ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

中華街の路地裏グルメ
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    先日、桜木町から新港地区へのロープウェイが計画されているという報道が出ましたね。その報道の中で、以前に報じられた横浜駅東口から山下公園へのロープウェイも協議中であるとの話がありましたが、こちらの進捗状...

    ねこまんさん

    はま弁必要ですか?家庭弁当が基本、家庭弁当は親子の絆を深めるなどと苦しい言い訳から今度ははま弁導入したからもっと利用して欲しい利用者を増やしたいって言ってる事がめちゃくちゃな気がするんですが。当日注文...

    ちゃたろうさん

    川崎区の神奈川県議会議員が高校生をひき逃げしたというショッキングなニュースがありました。立ち去る際に1万円を渡していたという続報や、警察に連絡しなければならない義務を「知らなかった」としているのにもビ...

    mimiaさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

全試合見る!
日本戦のみ見る!
テレビでやっていれば見る程度
パブリックビューイングで飲みながら観戦する!
現地で観戦します!
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

みなとみらいの耐震バースで公開訓練を行った「ドラゴンハイパー・コマンドユニット」っていったい何?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果

東日本大震災を契機に緊急消防援助隊に新設された部隊が、横浜にも配備。横浜市内の木造家屋密集地での火災に有効活用される

ライター:はまれぽ編集部 (2018年04月23日)

「ドラゴンの水しぶき」に覆われるみなとみらい

2018(平成30)年4月23日、みなとみらいでお目見えするという、「ドラゴン」で「ハイパー」な「コマンドユニット」。いったいのなんのことだかさっぱり分からない・・・。

けれど、名前を聞いただけでワクワクしてくるのは間違いない!
かっこいいドラゴンが見たい一心で、はまれぽ編集部は公開訓練が行われるみなとみらいの耐震バースに向かった。
 


耐震バースに出現したのは・・・
 

まぎれもなくドラゴン!

 
公開訓練の会場には、ドラゴンハイパー・コマンドユニットを一目見ようとカメラを手にしたファンが集まっていた。
そしていよいよお目見えの時・・・!
 


登場したのは「大型放水砲搭載ホース延長車」!

 
そう、「ドラゴンハイパー・コマンドユニット」は、最新鋭の高性能消防車の愛称。東日本大震災を契機に創設された、エネルギーや産業基盤に関わる災害に即応する新設部隊だ。

2018年4月23日から、横浜市の中消防署本牧和田消防出張所で運用を開始し、公開訓練が行われたのだ。
 


こちらは2頭目のドラゴン「大容量送水ポンプ車」

 
「ドラゴンハイパー・コマンドユニット」と呼ばれるのは、「大型放水砲搭載ホース延長車」と「大容量送水ポンプ車」の2台。いずれも国から無償貸与されている。
大規模災害による被害を最小限に抑えるため、消防庁は2018(平成30)年度末までに、全国12地域で編成することを目指している。横浜への配備もその一環だという。

その実力は、その放水を見たほうが早いだろう。
 


水圧音が鳴り響き、うなりをあげる放水砲

 


同部隊の新型「大型化学高所放水車」(左)と一緒に・・・
 


毎分8000リットルを放水!

 
水しぶきで前が見えない。なんだか大変なことになってしまった。

通常の消防車が放水できる量は1分間に3000リットル程度。ドラゴンハイパー・コマンドユニットは、その倍以上の放水能力を有している。

また、放水可能距離も100メートルあるため、人が近づくことができない化学工場や石油コンビナートの火災にも対応が可能なのだ。
 


大容量ホースの延長は1km。自走しながら伸ばすことができる

 
この放水量を支えるのが、ドラゴンハイパー・コマンドユニットのもう一台、「大容量送水ポンプ車」だ。こちらは自前のクレーンで油圧式のポンプを水中に投下し、毎分5000リットルの水をくみ上げることが可能。

 


油圧式ポンプは2基装備
 


クレーンで海中に投入
 

これにより、大型放水砲の活躍を支えることができるのだ。

横浜市では、ドラゴンハイパー・コマンドユニットを石油コンビナート火災などのほかにも、市内で起きた大規模火災などに活用することを想定。木造家屋が密集する地域での火災や、近くに利用できる水利がない場合などに、長距離に大量の水を放水できるこの車両が役立つという。
 


凛々しいドラゴンハイパー・コマンドユニット部隊

 
「ドラゴンハイパー・コマンドユニット」は、江戸時代に使われた消火道具「竜吐水(りゅうどすい)」にちなんで名付けられたという。そう、日本の竜は「水属性」なのだ。

いつなんどき襲い掛かってくるか分からない災害。だからこそ、備えは万全にしなければならない。
雄々しいドラゴンの名前を冠する新部隊が横浜の街を守っていくことに期待したい。


ー終わりー
 
 

最初へ

前へ

1

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

この記事どうだった?

面白かった 200 面白くなかった 2

おすすめ記事


ポートサイド公園は素敵さん2018年04月26日 11時11分
この日偶然にもシーバスに乗ったところ耐震バースで見かけました。天気がいまいちな平日昼でしたし、知っている人はあまり居なかったと思われ、人の姿はまばらでした。ドラゴンのマークはとても斬新ですね。
そう思う 7 そう思わなかった 1
たけむらさん2018年04月25日 21時56分
あれだけのホースをたたむの、大変そう
そう思う 7 そう思わなかった 1
ホトリコさん2018年04月25日 12時35分
消防と自衛隊は出動しない方が望ましいのかもしれないが、それでもカッコいいですよね。
そう思う 15 そう思わなかった 1