ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

中華街の路地裏グルメ
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    先日、桜木町から新港地区へのロープウェイが計画されているという報道が出ましたね。その報道の中で、以前に報じられた横浜駅東口から山下公園へのロープウェイも協議中であるとの話がありましたが、こちらの進捗状...

    ねこまんさん

    はま弁必要ですか?家庭弁当が基本、家庭弁当は親子の絆を深めるなどと苦しい言い訳から今度ははま弁導入したからもっと利用して欲しい利用者を増やしたいって言ってる事がめちゃくちゃな気がするんですが。当日注文...

    ちゃたろうさん

    川崎区の神奈川県議会議員が高校生をひき逃げしたというショッキングなニュースがありました。立ち去る際に1万円を渡していたという続報や、警察に連絡しなければならない義務を「知らなかった」としているのにもビ...

    mimiaさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

全試合見る!
日本戦のみ見る!
テレビでやっていれば見る程度
パブリックビューイングで飲みながら観戦する!
現地で観戦します!
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

オラが町上大岡にビール工場が出来るとの事。店舗を見るとRoto、ツイッターでも上大岡がドラクエ化ってありました。これもその流れなのでしょうか? 調べて下さい(しゃけおさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

港南区初のマイクロブルワリーが上大岡に設立。上大岡ビールの醸造を開始し、2018年5月12日にお披露目する予定。ラーメンとうどんも楽しめる

ライター:はまれぽ編集部 (2018年04月23日)

港南区上大岡にビール工場ができるという投稿が寄せられた。それってつまり、上大岡の地ビールができるってこと!? 本当なら、激熱な話題だ。いったいどんな工場なのか、早速リサーチを開始。

調べてみると、2018(平成30)年3月30日に港南区初のクラフト醸造所「Roto Brewery(ロトブルワリー)」がオープンしたという情報が。しかも、同じ建物内でラーメンとうどんも提供しているのだとか。

百聞は一見に如かず、ということで、噂の醸造所へ行ってみることに。
 


今だけ限定リラックマ仕様。かわいい~


京急線「上大岡駅」東口を出て、線路沿いを10分ほど歩く


住宅街の一角にロトブルワリーを発見! 真っ赤な扉が目印

 
ガラス越しに何か見える。これがビール醸造所か?
 


看板には、鶏白湯ラーメン、とり天うどんと書いてある

 
ビールと麺、どちらも好きな筆者にはたまらん組み合わせ。それでは、噂の真相を調査開始!



ロトブルワリー・麺や天空

扉を開くと、そこは知る人ぞ知る隠れ家っぽい空間。
 


落ち着いた大人の雰囲気

 
そして入り口の左手側には・・・
 


ビールを醸造する設備!

 
上大岡にビール醸造所ができたというのは本当だった。なぜ上大岡にビール醸造所を作ったのだろうか。ロトブルワリーのオーナー、麻生達也(あそう・たつや)さんにお話をうかがった。
 


麻生さん「はまれぽさん、3度目ですね!」

 
そう、麻生さんは過去に家系ラーメンのぱるぷん亭と関内の丸十酒屋の取材に協力してくれた方。

そこでようやく変わった店名の謎が解けた。「はい、国民的RPGドラ●エの勇者『ロト』から店名を頂戴しました(笑)」と麻生さん。
麻生さんはロトブルワリーを含めて6店舗の飲食店を経営しており、「Bar Luida(バー ルイーダ」「まほとら」「Moshas(モシャス)」など、それぞれの店名がすべてドラ●エに関係するものなのだ。
 


上大岡駅から徒歩3分ほどの場所にある

 
人生の90%を上大岡で過ごしたという麻生さん。新しいことに挑戦するのが好きで、“上大岡初”のお店を作ることをポリシーに、これまでに何店舗も経営している。

そんな麻生さんが今回挑戦したのが、港南区初のビール醸造所だ。小さな規模でビールを生産するマイクロブルワリーで、2018(平成30)年4月13日よりビールの醸造を開始したという。

麻生さんがクラフトビールに目覚めたのは、6年ほど前。スコットランドのブリュードッグブルワリーの「パンクIPA」というクラフトビールを飲んで、その味に衝撃を受けたそうだ。

それを機に、麻生さんはビール作りを学ぶため、2013(平成25)年、東京農業大学の短期大学部醸造学科に入学。醸造技術の基礎を学び、2018(平成30)年3月に酒造免許を取得した。
 


「上大岡ビールを作る」と一心に学んだ(画像提供:麻生さん)

 
そして2018年3月30日、「ロトブルワリー」は満を持して開業。2018年5月12日の上大岡ビール初解禁に向けて絶賛製造中だ。
 


写真左から、清藤(せいどう)さんとデヤンさん

 
清藤さんはもともと埼玉のクラフトビール会社でビール作りに携わっており、デヤンさんは醸造に使用しているスロベニア製タンク「Brewiks」の親族とのこと。
 


取材日に行っていたのは、麦芽から麦汁を作る仕込みの工程

 
この工程では、細かく砕いた麦芽を50度前後のお湯に浸し、でんぷん質を麦芽糖に変えるという。
 


ここでできた糖化液をろ過したものが一番搾りだ


一番搾りの麦汁いただきます!

 
麦の風味と甘みが強く、甘酒のような感じで美味しい。身体に良さそうな味がする。麻生さんは、「いずれは、お客さんにも麦汁を飲んでもらえる機会があると思います。麦芽カスを使ったパンとかも作ってみたい」と話す。

また戸塚区舞岡のレンタル農園で、自家製ホップの栽培を行う予定なのだとか。
 


10年近く続けている麻生農園。写真は麻生さんの父(画像提供:麻生さん)


日本の気候に適している信州早生(わせ)産とほか4種類のホップを栽培予定

 
現在醸造しているエールタイプのクラフトビールは、約3週間で完成するとのこと。完成が楽しみでならない。

ここでキニナルのは、ビール醸造所と併設している「麺や天空」について。なぜラーメンとうどんを一緒に提供することになったのだろうか。
 
 
愛すべきミッケラーのため≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事