調査してみて下さい。

    もんがさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

2018年の横浜DeNAベイスターズの予想順位は?

今年は優勝でしょ!
昨シーズンより順位アップの2位!
今年も3位かな~
もしかしたら・・・4位
ま、まさかの5位・・・
そんなはずはないと思うけど。・・・6位
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

緑区の中山駅南口再開発計画が固まったとのこと。再開発の必要性や、地元の意見を調査してもらえませんか?(ポスポスさん、nkym4230-hamaさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

駅前広場の整備や29階建ての住宅などが行われる再開発計画は、2021年着工予定。これから地域への説明会などが順次開催される

ライター:はまれぽ編集部 (2018年04月17日)

動き始めた緑区「中山駅南口」の再開発計画。計画着工は2021年で、完成・供用開始は2024年を予定している。まだ先の話だが、遠い未来ではない。

JR横浜線と市営地下鉄グリーンラインが交差する乗換駅でもある中山駅は、緑区役所や警察署などの行政機関や商店街、住宅地があるなど、地域の人々の生活の場として多くの機能を持っている。

横浜市の都市計画では「駅勢圏が大きい郊外部の生活拠点」に位置付けられている一方、現在の駅南口周辺には、交通面や老朽化の面で課題も多いようだ。現地の様子を確認することにした。
 


再開発事業計画では、こんな建物が建つ予定。高さは屋上設備などを含む(Googlemapより)
 

再開発による大きな変化は、新しい建物が建つことに加え、ロータリーの位置変更だ。現在の駅前ロータリーが「歩行者広場」となって、南口西側に新しい「駅前広場」ができる。その更に西側には商業施設に加えて、地上108メートル・29階建ての高層ビルが建つことも注目を集めている(上記地図赤枠の部分)。
 


現在の中山駅南口。ここは「歩行者広場」となる
 

駅の南側に出ると、すぐにバス乗り場とタクシー乗り場のあるロータリーがある。交通結節点らしく、バス乗り場に多くの人が行列を作っていた。
 


バスを誘導する係員が常駐

 
一方で、ロータリーの構造上、バスはバックで切り返さなければ乗り場につけることができない。歩行者の導線とバス・タクシーなどの導線が交わるなど、改善の余地があるようだ。横浜市では、周辺の道路が狭く機能が脆弱であることなども課題と考えているそうだ。
 


バスやタクシーの前を横切る歩行者。右の建物の辺りが商業施設(地図A-1区画)になる
 

このロータリーにできる「歩行者広場」では、地域の交流や憩いの場などの機能を果たすほか、駅南の東西に伸びる既存の商店街と、新たな商業施設をつなげる役割もある。

さらに、開発予定地を中心に駅前を歩いてみる。
現在のロータリー前からちょうど道路を挟んだ側にあるのが、地図上で「A-2」と呼ばれる再開発予定地。この一角には高さ3階、地上20メートルの商業施設ができる。
 


こちらが「A-2」区画。道路拡幅のために後退しつつ、3階建ての商業施設になる予定
 

この予定地から西へ向かう駅前道路は商店街になっている。新たな商業施設やロータリーの整備と同時に、敷地を後退して道路拡幅が行われる予定だ。歩道が整備されるなど、今よりも歩きやすく回遊性のある商店街を目指すようだ。
 


現在の駅前道路。幅は狭いが、人通りや車の通りは多い
 

通り沿いに西へ歩いていくと、すぐ右手に大きな駐車場を備えたパチンコ店が見えてくる。この辺りがロータリーやバス・タクシー乗り場を備えた新たな「駅前広場」となる(地図上の緑の円)。
 


道幅が広がるので、今よりも駅寄り(北側)の位置になる
 

高い建物が少ないので、現在のパチンコ店の存在感は大きい
 

パチンコ店の西側には広い駐車場が隣接している。この場所には4階建ての商業施設建つことになるようだ。
 


隣接する商業施設(地図上B)の予定地は、現在駐車場

 
もう一つの商業施設ができる「B」の場所がこの駐車場と、隣接している建物「丸大スクエア」の周辺。服飾店や飲食施設が入居しているマルダイスクエアのある場所は、今回の再開発で最も高層の29階建て住宅施設(低層部は子育て支援施設と商業施設)になる予定地だ。
 


今回の開発計画では一番西側(赤枠)
 

現在の駅出入口からはもっとも離れている
 

西側から眺めた様子。空は広いが、これから高層ビルが建つ
 

再開発計画による高度化で、このビルには約420戸の住戸が計画されている。その一部には、現在の計画エリアに住む人などが入居することになりそうだ。

ここまでは南口のメインストリートとなる道を歩いてきたが、線路沿いには裏通りともいえるエリアが広がっている。そちらの様子はどうなっているだろう。
 
 
再開発計画地区の様子は?
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事