検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 井土ヶ谷で見つけた元気なお店!
  • 花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
  • はまれぽ.com無料掲載について
雨のように落ちた焼夷弾。戦争の悲惨さを横浜大空襲体験者が語る

ココがキニナル!

1945年5月29日に起こった横浜大空襲を語る「横浜大空襲を語り継ぐつどい」で話された体験談とは(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

横浜大空襲は雨のように焼夷弾(しょういだん)を落とされ、本牧は火の海になった。焼けた死体はたまらない死臭を発し、死体の山があちこちにできた

  • LINE
  • はてな

2018年05月31日

ライター:松崎 辰彦

空襲以前の記憶がない
 
さる5月26日、横浜市中区の上野町教会仮会堂で横浜大空襲を語り継ぐ集いが開催された。主催は「本牧・山手九条の会」。

1945(昭和20)年5月29日午前9時22分、517機のB-29爆撃機 と101機のP-51戦闘機が横浜市民を襲い、約8000人もの死者を出した惨劇。当時、本牧に住んでいた2人の登壇者が、空襲がどのようなものだったかみずからの言葉で語り、改めて戦争の実態を印象づけた。
 


「横浜大空襲を語り継ぐつどい」

 
最初の登壇者は本牧在住の金子光一(かねこ・こういち)さん。一級建築士として多くの建物を手がけている。

「私が横浜大空襲を受けたのは5歳でした。人間は5歳くらいから記憶が始まるものだと思いますが、私の場合はそれ以前の記憶がまったくありません。すべて空襲の恐怖感で吹っ飛んでしまいました。また思い出したくても家が焼け、思い出の品もなくなりました」と語る。

恐怖で空襲以前の記憶を失ったと強調するが、当日の出来事は鮮明に覚えているようだった。
 


金子さん。ご自宅にて

 
 
 
本牧の空襲
 
「その日午前10時ごろ、私は近所の友達の家に遊びにいきました。すると空襲警報が発令されました。友達のお母さんに『危ないから帰りなさい』と言われて外に出たときには、すでにあちこちに火の手が上がっていました」

「その家から自宅まで、実はすぐだったのですが、気が動転していたのでそこに逃げてきた大人4、5人のうちの一人の『坊や、危ないから一緒についておいで』の言葉に従い、ついていったのです」
 


横浜大空襲での根岸・本牧
(横浜市史資料室所蔵空襲と戦災資料、アメリカ国立公文書館所蔵)

 
現在も本牧にある老舗菓子店「喜月堂」の脇を通って、北方小学校に向かった。周囲は熱かった。途中で防火用水の水があったが5歳の少年には手がとどかない。すると大人が水をかけてくれて「早く行こう、早く行こう」と急(せ)かせた。キリン園公園の脇を通り、最終的についたのはワシン坂上公園。

「今は立派になっていますが、当時は公園とは名ばかりの空き地のようなところでした。そこに大勢の人が逃げてきてたむろしていたのですが、私は親がいないことに気づいてただ泣きじゃくりました」と当日の様子を話した。
 


戦後、小学校入学時に撮った写真

 
そこから本郷町、千代崎町近辺が見渡せましたが、一面火の海で・・・(絶句)・・・すみません、思い出しちゃうと言葉につまるんですけれども、その怖ろしさは言語に尽くせぬものがありました」と回想する。
 


現在のワシン坂上公園

 
父親について触れられた。

「父は木工の仕事をしていまして、兵隊にはとられなかったのですが、技術を買われてモックアップという飛行機の模型を作る仕事をしました。飛べない飛行機ですが、そういうものを三渓園などに置いて“日本にはまだこれだけ飛行機があるんだ”とアメリカに誇示したということです。しかしアメリカにはすべて分かっていたそうです」
 


当時の思い出を語る

 
「空襲のとき、両親は近所の人から『あのへんでひとかたまり避難している人がいるよ』『ここにもいるよ、あそこにもいるよ』と聴いて回り、翌々日に親子の対面が果たせました」

こうした話を、学校に招かれて披露するという金子さん。本牧が紛れもなく「戦場」だったことを教えてくれた。
 


金子さんが逃げた経路

 
 
9歳の少女をも襲った横浜大空襲・・・その体験談とは≫

 

おすすめ記事

戦争の記憶を後世に。横浜大空襲体験者が戦争の悲惨さを語る

小学校の卒業式で袴という選択。家族の手で着付けをしてあげられる喜びを発信する呉服店

  • PR

解体予定の川崎市庁舎、大空襲を生きのびた時計塔の内部に潜入!

「勉強は楽しい!」と皆が感じる空間に成績アップの秘訣あり。学習塾「FULLMARKSセンター南」

  • PR

「横浜大空襲」から72年。戦死者の遺品寄付は受け入れてもらえ

柔軟な思考を育て、分かる喜びを実感! 学習意欲を高め、集中力を育む指導力に優れた「おがわ教育研究所」

  • PR

焼夷弾は「地獄の音」 横浜大空襲体験者が語る戦争の悲惨さとは

子どもの放課後をもっと楽しく、もっと有意義に!保土ケ谷区の民間学童保育「マックス・キッズ・プラザ」

  • PR

新着記事

鶴屋町のラブホ街に佇む日本酒バル!? 神奈川県13蔵の地酒が飲める「UMAMI」とは?

    • 面白かった124
    • 面白くなかった12
    • コメント2
  • 2018年08月20日

栄区桂町の迷路みたいな歩道橋! どうしてこんなにクネクネしてるの?

    • 面白かった3
    • 面白くなかった0
    • コメント0
  • 2018年08月21日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
井土ヶ谷で見つけた元気なお店!
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
はまれぽ.com無料掲載について
横浜・神奈川のお出かけ情報

はまれぽ編集部のイチオシ

一切れで酔えると噂の「Happy Rummy」のアルコールケーキ製造現場に密着。つまみとの相性検証も

  • PR

決して周囲への配慮を忘れない。常に「顧客」の気持ちに立って工事を続ける「横浜総合建設株式会社」

  • PR

【動画あり】メルセデスAMGなど新型車両をはじめ13台展示のショールーム。横浜中華街から歩いてすぐ!

  • PR

産前・産後、育児の悩みに応えます。出産と育児を楽しんでもらうためのサポートをする「みやした助産院」

  • PR

横浜市内に笑顔増殖中! 陽気な外国人スタッフが家の困りごとを一気に解消「アミーゴ家事サービス」

  • PR

独特の発想と企画力で業界の若返りを! タクシーの未来を創造する「三和交通」

  • PR

ペットを飼う前から相談できる!? 一生つきあっていきたい「三ツ池動物病院」

  • PR

腰痛で悩んでいる人は必読! 腰の痛みを改善するには生活習慣や体質も変えなきゃいけないって知ってた?

  • PR

真の健やかさと充実した生活への自分づくりを手に入れる、東戸塚の「極真カラテ 神奈川県加藤道場」

  • PR

本当に適正で二人に合ったウエディングを提案してくれる「ウエディングエージェンシー」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 先日の心霊特集で思い出しましたが、神奈川区神ノ木台に工事途中で廃棄されたような不気味マンション廃墟が...

  • 東、中、南と縦に3つ並ぶ希望が丘、なぜ一番北にあるのが北希望が丘ではなく東希望が丘なのか?

  • 最近、横浜直下型地震を週刊誌が取り上げたらしいですが、横浜直下型地震とか西日本豪雨みたいな災害に対し...

あなたはどう思う?

8月中もまだまだ行われる花火大会。どの花火大会を見る?

最近のコメント