検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
  • はまれぽ.com無料掲載について
横浜の「魔の池」、川崎の「綱下げの松」・・・各地に残る災害の言い伝えとは

ココがキニナル!

相模川で鮎が大漁♪と嬉しいニュースと思いきや、昔からの言い伝えで「鮎が大漁の時は大地震がある」と地元では複雑な気持ちだそう。他にも都市伝説的な言い伝えを調べて下さい。(ホトリコさん)

はまれぽ調査結果!

県内にも多く残されている地震や水害に関する言い伝えや伝承。今もゆかりが残る伝説や、「信ぴょう性がある迷信」も?

  • LINE
  • はてな

2018年07月26日

ライター:はまれぽ編集部

ナマズが騒ぐと地震が起きる、という言い伝えは、聞いたことがある人も多いだろう。これは地域問わず、全国的な伝承と言えるかもしれない。

一方で、「鮎が大漁の時は大地震」という話は、筆者は初めて耳にした。
 


おいしいから歓迎! というわけにもいかない?(過去記事より)
 

全国各地で語り継がれている伝承は、実際の災害を元に教訓が言い伝えられたと考えられるものも多く、いわば長きにわたる「ビッグデータに基づく迷信」だ。

実は総務省消防庁では、民間伝承を防災に生かそうと各地域に残る資料を整理して一般に公開している。
 


全国から収集した資料は一見の価値あり(画像:
総務省消防庁HP

 
一方、こちらの資料では横浜市内の言い伝えは掲載されていないなど、網羅しきれていない伝承もある。
今回は編集部で調査した伝説も含めて、ポイントとなるものの内容をまとめてみよう。



地震に関する言い伝え

・ネズミが騒ぐと地震が来る(平塚市)

地震に関する言い伝えは、動物にまつわるものが多い。
平塚市には、「ネズミが騒ぐと地震が来る」「ナマズが動き出すと地震が起こる」といった伝承が伝わっている。
 


地震を起こすと伝えられてきた(フリー素材より)
 

これは相模川の鮎の言い伝えにも通じるところがあるが、人間には感じ取れない地震の前兆を、動物たちが感知していることを昔の人たちは理解していたのかもしれない。

ちなみに、平塚市では地震が起きた時に唱える呪文もある。「くわばら、くらばら」はよく知られている災難除けの呪文だが、地震の際には倒れるものが少ない竹やぶに逃げながら、「マンダラッコ、マンダラッコ」「まんぜー、まんぜー」といった呪文を唱えていたという。
 


桑畑は雷が落ちにくいとされた(フリー素材より)

 

・やすで虫がたくさん落ちるときは地震あり(三崎地方)

こちらはヤスデ(ムカデに似た節足動物)の大量発生や異常行動を地震の前兆とする言い伝え。
ヤスデは落ち葉や菌類を分解する役割を持った虫で、なかなか街中では見掛けない。こうした自然の生き物から災害の予兆を知ることは、現代では難しくなっているのかもしれない。
 


目撃したらそれどころではなさそうだが・・・(フリー素材より)

 

・巽の風は良くない(綾瀬市)

巽(たつみ)とは東南の方角を指す。この伝承の背景には、1923(大正12)年9月の関東大震災が起きた時、東南方向に入道雲があったという教訓があるという。
綾瀬市では「辰巳(巽)風はアク風」という、台風襲来時に東南からの強い風が家を潰したことを教訓とする伝承もあるなど、「凶事がやってくる方角」と捉えていたようだ。

 

京橋の第一相互ビルヂング屋上より見た日本橋および神田方面の惨状

 


水害への備え

・横浜市西区にあった「魔の池」

やはり多いのが、水害にまつわる言い伝え。特に昔話のように語り継がれる中に、教訓が含まれることがあるようだ。横浜にも、神奈川区に未亡人の河童が現れて、夫の皿を渡す伝承などが残されている。

そして西区西戸部町には、大正の終わりまで直径100メートルの「魔の池」と呼ばれる用水池があったという。
 


用水路は高台の市立西中学校と、低地の民家の間にあったそうだ

 
言い伝えによれば、昔とある美人の娘が嫁いだが、別に情夫がいたために夫を殺し、この池に沈めた。その後は情夫と暮らしていたが、この男にも飽きて別の男と浮気。不貞を知った情夫は女を殺し、死体とともに池に沈んだ。それを知った浮気相手も池に身を投げてしまった。
しばらくして4人の死体が一度に浮かび上がり、大騒ぎになったという。

以来、その池の土手を歩いていた男が池の中に引きずり込まれることが相次ぎ、「魔の池」として恐れられた。
 


現在の西戸部町。池の面影はない

 
夜間などに足を取られやすい水辺を歩く危険を伝えるための言い伝えだったと考えられる。
だがその後、1920(大正9)年の大豪雨で「魔の池」ががけ崩れによって決壊し、20戸を半壊し19人が死亡する大惨事を起こした。

こうした歴史があったことも、今でも伝説が語り継がれる一因かもしれない。


洪水から人々を救う亀や白蛇

 

おすすめ記事

横浜市庁舎の屋上にある不釣り合いな塔、移転したらどうなる?

物件購入後もサポートしてくれる! 二俣川の「株式会社ハッピーハウス」

  • PR

草木に覆われる瀬谷区・旭区の「上瀬谷通信施設」跡地の現在。どのような施設だった?

さまざまな場面で最大限の便宜を図る、港北区日吉の不動産屋さん「エス・ケーホーム株式会社」

  • PR

大雪から一夜明けた横浜市。今後の冷え込みや路面凍結に要注意!

年中無休体制、本当に「手厚い」ケアができる「ベルジェ動物病院」

  • PR

港北区の通称「おじさん公園」にいる楽器を持った謎のおじさんの銅像の正体は?

塗装業界ではレアなショールームを開設! 見て・触って・選べる外壁塗装の専門店「ダイレクトハウス」

  • PR

新着記事

マグロ味のかき氷! 三浦市「たかなし商店」で変わり種かき氷を食べてみた

    • 面白かった36
    • 面白くなかった5
    • コメント1
  • 2018年08月15日

海の水上バイク、どうやって取り締まる? 海水浴を楽しむために必要なこととは

    • 面白かった1
    • 面白くなかった0
    • コメント0
  • 2018年08月16日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
はまれぽ.com無料掲載について
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽで記事を書きたい人集ま〜れ

はまれぽ編集部のイチオシ

産前・産後、育児の悩みに応えます。出産と育児を楽しんでもらうためのサポートをする「みやした助産院」

  • PR

野毛の歴史を知り、温かな想いが宿る居酒屋さん。お1人様のカウンター利用から80名対応のお座敷宴会まで

  • PR

価格、ボリューム、格式ばらない雰囲気・・・ 日本料理の“常識”を覆す名店「別亭空海」

  • PR

おひとりさま大歓迎!!スタッフの“おもてなし”も自慢の「浪漫亭 東白楽店」

  • PR

杉田駅直結! ジム&スタジオで体を動かし、岩盤浴で至福のリラックスタイムを「ロコスポーツ杉田」

  • PR

企業のヒトにまつわる問題解決を担い、企業の長期発展とともに笑顔をもたらす「横山社会保険労務士事務所」

  • PR

エアコンによる悩みを解消、一度使ったら必ず欲しくなる世界初・横浜発「ハイブリッドファン」を生んだ企業

  • PR

お気に入りの紅茶がきっと見つかる、横浜元町老舗の紅茶専門店「ラ・テイエール」

  • PR

年中無休体制、本当に「手厚い」ケアができる「ベルジェ動物病院」

  • PR

10分100円で車をレンタルできる!?横浜市緑区で地域密着の「100円レンタカー」が安すぎる!

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 横浜市民の「横浜あるある」をネタにしたLINEスタンプ「LOVE横浜 ハマたん」が、販売された。キャ...

  • 平塚市大神地区にある厚木市との飛び地が気になる。なぜか、厚木方面に入った川伝いの一箇所だけが平塚市大...

  • 新しい箱根海賊船は、水戸岡鋭治が手がけることになりました。岡部憲明氏でなくて何故水戸岡氏なのか?小田...

あなたはどう思う?

8月中もまだまだ行われる花火大会。どの花火大会を見る?

最近のコメント