ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

中華街の路地裏グルメ
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜市の人口は370万人。その中には、生粋のハマっコもいれば、全国から転勤などで引っ越して来た人も沢山います。全国様様なところから来た人達が、故郷の味が恋しくなった時に行けるような店がどれくらいあるの...

    たかし君さん

    鶴見区矢向の国道1号線沿い、新鶴見橋の東京側にある東洋製罐の横浜工場が解体中です。かなり広い敷地なのですが、跡地が何になるか気になります!調査して下さい!

    くぼたぬさん

    毎日横浜公園でおもちゃを用意してくれたり、子供と遊んでくれるおじさんがいるのですが、キニナリます。子供に危害が加える人ではないですし、非常に助かっているので感謝していますが、素性を知りたいです。

    中居屋さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

全試合見る!
日本戦のみ見る!
テレビでやっていれば見る程度
パブリックビューイングで飲みながら観戦する!
現地で観戦します!
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

茅ヶ崎駅前の「大龍」はラーメンが300円と激安!名物の大龍やきそばも500円!金沢文庫にもサッポロラーメン大龍チェーンがあるが、茅ヶ崎店だけ安い理由は?(スさん/さいぞうさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

茅ヶ崎の大龍はサッポロラーメン大龍で働いていた元社員のフランチャイズ店。その店を現オーナーの父が38年前に中華屋さんとして居抜き出店した

ライター:はまれぽ編集部 (2018年04月20日)

JR「茅ヶ崎駅」前に、300円でラーメンを食べられる店があるという。投稿によると、どうやらサッポロラーメン「大龍」というお店のチェーン店らしい。
 


サッポロラーメン大龍は京急「金沢文庫駅」にもある

 


金沢文庫「大龍」のメニュー
 

投稿によると、茅ヶ崎にある大龍は金沢文庫の大龍よりも値段が安いのだとか。実際に確認してみよう。
 


300円でラーメンを食べられるなんて本当かな・・・
 


茅ヶ崎駅南口から徒歩1分の好立地(Googlemapより)

 
駅を背に左側の階段を降りて、そのまま真っ直ぐ行くと大龍はある。
 


方向音痴でもすぐに分かる場所だ

 
外に掲げられているメニューを見てみると、確かに「ラーメン 300円」と記載されている。
 


年季を感じるメニュー表

 
お店のドアは開けっ放しになっており、安価な値段もあいまって引き寄せられるように店内へ。
 


それでは300円ラーメンの実態を調査して参ります!

 


300円ラーメンと大龍やきそば

店内へ一歩足を踏み入れると、そこはタイムスリップしたかのような空間だった。
 


カウンター中心の店内はお客さんとの距離が近く
 

店前のメニュー表と同様に年季の入ったメニュー表がずらり

 
お昼時に訪れたが、常連さんらしきご夫婦や男性おひとりの先客が、厨房の方と談笑しながら食事を楽しんでいた。

テーブル上のメニューを確認すると、やはりラーメンは300円。全体的にお手軽な値段だが、ほかのお客さんのテーブルを見るとサイズが小さいわけでもなさそう。

 

しかも税込みだ

 
投稿に寄せられた「普通ラーメン(300円/税込み・以下同)」と、名物の「大龍やきそば(500円)」を注文。すると、店主さんから、「大龍やきそばのソース、ちょっと辛いけど大丈夫?」と声がかかる。
いったいどんな料理がやってくるのだろうか。
 


麺が登場
 

並行して調理している

 
自分の食べる料理がどんな風に出来上がっていくのか、余すとこなく見学できるので待っている間も楽しい。待つこと数分、大龍やきそばが完成間近の模様。
 


中華鍋で炒めた麺にドロっとしたソースがかけられる
 

大龍やきそばが到着!
 

「ソースは味が濃いから、しっかり混ぜて食べてね。足りなかったら足すからね~」と店主さん。ソースだけ舐めてみると、確かに味が濃くてピリ辛。
 


ソースっていうより味噌ダレ?
 

魚介っぽさというか、オイスターソースのような風味もあって少量でも結構しょっぱい。また麺自体にも塩味がついているので、2つの味を楽しめる。
中華鍋で炒めていたときにスープも入れていたので麺は柔らかめ、しかも量が多い。500円とは思えないし、これはクセになる味だ~!

ピリ辛のソースにうっすらと汗をかきながら大龍やきそばに夢中になっていると、
 


ラーメンがやってくる気配・・・
 

急いで大龍やきそばをかきこみ、水を飲み干す。ラーメンを迎え入れる準備はOKだ。
 


300円のラーメンが到着!
 

シンプルな醤油スープに細麺よりも少し太めの麺
 

ナルトとチャーシュー、ワカメとメンマがトッピングされた、見た目は普通のラーメン。味は昔ながらの醤油ラーメンという感じで、麺がツルッとしてとても食べやすく、スープの塩加減もちょうど良い。300円とは思えないグレードだ。

ラーメンもやきそばもどちらも美味しかった。量も少ないわけではなく、むしろ大龍やきそばなんて山盛りだ。どうしてこんなにお安いのだろうか? その秘密を店主さんに聞いてみた。


店主さん「消費税が10%になっても300円で頑張りたい!」

 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事