検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 奥湯河原で過ごす特別な週末
  • 3連休がいっぱい。横浜〜みなとみらいへ行こう。
  • 魅惑の桜木町・関内 〜もっと知りたい! 占いからグルメまで〜
  • 横浜元町におでかけしよう! 〜異国情緒あふれるエキゾチックな街〜
ピラニアと触れ合える!? リニューアルした八景島シーパラダイスで「怖可愛」を体感

ココがキニナル!

八景島シーパラダイスのアクアミュージアムが、25年ぶりにリニューアル。どんなところが新しくなった?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

アクアミュージアムは「五感体感LABO」となり、生物との触れ合いを楽しめる展示が大充実していた!

  • LINE
  • はてな

2018年07月13日

ライター:はまれぽ編集部

皆さんこんにちは、コツメカワウソです。
 


横浜・八景島シーパラダイスで皆さんと握手しています

 
ご存じでしょうか、金沢区の八景島シーパラダイスが2018(平成30)年5月に25周年を迎えたことを。そして開業当初からある水族館「アクアミュージアム」が、初の大規模リニューアルを遂げたことを。
 


好きなものはブランコです
 

今回は新しくなった水族館の魅力を皆さんにお伝えできればと思っております。なにとぞよろしくお願い申し上げます。



「五感体感LABO」が新たに出現!

・・・カワウソが可愛すぎて出だしから大嘘をついてしまった(筆者は身長181cmの人間♂です)。
はまれぽでは今回、7月12日に大規模リニューアルを遂げた八景島シーパラダイスに突撃取材を敢行!
 


めでたくオープンを迎えた施設の様子とは?

 
アクアミュージアムの新たなテーマ「五感体感LABO」とはいったいどういうことなのか? どのように変貌しているのか? 期待を胸に、各施設のオープン当日の様子をお届けしていく。

まずは常設展示を見ていこう。
 


11のテーマ(LABO)ごとに生物が展示されている

 
水槽などのハード面はあまり変化はないが、生態系を活かした展示方法にしたり、最新技術を用いた演出などを追加して、構成を大きく刷新。
ただ見て知識を得るだけではなく、生物の命を体感できるプログラムが用意されている。

例えば、新たに設けられた「LABO2『海の宝石 シェルリウム』」では、日本一の飼育展示種数を誇るウミウシや貝類が一堂に会し、鮮やかな姿を堪能できる。
 


これをスマホにかちっとはめて写真を撮ると・・・
 

大迫力のウミウシが撮影できた!(右が装着後)

 
さらに、人気を集めていたのが体験コーナー。なんとここではアコヤガイから本物のパールを、1000円(税込み・以下同)で採集することができるという!
 


「本当に本物?」と疑心暗鬼な人も

 
まずはケースの中のアコヤガイから自分の好きなものを選ぶ。どれを選べばいいのか迷っていると、係の人が「貝の大きさは真珠の大きさや色と全く関係がないので、おみくじ感覚で選んでください」と教えてくれた。かえって迷ってしまった(笑)。
 


チョイスした貝にぐぐっとバターナイフを挿入
 

貝柱を切るとパカっと開いた!

 
貝の中に真珠が見当たらず、ハズレか!? と動揺したが、きちんと事前にX線で調べているので、中身があるのは間違いないそうだ。
 


探したらちゃんとありました

 
思ったよりも粒が大きく、きちんとパールの色をしていて嬉しい。隣で体験中の方は青みがかった真珠をゲットしていて、これは一般流通にはあまり出回らない天然ならではの色らしい。
 


青っぽいものと白いものは大体半々くらいの割合とのこと
 

追加料金でネックレスなどへの加工もしてくれる

 
真珠の採取は非常に簡単な作業だが、どんな真珠が出てくるかわくわくして楽しい。今回は男気溢れる一人取材なのでそのまま持ち帰らせてもらったが、デートで訪れたら間違いなく体験・アクセサリー加工の流れになりそうだ。・・・なるといいな。

もちろんこれまで通り、人気の海獣や生き物たちも健在だ。LABO3ではアシカやアザラシが生き生きと泳ぐ姿を目撃できる。
 


水中で寝ているアシカがとんでもなくキュートだった
 

完全に寝ている(ちゃんと呼吸していました)

 
また、個人的にはペンギンがたくさんいたことも嬉しいポイント。
 


一列に並ぶサービス精神旺盛なオウサマペンギン
 

マゼランペンギンはぷっくりとしたおなかが愛らしい

 
LABO5にはアクアミュージアムの代名詞でもある大水槽「大海原に生きる群れと輝きの魚たち」が、よりパワーアップした海の光景を映し出している。
 


ライトアップされたマイワシの群れは大迫力

 


アクアチューブでもダイナミックな魚たちを堪能できる

 
LABO9『紺碧(こんぺき)の大海原を旅する生きものたち』には、みんな大好きなクラゲがこれでもかと展示されている。この部屋だけ体感温度が下がるような雰囲気で、夏場に見るクラゲのパワーを改めて感じた。
 


アカクラゲ(左)、ミズクラゲ(右)がゆらゆら。クラゲになりたい

 
すでに普通の水族館としては大満足なレベルだが、実はリニューアルの目玉はここから!
アクアミュージアム内に広がる海の生き物たちの世界を楽しんだあとに待ち受けているのが・・・。


可愛い生き物たちとひとつになれる!? シーパラの「森」に突入!
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

八景島シーパラダイスにできる新施設を一足先に徹底レポート!

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

八景島シーパラダイスの「普段は聞けない水族館ウラ話」

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

人気ドラマに登場したメニューも! ロケ地巡り2016年冬編! 

雨でも安心の屋内施設。安全に配慮した環境で、思いきり身体と頭を使って、夢中になれる遊びがいっぱい!

  • PR

有隣堂 週間BOOKランキング 8月2日(日)~8月8日(土)

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

新着記事

炎上ギリギリがモットー!? ふざけたサービス満載の三和交通の内部に迫る

    • 面白かった166
    • 面白くなかった8
    • コメント5
  • 2018年09月20日

磯子区杉田を自販機から見守る! 「ウメニー」っていったいなに?

    • 面白かった71
    • 面白くなかった5
    • コメント1
  • 2018年09月21日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
3連休がいっぱい。横浜〜みなとみらいへ行こう。
魅惑の桜木町・関内 〜もっと知りたい! 占いからグルメまで〜
横浜元町におでかけしよう! 〜異国情緒あふれるエキゾチックな街〜

はまれぽ編集部のイチオシ

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

横浜屈指のパワースポットを目指して、眺望も楽しめる「LM総合法律事務所」

  • PR

人間力を重視し将来に役立つ力を育てる年中~小学生のサッカースクール。仲間と楽しみながら基礎技術向上!

  • PR

港町・横浜のシンボルで思い出に残る最高のウエディングを!訪れるたびに感動が甦る「横浜マリンタワー」

  • PR

龍馬の妻、おりょうゆかりの老舗料亭! 1863(文久3)年から歴史を重ねる「田中家」

  • PR

マンガ読み放題!? 高速ドライカットがイチオシの“コミックカフェ” みたいに寛げる「re:mix」

  • PR

イヌやほかのペットとフロアが違うから、ちょっぴり神経質なネコも安心! 「新横浜動物医療センター」

  • PR

腰痛で悩んでいる人は必読! 腰の痛みを改善するには生活習慣や体質も変えなきゃいけないって知ってた?

  • PR

バイクのことならなんでもお任せ! 地域密着がコンセプトの「カスタムショップ サカイオート」

  • PR

夢のマイホームをセミオーダーで建てる。戸建に関するすべてに自信があります!「株式会社横浜建物」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 横浜市と川崎市の市境を挟んで整然と区画された二つの町があります。平安町(横浜)と京町(川崎)。両町の...

  • 京急が創業120周年を記念して、駅名変更を検討しているそうです。ひとまず、川崎市の産業道路駅の変更は...

  • 横浜市内に『筒香』さんというめずらしい名字の方は何人いるかな?やはりベイスターズファンかな?キニナル

あなたはどう思う?

横浜で紅葉を感じるならどこ?

最近のコメント