検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?
白い砂浜、ハンモック、食事にお酒・・・。横浜赤レンガ倉庫で海外旅行を疑似体験!

ココがキニナル!

横浜赤レンガ倉庫で世界の旅を体感できる「Red Brick JOURNEY」が開催中。その魅力とは?(はまれぽ編集部のキニナル)

  • LINE
  • はてな

2018年07月29日

ライター:はまれぽ編集部

南国アマゾン川サバンナアメリカ西海岸・・・。横浜赤レンガ倉庫の夏休みといえば、イベント広場にさまざまな「異国」が出現する「Red Brick RESORT(レッド ブリック リゾート)」が風物詩となってきた。
 


2016(平成28)年のテーマは「中南米」だった

 
これまで7回にわたり、「国や地域」を合言葉に各国のリゾートをテーマにしてきたこの催しだが、今回はさらにコンセプトを進化した「Red Brick JOURNEY(レッド ブリック ジャーニー)」となって帰ってきた!

2018(平成30)年7月28日から30日間開催される今年のイベントでは、「JOURNEY/夏の旅行」をテーマに、特定の国にとらわれない旅の空間が赤レンガ倉庫に広がっている。
 


まるでロードムービーの一幕!
 

本物の旅のようなワクワク感

 
会場内には砂浜やテント、ブランコなどが非日常を演出し、旅先でのひとときのようにリラックスした雰囲気が楽しめる。
 


真っ白な砂浜でブランコにゆられたり
 

ハンモックで居眠りすることもできてしまう

 
今回のデザイン設計は、さまざまな施設の植栽プロデュースを手掛けるプロ集団「SOLSO(ソルソ)」が担当。会場の入り口にはイラストレーターの「SAUDA」氏が書き下ろした巨大なコンセプトアートがお目見えし、旅の特別感に花を添えている。
 


SAUDA氏(右)と、株式会社横浜赤レンガの五十嵐光春(いがらし・みつはる)社長
 

7月27日のプレビューではライブペインティングでイラストを完成させた

 
そして、旅の楽しみと言えばやっぱり食事。今回の「Red Brick JOURNEY」では、コンセプトや運営が異なる3ヶ所の飲食ブースで、趣向を凝らしたメニューを味わうことができる。

「世界を旅するキャンピングカー」をモチーフにした「RED BRICK GRILL WAGON」では、野性味あふれる肉料理やアイスキャンディーのドリンクが登場。
 


ワイルドな雰囲気が魅力
 

ガッツリいきたいなら「ミートグリルプレート(2800円/税込み・以下同)」で決まり!
 

「ICETACHEアルコールドリンク(ブルーベリー×ラムコーク、1000円)」

 
続いて世界の空港やフリーウェイの休憩所をコンセプトにした「WORLD DINING BAR LECKER」では、各国の料理が垣根を越えて融合したメニューが登場。
 


アジアンテイストが楽しみたいならここ!
 

「エスニックパクチーヌードル(850円)」は大量のパクチーがあふれる

 


「坦々風CURRY(1000円)」は辛さが癖になる味わい!

 
島国のアイランドビーチバーをテーマにした「SCREW DRIVER」では、海岸で楽しみたいランチボックスやインパクト大のスイカモヒートが登場!
 


アルコールの品ぞろえはピカイチ!

 


「ビーチボックス・ロコモコ(1500円)」。こんなお弁当をもって出掛けたい・・・
 

「スイカ メガモヒート(5000円)」はなんと6~7人分の量!
 

世界の味が赤レンガ倉庫に集結中!

 
また、会場内では旅の思い出をモチーフにしたお土産を作ることができるワークショップも開催。花々と一緒に思い出の品を入れる「ハーバリウム」や、天然水晶とアイテムを瓶に封じ込める「ハピネスボトル」を作り、赤レンガ倉庫の思い出を持ち帰ることができる。
 


夏の思い出を封じ込めれば最高の宝物になりそう

 


取材を終えて

旅をテーマにした非日常空間では、過去の旅の記憶が蘇ったり、新しい旅への思いが沸き上がること請け合いだ。

夏だし旅行に行きたいな、でもお金も掛かるしどこも混んでいるし遠出はちょっと・・・というときに、気軽に世界のリゾートを体感できるありがたいイベント。

猛暑や悪天候でなかなか休日気分にはなれない日が続くが、「Red Brick JOURNEY」は8月26日まで開催中。この夏は横浜で旅の気分が味わえるフードと寄り道を楽しんでみてはいかがだろう。
 


「ちょっとビーチで一杯」という最高の体験も!

 

ー終わりー


 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする

おすすめ記事

横浜が開国港として選ばれたのはなぜ?

特典あり

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

【プレイバック】はまれぽライブラリー(2012年12月25日~12月31日)

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

みなとみらいは昔、どんなところだったの?(後編)

特典あり

屋形船って2人でも乗れるの? 「屋形船すずよし」で横浜みなとみらいの夜景を満喫してきた

  • PR

日程が変更となった今年の「横浜開港祭2013」、オススメイベントは?

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

こんな記事も読まれてます

横浜で唯一のワイナリーが新山下に! 「ハマワイン」に込められた思いとは?

横浜でよく見かけるクリスマスツリーって、いつ撤去されるの?

神奈川区の遊び場、通称「こうもり山」の山頂には何があった?

【編集部厳選】文明開化の味がする!? 横浜発祥グルメ特集!

【I☆DB】ファイナルステージ進出決定! ハマスタに訪れたファンの様子は?

今日のアド街ック天国は「江の島」! 放送前に「江の島」のキニナル情報をチェック!

横浜でバラを楽しめるオススメスポットは?

横浜が開国港として選ばれたのはなぜ?

新着記事

はまれぽ編集部のイチオシ

駅前なので通院に便利! 明るい雰囲気で小さな子どもからお年寄りまで、誰もが気軽に受診しやすい歯科医院

  • PR

【動画あり】メルセデスAMGなど新型車両をはじめ13台展示のショールーム。横浜中華街から歩いてすぐ!

  • PR

白楽の地にて24年。「信頼と信用、約束は必ず守る」を大切にする「株式会社ユナイト」

  • PR

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

  • PR

自分らしく輝けるヘアスタイルを! ゆったりと素敵な時間を過ごせる「Hair Design Will」

  • PR

「つながりからコトが生まれる」がキーワード! 自社事業を地域貢献につなげる「株式会社太陽住建」

  • PR

糖尿病を始めさまざまな疾病に対して豊富な知識と経験から最適な治療を見出す「陽和クリニック」

  • PR

マンガ読み放題!? 高速ドライカットがイチオシの“コミックカフェ” みたいに寛げる「re:mix」

  • PR

「勉強は楽しい!」と皆が感じる空間に成績アップの秘訣あり。学習塾「FULLMARKSセンター南」

  • PR

法律のプロ(将棋も?)三浦修弁護士に、知っておくと便利な法律を教えてもらった

  • PR

最近のコメント

アクセスランキング