検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
  • はまれぽ.com無料掲載について
追跡取材! 進行中の「三浦メダカ」保全活動をレポート!

ココがキニナル!

自生地を失った三浦メダカ。保全のために用意された三浦市にあるビオトープで行われている、三浦メダカ保全活動の現状とは?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

成魚・稚魚どちらも確認され、今年も繁殖した模様。2017年に作られた新池でも! 夜のビオトープでは、闇夜を照らす可憐な光も!?

  • LINE
  • はてな

2018年07月07日

ライター:田中 大輔

これまで、過去2回に渡って追いかけてきた、三浦市での三浦メダカ保全活動のレポート。

開発の影響で自生地である北川湿地を失ってしまったミナミメダカの三浦個体群、つまり「三浦メダカ」たちの新たな住みかとして用意されたビオトープでの調査が、2018(平成30)年も6月中旬に行われた。

今回もはまれぽは調査に同行し、現地の様子をお伝えする。



稚魚を探して

今回も調査に参加したのは、神奈川県水産技術センター内水面試験場、三浦メダカの会、そして日ごろ現場の管理を任されている新日本開発工業株式会社のメンバーたち。全部で7名が集合し、全体でおよそ3.5ヘクタール(3万5000平方メートル)のビオトープ内にある湿地で作業に当たった。

 

緑あふれるビオトープ。天気が心配されたが、なんとか持ってくれた
 

調査は今年で6年目。
これまでの記事でもお伝えしてきた通り、ビオトープ内でメダカの繁殖も確認されていて、新しい自然環境の中で三浦メダカは少しずつ数を増やしてきている。

内水面試験場の勝呂尚之(すぐろ・なおゆき)専門研究員は、調査の目標について「メダカは成魚で50匹くらい取れればいいなと思います。でも、尾数よりも繁殖を確認することが大切」と話し、メダカの繁殖期にもかかっているこの時期での調査で、生まれたばかりの赤ちゃんメダカ発見に期待を寄せた。

 

「とにかく稚魚を」と水産学のエキスパートである勝呂さん
 

また、2017(平成29)年秋の調査では新たに「メダカだけが住む池」も作られた。
メダカが住む池を増やし、万が一の事態が起きたときの保険をかける狙いで用意された場所で、今回が放流後初めての調査となる。

「新池に少しでもメダカが残ってくれていればいいね」と話す勝呂さんは、「繁殖までしてくれていたら最高」と続けた。

 

昨年の秋、出来立ての新池にメダカを放流する様子
 

ビオトープ内には水場がいくつかあり、そのすべてで生物採集が行われていく。
そこで取られた生き物は、数やサイズを確認した後にまた元の場所に戻されていくことになる。まずは、ビオトープ内で最も大きい池、通称「大池」から調査がスタートした。



大人も子どももたくさん発見!

これまでの調査でも、見つかるメダカのほとんどはこの大池在住。
サイズが大きいことも相まって、調査中最も時間をかけて採集が行われる場所だ。

 

調査はまず、水質をチェックすることからスタートする
 

採集では、虫取り網と同じような形の、よく見かけるタモ網のほか、「さで網」と呼ばれるちょっと大きな網も活躍。半円型の網で、両手で持って使う。

 

勝呂さんが持っているのがさで網。タモ網より扱いが難しい印象
 

今回も大池での採集は盛況で、勝呂さんも同試験場の嶋津さんもジャンジャンとメダカをはじめ、池に暮らす生き物たちを発見していく。

この場所での調査に初参加だった嶋津さんは、「三浦にこんな場所があったとは知らなかった。すごくいい場所」と目を細める。

 

初めてのビオトープを満喫していた様子の嶋津さん
 

大池では大人のメダカだけでなく、生まれたばかりの小さなメダカたちも見つかり、今年も繁殖が行われていることが確認できた。
勝呂さんが途中で稚魚の採集をストップするほど多くの赤ちゃんが見つかり、参加者たちもホッと一安心。

 

今年もたくさんの三浦メダカが姿を見せてくれた!
 

実は「大人のメダカが暮らせる環境」と「繁殖が行われて、メダカが持続的に生きていける環境」は必ずしもイコールではない。そのため、代替わりが進まないと結局は全滅してしまうので、赤ちゃんの発見はとても大事な要素というわけだ。

結局、40匹ほどのメダカが捕獲され、今年も大池でのメダカの生活は順調だったようだ。

一方、昨年秋に20匹の若いメダカを放流した「新池」。
メダカが生き残っているか心配されていたが、幸いにも数匹のメダカが採集された。この新天地でも上手いこと冬を越してくれたようだ。

 

新池での採集の様子。こちらでもメダカを見つけることができた
 

さらには1匹の稚魚も発見され、新池でも繁殖がされていたことを確認。
これには勝呂さんも満足げで、「この池は地下からわき水が出ていて、水温が低い。だから、もう少し水温が上がればさらなる繁殖にも期待が持てる」と前向き。

 

これがメダカの稚魚。勝呂さんが肉眼で見つけてすくい上げた
 

「メダカについては、全体として上手く進んでる。ほぼバッチリ」とのこと、自生地の消失という災難に遭った三浦メダカたちも、新たな住みかにすっかりなじんで代替わりを続けているようだ。
 
 
エビやヤゴなども! メダカだけじゃない貴重な生き物も生息!?>>
 

おすすめ記事

いまや絶滅寸前の「横浜メダカ」ってどんなメダカ?

横須賀の米軍施設を影で支える企業があった!? 日本の安全をメンテナンスする「ニッカイ」

  • PR

カワセミを横浜で見られるところがあるって本当?

音楽とハンバーガーとトロピカル・カクテルがあれば、3秒で西海岸やハワイに行ける「STOVE’S」

  • PR

100年続く古き良き金魚店!上大岡の「野本養魚場」を訪問

独自メソッドで楽しく習字! 幼児でも汚さず書ける“水の毛筆”で字がきれいに!「ふでともかきかた教室」

  • PR

開業わずか12年で廃駅になった鶴見臨港鉄道「本山駅」について教えて!

世界中から大注目! ここでしか買えない革製品が大人気の「レザー ファクトリー ロベル」

  • PR

新着記事

【編集部厳選】夏だ! 水着だ!? 海の日だ! 

    • 面白かった14
    • 面白くなかった7
    • コメント1
  • 2018年07月15日

“街の宝”を守るため、50年の歴史に幕。横浜中華街「重慶飯店別館」で最後のおもてなし

    • 面白かった31
    • 面白くなかった1
    • コメント2
  • 2018年07月16日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー

はまれぽ編集部のイチオシ

40年以上続く経験豊富で頼れる社会保険労務士事務所「社会保険労務士法人 横浜中央コンサルティング」

  • PR

地域密着医療をめざして、ネコがお出迎えしてくれる。横浜市戸塚区「かみくらた動物病院」

  • PR

アロマに癒される空間で、プロの手によるトータルケア。足裏を整えて、正しく歩くことで美と健康を叶える!

  • PR

価格、ボリューム、格式ばらない雰囲気・・・ 日本料理の“常識”を覆す名店「別亭空海」

  • PR

野毛の歴史を知り、温かな想いが宿る居酒屋さん。お1人様のカウンター利用から80名対応のお座敷宴会まで

  • PR

迷惑な営業電話は一切ナシ。鶴見区「有限会社関榮不動産」

  • PR

賃貸でもこだわりのマイホームを実現! 家族の健康を大切にしたお部屋探しなら「有限会社アーク・ケイ」

  • PR

天ぷらはもちろん、新鮮なお刺身や一品料理、そして日本酒も! 旬の味を気軽に楽しめる「天八」

  • PR

想像力をかき立てるカーディーラー、港南区「スズキ上永谷オートマン」

  • PR

横浜市内に笑顔増殖中! 陽気な外国人スタッフが家の困りごとを一気に解消「アミーゴ家事サービス」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • NHK総合テレビ『ダーウィンが来た!』で、戸塚駅周辺の柏尾川のウナギを取り上げていました。横浜市立飯...

  • 前島密の胸像が上に乗ってる御影石?の郵便ポストがキニナリます。信号待ちで、あまりに風変わりな郵便ポス...

  • 上大岡の京急百貨店側から渡る人から見て、カミオの隣にある商店街を抜けて真っ直ぐ進むと十字路があり、三...

あなたはどう思う?

横浜市内を通るよく利用する鉄道路線は?

最近のコメント