検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • お年玉キャンペーン 投票ページ
  • はまれぽイチオシ 忘年会・新年会 2018年-2019年 平成最後も横浜呑み!
  • はまれぽイチオシで新年「学びはじめ」
  • はまれぽ.com無料掲載について
鶴見川の土手がスパイシーな香り? 都筑区にある「マスコット」ってどんな工場?

ココがキニナル!

鴨居駅より鶴見川上流にある「mascot」という工場が気になります。鶴見川の土手がスパイシーな香り…どんなスパイスを加工しているの?販売先は?(白マントさん/ナチュラルマンさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

130種以上のスパイスを充填する工場。20年前はスパイスの粉砕工程も行っており鴨居駅まで匂いがした。人気商品はカレーペーストの「印度の味」

  • LINE
  • はてな

2018年06月07日

ライター:はまれぽ編集部

「鶴見川の土手からスパイシーな香りがする」という投稿が寄せられた。どうやら、鶴見川沿いに「mascot」という名のスパイス工場があるらしい。
その工場は横浜線の車窓からも見えるそうだが、一般向けに工場見学などは行っていないため、実際にどんな製造が行われているのかは知られていないようだ。

そこで今回は、特別に工場内の様子を見学させていただけることとなった。いったいどんなスパイスを加工しているのだろうか?
 
 
 
ヤスマ株式会社
 
JR鴨居駅南口から徒歩10分ほど鶴見川沿いを歩いた先に工場はある。
 


大きく書かれた「mascot」が目印

 
取材日は風が強いせいもあってか、投稿にあったようなスパイシーな香りはほとんどしない。
 


よく見ると、入り口には「ヤスマ株式会社 横浜工場」とある

 
扉を開けると、カレーのようなスパイシーな香りがしてきた。

「当社は1985(昭和60)年に『マスコットフーズ株式会社』として設立し、スパイスやハーブ専門の製造・販売を行っているメーカーです。『mascot(以下、マスコット)はブランド名で、1988(昭和63)年に社名を『ヤスマ株式会社』へ変更しております」。

そう話してくれたのは、こちらの工場に30年以上勤めている工場長代行の境野富夫(さかいの・とみお)さん。
 


境野さんは「私はいいので商品をたくさん撮影してください(笑)」と手だけの出演

 
マスコットの横浜工場ができたのは1974(昭和49)年。実に44年間、この地でスパイスを作り続けているのだ。

“家庭に本物の香りを届けたい”という思いから、当時では珍しかった小瓶入りのスパイスの販売をスタート。業界の先駆者として長く愛されている商品も少なくない。
 


発売から30年を迎える「印度の味(702円/税込み・以下同)」

 
マスコットの商品は、成城石井や紀ノ国屋、デパートの食品売場など、少々高級なスーパーマーケットで販売をしているという。
 


最近だとコストコにも卸しているそうだ
 

また、誰もが知っているような外食チェーン店にも卸しているそうなので、気付かぬうちに口にしているかもしれない。
 
 
 
鴨居駅まで匂いが漂っていた!?
 
スパイスと一口に言っても、日常的に目にするブラックペッパーやバジルをはじめ、ガラムマサラなど本格的なカレーのスパイスもある。マスコットでは130種以上のスパイスを製造しており、働いている人もどうやって調理するのか分からないプロ仕様のスパイスまであるという。
 


コストコに出荷している業務用パセリ(グラニュール:粗粒)(438円)

 
「1987(昭和62)年に静岡工場ができるまでは、横浜工場でスパイスの粉砕を行っており、鴨居駅まで匂いがしていました。昔は手が赤や黄色に染まって、お風呂に入っても匂いが取れないほどでしたよ。今は静岡工場で粉砕したスパイスを充填(じゅうてん)する工程を中心に行っているので、ほんのり香るくらいだと思います。近隣の方から匂いについてのお問い合わせはほとんどありません」と境野さん。

工場が稼動するのは、午前9時~午後5時ごろまで。1日に6~7種類のスパイスを充填し、種類を変えるたびに工場内を清掃するという。また、香りがうつらないよう、朝は色と匂いが薄いスパイスを、夜は色と匂いが濃いスパイスを扱っているそうだ。
工場にはシャワー室も用意されているので、匂いが気になる工場スタッフの方はシャワーを浴びて帰宅するのだとか。
 


それでは、実際に作業の様子を見せていただこう!
 
 

工場の様子をご紹介!・・・キニナル続きは次のページ≫ 
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

レストランの軒先にある食品サンプルの工場、鶴見の「イワサキ・

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

昔ながらの町の納豆工場、西区「ハマ食品」に突撃!

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

工場見学もリニューアル! 崎陽軒の横浜工場内で新弁当製造ライ

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

横浜ランドマークタワー向かいの横浜銀行本店にある謎の巨大オブジェ「水時計」が設置された経緯とは?

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

新着記事

崎陽軒のシウマイ弁当は、発売当初どんなデザインだった?

    • 面白かった164
    • 面白くなかった3
    • コメント2
  • 2019年01月16日

横浜市の成人式、当事者の新成人の思いは? 運営する「記念行事実行委員会」に聞いた

    • 面白かった56
    • 面白くなかった10
    • コメント0
  • 2019年01月15日

はまれぽ編集部のイチオシ

型破りな教育スタイルで やる気と自信を育む「マツハシゼミナール」

  • PR

野毛のリトル大分で郷土料理と銘酒を存分に味わう「如水」

  • PR

臨床歴17年。延べ8万人以上の豊富な経験と口コミで評判の整体院

  • PR

「通院」が「お出かけ」に! 「また来たい」と思える、地域のニーズをかなえた歯科医院「オリーブ歯科」

  • PR

駅前なので通院に便利! 明るい雰囲気で小さな子どもからお年寄りまで、誰もが気軽に受診しやすい歯科医院

  • PR

看板犬も人気のお店!元町5丁目にあるヘアサロン「aimable aime(エマーブルエメ)」

  • PR

野毛の歴史を知り、温かな想いが宿る居酒屋さん。お1人様のカウンター利用から80名対応のお座敷宴会まで

  • PR

最新鋭ロボットの大活躍で、新鮮・おいしい卵誕生の現場に迫る!港南区「八千代ポートリー」

  • PR

龍馬の妻、おりょうゆかりの老舗料亭! 1863(文久3)年から歴史を重ねる「田中家」

  • PR

詰め込むだけでは、ダメ。人の声をよく聴き、自ら考えられる人をつくる。高い合格率を誇る「啓進塾戸塚校」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 鎌倉の小町通を歩いていたら、遺跡調査中という看板があり、そこは囲いに覆われていて、中には地面を掘って...

  • JR相模原駅北側の相模総合補給廠共同使用地にスポーツ・レクリエーション施設、一部返還地に商業施設の建...

  • 最近Uber EATSの四角い箱を持った自転車やバイクの配達員をよく見掛けます。出前のようなサービス...

あなたはどう思う?

節分の日は何をしますか?

最近のコメント

アクセスランキング