ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

中華街の路地裏グルメ
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜市はみどりアップ推進と称して、みどり税を農家に注ぎ込んでいる?らしいですが、それにしては一部を除き、農地が荒れているような?いっそのこと、休耕田畑にお茶の樹を植えて、茶葉を収穫して紅茶や烏龍茶に加...

    ナチュラルマンさん

    らみぃさんに関連しますが、茅ヶ崎牛は県立茅ヶ崎里山公園近くにて畜産家が育てているようです。肉の直売もある? らみぃさんの投稿に併せて、生産家も取材して下さい。

    ナチュラルマンさん

    茅ヶ崎にある「バリック」というイタリアンのお店で、茅ヶ崎牛のお料理が食べられるそうです。茅ヶ崎の牛?どんな味わいなのか、ぜひ取材してほしいです!

    らみぃさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

全試合見る!
日本戦のみ見る!
テレビでやっていれば見る程度
パブリックビューイングで飲みながら観戦する!
現地で観戦します!
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

武蔵小杉の高層マンションの中に、川崎市の「コンベンションホール」が開設! 全国的にも珍しい施設は一体何のために作られた?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果

市内で唯一のコンベンション施設として、高層マンションの2階部分を使ったホールが誕生。地域産業の活性化や交流の場所として活用を目指している

ライター:はまれぽ編集部 (2018年05月18日)

高層マンションの建設が進む新興住宅地というイメージが強い武蔵小杉駅周辺。
そんな武蔵小杉に、川崎市の「コンベンションホール」ができたという。しかも国際会議を含む1000人規模の会議にも対応する施設なのだとか。
 


武蔵小杉にホール施設が登場!

 
コンベンションホールは、集会や会議などの集まりに使われる会場。ビルの一室を使った場所から、数千人規模の施設まで、種類はさまざまだ。
けれど、マンションの多い住宅地にできるホールとは全国でも非常に珍しいようだ。いったいどのような施設なのか。

早速、2018(平成30)年4月にオープンしたばかりというコンベンションホールに向かった。
 


南武線の武蔵小杉駅北口から歩いてすぐの場所のようだ
 

地図で見る限り、こっちの方向かな?

 
地図を頼りにホールへ向かうが、完全に高層マンションのある地域へ向かっている。
 


近づくと圧巻の高さ!

 
肝心のホールはどこだろう、と思っていたらしっかりと看板が用意されていた。
 


駅から歩いてほんの数分。気付かないうちにホールのすぐ近くまで来ていた

 
看板に従ってホールの場所を探すと・・・。

 

さきほどの高層マンションの根元
 

2階のデッキ部分に上がると・・・
 

ありました!

 
高層マンション「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト」の2階部分がコンベンションホールになっていた。こんな構造のホールを見るのは初めてだ。

 

まぎれもなくコンベンションホール

 
川崎市の指定を受けてホールを運営する、株式会社コンベンションリンケージの奥村卓也(おくむら・たくや)さんに施設を案内していただいた。

 

施設はホールと会議室で構成されている

 
主要施設であるホールは、A~Cに分かれていて、それぞれ分割して使うこともできれば、連結して一つのホールとして使うこともできる。分割した場合の定員は、それぞれ260~325人ほど(テーブルなしのシアター形式の場合)。
 


こちらは分割したCホール
 

椅子やテーブルも自由に設置できる

 
ホール内には埋め込み式のスピーカーや照明設備などが完備されている。防音性能も高く、各ホールを仕切る壁を設置すれば、隣のホールの音はまったく聞こえない。
 


各ホール間の仕切りはたたんで収納することもできる
 

つなげれば約1000人規模の多目的ホールに!

 
ホールには控室が用意されており、クロークなども使用できる。また、小規模な会合用の会議室も4室用意されている。
 


さまざまなイベントに対応できる
 

会議室同士を連結させることも可能

 
一方、マンションの施設ならではの弱点もある。一つは専用の駐車場がないこと。1階部分はコインパーキングになっているが、台数が少ないために公共交通機関の利用がメインになる。
 


周辺にも駐車場はあるが、専用の場所はない

 
また、マンションの一部であるために、イベントの内容などは事前に相談し、住民に配慮した運用を行っている。
それでも、すでにA~Cの各ホールは懇親会や講演会などに使われているそうで、ケータリングによる立食パーティーなどもできることから、地域の会合などで重宝されているようだ。

指定管理者のコンベンションリンケージでは、全国各地の会議場・ホールの運営を行っているほか、会議やイベントのプロデュースなども請け負っている。そうした会場が必要になったとき、川崎市のホールを使うケースも出てくるかもしれない。

施設を実際に見てみると、住宅街の近くにある公民館のような施設とは全く違う、最新式の「ホール施設」という印象。川崎市としてはどのような意図でこの場所にコンベンションホールを設置したのだろう。

コンベンションホールの設置を担当する川崎市経済労働局産業振興部の観光プロモーション課にお話を聞いてみることにした。


高層マンションにできた施設の役割とは?≫

 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事


最初へ

前へ

1

2

3

4

5

6

7

次へ

最後へ