検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • お年玉キャンペーン 投票ページ
  • はまれぽイチオシで新年「学びはじめ」
  • はまれぽ.com無料掲載について
小田急線百合ヶ丘駅近くの360度道路に囲まれた飲食店「みねや」ってどんなとこ?

ココがキニナル!

川崎・百合ヶ丘駅北側の「みねや食堂」の立地なんですが、店舗周囲360度が路面です。取材してください。(マッサンさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

みねやは百合ヶ丘駅近くで営業している料理屋さん。開店当初から周囲は道路に囲まれていた。元芸能人の店主は地元では有名な人物だったとのこと

  • LINE
  • はてな

2018年05月11日

ライター:松崎 辰彦

百合ヶ丘駅にある「みねや」

川崎市麻生区にある小田急線百合ヶ丘駅。新宿駅から出発すると新百合ヶ丘駅の一つ手前の駅である。

 

百合ヶ丘駅
 

プラットホームに降り立ち、北口から外に出ると眼下に世田谷町田線の道路が走っている。
投稿にある「みねや」は駅のすぐそば、道路ぎわにたたずんでいる。

 

「みねや」の看板が見える
 

迷うまでもない。

 

みねや
 

小さな一軒家。もう長らくここで商売をしてきたであろうことは、その風格から否応もなく察せられる。

「360度が路面」とのことだが、周囲を観察するとなるほどたしかに道路に囲まれている。

 

背後から。三方が道路に囲まれている
 

周囲に同じような場所もなく、ポツンと孤立している感じもするが、一種存在感のある店構えである。

ともかく中に入ろう。お邪魔します!



コンビニのない時代、みねやは人気店だった

「このお店は私の母が自分の兄、私からすれば伯父(おじ)から買ったものです。伯父は、東京都大田区蒲田にいたんですが、昭和30年代にここに移り、この店で寿司屋を始めました。そのときから屋号は『みねや』です」

話してくれるのはこのお店のご主人、海川一(うみかわ・はじめ)さん。小さなお店を切り盛りしている。

 

海川一さん
 

お店の歴史から教えてくれた。

「伯父はここを皮切りに、付近で同じ『みねや』という寿司屋を何店舗も開店しました。そして妹である私の母に『この店を買わないか?』と持ちかけたんです。母ももともと東京都大田区にいたんですけれども、当時は川崎市柿生に飲食店を出していました。その店も儲かっていたのですが、母は伯父からやはり昭和30年代にこの店舗を買い取り、ここに移りました。最初母は焼き肉屋をやり、そのあと居酒屋になりました」

 

一さんの母親、海川千代子(うみかわ・ちよこ)さん(画像提供:海川一)
 

店内はせまい。席はカウンターのみ、数人も座ればいっぱいである。

 

カウンターは7席
 

「昔景気がよかったころは、外で客さんが列を作って待っていましたよ。あのころはお店もなかったし、コンビニなんてものもなくて、時代がよかったんですね」
当時から地元の根強い固定客に支えられているようである。

「このあたりには独身寮がいっぱいあったんです。富士通とか大手の独身寮が。そこの人たちが『寮のご飯はおいしくない』とかいいながら食べにきていました。みんな地方からきた男の子たちですよ。その子たちに朝なんかはお握りを作ってあげていました。みんな持って帰るんです」

母親代わりだった様子である。
そんな千代子さんも2017(平成29)年、90歳の天寿を全うした。



かつて芸能界にいた

ほかの食品関係の店で働いていた一さんが、実家であるこの店に帰ってきたのは20代のころ。
一さんは1956(昭和31)年12月8日東京生まれ。当年62歳、可愛いお孫さんもいる。
父親は東京電力に勤めていたが、若くして他界した。その後は母親の千代子さんが一さんら兄弟を育てた。

 

母親(左)と(画像提供:海川一)
 

そんな一さんにはユニークな経験がある。13歳から芸能界で活動したのである。
「大手の芸能プロダクションと劇団に入っていました。映画なんかにも出て、自分のレコードも出したりしました」

 

中学生時代。すでに芸能人だった(画像提供:海川一)
 

高校は東京都中野区にある、芸能コースが有名な某高校。郷ひろみや野口五郎といった当時のスターたちとも知り合いだった。

 

ステージや映画で活躍した(画像提供:海川一)
 

「みんなオーラがありましたね。ふだんは女性の親衛隊に囲まれていました。彼女たちはどこにでもついていきます」
芸能界の裏話にもくわしい。

そして一さん自身、地元では有名人だった。
「バカ息子と呼ばれていましたね・・・ここは地味なおとなしい街ですから」

 

成田空港で。「税関で別室に連れて行かれ『麻薬を出しなさい』と言われました」
(画像提供:海川一)

 

耳にピアスをしたり、相当目立つ格好で歩いていたとのこと。車も好きで、若いころから外車に乗っていたそうである。

 

車が好き。中で立っているのが一さん(画像提供:海川一)
 

 
いつから道路に囲まれている立地なのだろう? 次ページへ ≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

川崎市麻生区にある民家すぎて一見入りづらい謎の美術館って?

川崎のラブホテルの先のマンションの一室に不動産の“駆け込み寺”と呼ばれる場所が。はまれぽが潜入調査!

  • PR

横浜市営地下鉄ブルーラインが川崎市まで延伸する計画の現状は?

柔軟な思考を育て、分かる喜びを実感! 学習意欲を高め、集中力を育む指導力に優れた「おがわ教育研究所」

  • PR

市営地下鉄グリーンラインの延伸計画は、その後どうなった?

白楽の地にて24年。「信頼と信用、約束は必ず守る」を大切にする「株式会社ユナイト」

  • PR

港南区にあるラーメン店のつけ麺を再現! 横浜生まれの逸品を探せ! 新商品をチェック!(2月24日)

1000円で世界旅行!?40ヶ国以上から集めたワインが気軽に楽しめる「世界のワイン 葡萄屋 関内店」

  • PR

新着記事

横浜では星空が見えない? なら、プラネタリウムはいかがですか?【編集部厳選】

    • 面白かった6
    • 面白くなかった10
    • コメント1
  • 2019年01月20日

野毛で篭城している不動産屋さん!?再開発地区にポツンと一軒建っている理由

    • 面白かった173
    • 面白くなかった8
    • コメント3
  • 2019年01月21日
お年玉キャンペーン
はまれぽイチオシで新年「学びはじめ」
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

横浜を愛し、横浜を作り、横浜を育む、横浜型地域貢献企業認定の建築事務所「有限会社安田建築事務所」

  • PR

イヌやほかのペットとフロアが違うから、ちょっぴり神経質なネコも安心! 「新横浜動物医療センター」

  • PR

豊富な経験をもとに不動産や相続の悩み解決をサポート。明るく前向きな社会づくりの活動にも注目!

  • PR

【スタッフも募集中】「東宝タクシー」の新しい取り組みがすごすぎる!鶴見の名所巡りをしながら聞いてきた

  • PR

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

横浜発の捺染(なっせん)から生まれた、自分を励ます素敵なアイテム。大切な人へのギフトとしてもぜひ!

  • PR

白楽の地にて24年。「信頼と信用、約束は必ず守る」を大切にする「株式会社ユナイト」

  • PR

介護を軸に、新たなコミュニティ構築を模索する、中区石川町「ケアステーション・デイサービス ふれ愛」

  • PR

おひとりさま大歓迎!!スタッフの“おもてなし”も自慢の「浪漫亭 東白楽店」

  • PR

マンガ読み放題!? 高速ドライカットがイチオシの“コミックカフェ” みたいに寛げる「re:mix」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • ファミリー牛乳の移動販売トラック、団地や集合住宅に音楽をかけて入って来るのを港北区でよく見かけました...

  • 平成から新元号に変わろうとしている今年、関内地下街マリナードは今も昭和の良き佇まいを醸し出している。...

  • 南区永楽町2丁目に手作りキムチ専門店【五六道】が出来て、一回買ってみたら美味しかったです!場所的には...

あなたはどう思う?

節分の日は何をしますか?

最近のコメント

アクセスランキング