検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
  • はまれぽ.com無料掲載について
60年前の免震構造!? 山下町のシンボル、シルクセンターの耐震性に迫る

ココがキニナル!

シルクセンターはかなり古い建物なので心配だったのですが、最近になって耐震性が危ぶまれてしまったらしく、できれば残して欲しいが、最悪取り壊しかもしれないので、調べて下さい。(ホトリコさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

築60年を迎えるシルクセンターは、今後も建物を残すために耐震工事を進めている真っ最中。地下には地震の揺れを逃がす先進的構造が!?

  • LINE
  • はてな

2018年06月04日

ライター:はまれぽ編集部

シルクセンターといえば、山下町のシンボルとも言える建築物。昭和30年代のモダンな雰囲気を色濃く残した、歴史と先進性を兼ね備えたデザインが特徴だ。

そのシルクセンターの耐震性が危ぶまれているというキニナル投稿が。どうやら横浜市が公表した調査結果の中で、耐震性が基準を満たしていないと判断されたことが発端らしい。
だが、取り壊しとは乱暴な話。貴重な建物をどうにか残してほしい! そんな思いで中区山下町を訪れた。
 


山下町を大さん橋方面に歩くと・・・

 


シルクセンターが見えてくる

 
周辺の歴史的な建物や近代的なビルとはちょっと違う、特徴的な建物がシルクセンターだ。1959(昭和34)年に竣工し、来年で築60年を迎える。
 


その雰囲気には風格も感じられる

 
歴史があるということは、それだけ建物の老朽化も進んでいるということ。これから建物はどうなっていくのか。

早速、一般財団法人シルクセンター国際貿易観光会館の事務局に問い合わせると、「シルクセンターは、市が耐震性調査を行うよりも以前から、継続して耐震工事を行っています。今年からは地上部の工事にも取り掛かっていますよ」との答えが。

実際に確認してみると、確かに工事が進んでいた!
 


建物の南側ではただいま作業中
 

工事の詳細もバッチリ掲示されていた

 
耐震工事は言うまでもなく、建物を残すために行われるもの。シルクセンターの存続は決まっているようで一安心だ。

実は、シルクセンターが建てられた昭和30年代の建物は多くが取り壊されており、横浜市内でも貴重な存在。そのため、行政からも可能な限り保存するように要請があったのだという。

改めてシルクセンターの状況や工事の内容について、管理部総務課施設担当の影山一寛(かげやま・かずひろ)さんにお話をうかがった。



入居率8割以上! 丁寧に進められていく工事

「これまで進めてきたのは地下部分の耐震化で、柱の補強などが中心。外から作業は見えませんでした。今年からは1階部分の工事に着手し、『ブレース』という器具の取り付けを行う予定です」という。
 


地下部分の工事図面。柱の補強は2014年からスタートしている

 
ブレースとは、建築物の柱と柱の間に入れることで、強度を高める器具のこと。今後はこれを各階の外壁部分に入れていくことになるようだ。
 


正面の完成図。濃いグレーの部分に斜めに入ったブレースが見える

 
ブレースの設置に際しては、彩度を抑えて目立たないようにしたり、設置位置を工夫するなど、横浜市の都市景観条例に則ってシルクセンターの外観や周辺に配慮しながら作業が進められるそうだ。
 


この辺りにもブレースが入る予定

 
工事の終了予定時期はまだ未定。夜間の工事が行えないことや、テナント入居率が8割を超えていることもあり、少しずつ作業を進めていく必要があるそうだ。
すべての作業が終わるまで20年以上掛かる見込みだが、すでに耐震化が完了している地下や、工事が進む1階部分の耐震性が確保されれば、ひとまず安心な状態になるという。
 


建設当初からのテナントも多い

 
さらに、丁寧に工事が進められている背景には、シルクセンターそのものの歴史も関係しているそうだ。


シルクセンターの地下の「船」とは?

 

おすすめ記事

横浜のシルクロード、どの道のことを指す?

腐りにくいウッドデッキが大人気。快適さは実績と安心が保証。ウッドデッキ専門会社「ウッディ企画」

  • PR

かつて山下町のシンボルだった「シルクセンター」

地域密着医療をめざして、ネコがお出迎えしてくれる。横浜市戸塚区「かみくらた動物病院」

  • PR

山下町に残る「半端な塀」の不思議。旧居留地の「シルク通り」

和田の三本の矢で「ワダノミクス」!? 保土ケ谷区「工藤不動産株式会社」

  • PR

旧東横線軌道あとにできた、東横フラワー緑道はどんなとこ?

リフォームも、新築も。良い家をつくり、まもり続けて40周年、進化を続ける横浜市栄区の地域密着型工務店

  • PR

新着記事

マグロ味のかき氷! 三浦市「たかなし商店」で変わり種かき氷を食べてみた

    • 面白かった6
    • 面白くなかった0
    • コメント1
  • 2018年08月15日

ラグビーワールドカップを応援! 「横浜西口街バル」が8月16日から開催

    • 面白かった10
    • 面白くなかった1
    • コメント0
  • 2018年08月14日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
はまれぽ.com無料掲載について
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽで記事を書きたい人集ま〜れ

はまれぽ編集部のイチオシ

想像力をかき立てるカーディーラー、港南区「スズキ上永谷オートマン」

  • PR

価格、ボリューム、格式ばらない雰囲気・・・ 日本料理の“常識”を覆す名店「別亭空海」

  • PR

ステッカーの制作現場に潜入! ノベルティや看板の制作なら井土ヶ谷の「株式会社グランド」

  • PR

ギター専門の整体師!?音楽の街横浜でギターやベースの修理・メンテナンスを行う、リペアマン常駐の楽器店

  • PR

親子の物語が紡ぎ出す絶品料理の数々!およそ150品目のメニューをそろえる「出世居酒屋いっすんぼうし」

  • PR

横浜市内に笑顔増殖中! 陽気な外国人スタッフが家の困りごとを一気に解消「アミーゴ家事サービス」

  • PR

龍馬の妻、おりょうゆかりの老舗料亭! 1863(文久3)年から歴史を重ねる「田中家」

  • PR

JAZZの生演奏を聴きながら、昔ながらの手作り南欧料理に舌鼓。横浜駅西口「エルスウェーニョ」

  • PR

チキン南蛮や炭火もも焼きをはじめ、地元出身者が納得する宮崎料理を味わえる「いっちゃが横浜関内店」

  • PR

バイクのことならなんでもお任せ! 地域密着がコンセプトの「カスタムショップ サカイオート」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 新しい箱根海賊船は、水戸岡鋭治が手がけることになりました。岡部憲明氏でなくて何故水戸岡氏なのか?小田...

  • 新横浜の隠れた名店?立ち食いそば屋さんの矢萩が、2018/8/19で閉店するそうです。よく通っていた...

  • 京急は「三崎口駅」を「三崎マグロ駅」にしたり、北斗の拳とのコラボでは「京急蒲田駅」を「京急かぁまたた...

あなたはどう思う?

みなとみらいで行われるピカチュウのイベント見に行く?

最近のコメント