検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 奥湯河原で過ごす特別な週末
  • 3連休がいっぱい。横浜〜みなとみらいへ行こう。
  • 魅惑の桜木町・関内 〜もっと知りたい! 占いからグルメまで〜
  • 横浜元町におでかけしよう! 〜異国情緒あふれるエキゾチックな街〜
東神奈川の傾いた家がついに解体!?

ココがキニナル!

2014年に調査した東神奈川の傾いた家が「空家対策特別措置法」により、市内初の略式代執行となる?(はまれぽ編集部のキニナル)

  • LINE
  • はてな

2018年09月07日

ライター:はまれぽ編集部

2014(平成26)年に調査した、東神奈川の「家の半分が川に突き出ている家」が、ついに解体に向けて動き始めた。
 


2014年9月取材時


2017年11月取材時


2018年9月6日取材時

 
東神奈川の二ッ谷の交差点にある京浜急行線高架下をくぐり、川下方面へ向かう道すがら(神奈川本町)にその家屋はある。
 


現在は人が近付かないようにバリケードが設置されている

 
横浜市は2016(平成28)年3月に傾いた家の情報提供を受け、所有者の調査や劣化状況の確認、当時居住していた賃借人への対応を開始。2017(平成29)年3月には賃借人が転居して空き家になっていた。

建築局建築指導課によれば、同家屋は1945(昭和20)年に建てられた、地上2階、延床面積39.66平方メートルの木造家屋。
年月をかけて、徐々に河川側へ越境・傾斜していった家屋は、2018(平成30)年6月27日の強風により、出入り口部分が外れて歩道側に落下。幸いにも怪我人はおらず、ガラスの飛散などもなかったという。
 


2017年11月の取材時

 
部材の落下は住民からの通報により発覚。横浜市はすぐに建物入口に立ち入り禁止の黄色いテープを巻き、建物の前に青いバリケードを設置したそうだ。
 


2018年9月6日時点

 
建築局建築指導課の調査によると、入口部分が外れたことで建築物内への雨水や風が流入し、建物の劣化が急速に進行している状況。
傾いた家に面した歩道は通学路として利用されており往来が多い。さらに歩道の幅員が狭く、万が一建物の部材が落下した際に通行人への危害が及ぶおそれがあるため、7月に「特定空家」に認定された。
 
 
 
その深刻さを10ヶ月前と比較
 
2017年11月に取材した時と比べると、事態の深刻さは明らか。現在の様子に唖然とした。
 


左が2017年11月、右が2018年9月6日の写真

 
もはや、隣の建物に寄りかからなければ現状を維持できないようだ。
 


隣家はこれ以上の傾きによる被害を必死で食い止めている?


この状態で建っているのが不思議なくらい

 
建物が完全に地盤から浮き上がっているということは、河川側への侵入も進行しているはず。河川側から見てみると、その危険度は一目瞭然だった。
 


左が2017年11月、右が2018年9月6日の写真


以前あったテレビのアンテナはなくなり、木造のベランダは完全に崩壊している

 
また、前回の取材時にほのかに残っていた生活感は消えていた。自然にどこかへ消えてしまったのか、誰かが持っていったのかは定かではない。
 


衛生面や防犯面でも、いち早く対応してほしい

 
この深刻な状況を解決すべく、市は8月に「空家等対策の推進に関する特別措置法」第14条第10項に基づいて略式代執行の方針を決定。
10月12日までに所有者による解体がなされない場合は、略式代執行を実施すると9月5日に記者発表した。

建築局建築指導課によると、代執行にあたってはあらかじめ市庁舎掲示板への掲示、横浜市報への掲載を行い、履行期限を過ぎた段階で手続きを開始するそうだ。その場合、解体時期は11月を想定しているという。
 


空き家への代執行が行われることになると、横浜市では初めての事例となる

 
また建物の所有者と土地の所有者は別で、登記上の建物所有者は国外へ転籍しており、通知文書の返信はなかったという。親族や土地所有者などからの調査を通じても連絡がとれず、所在は不明とのこと。
 


事故が起こることなく、無事に解体まで進むことを願う

 
 
 
取材を終えて
 
この河川沿いで、傾いた家はこの家屋だけではない。ほかにも危険な状態に見える建物はある。
 


同レベルの危うさを感じる

 
こちらの建物について建築局建築指導課は、「河川側の老朽化は確かに危険な状態です。しかし、歩道側に関しては整備されています。今後の対応はもちろん必要ですが、今回のケースの方が緊急性は高いです」とのこと。
 


歩道側の様子

 
表面上では何とか家屋としての趣があるものの、ちょっとした強風であっという間に倒壊してしまうくらいの脆さを感じた。問題が見えないふりをして、何か起こってからでは遅い。
はまれぽでは、今後も進捗状況を追っていく。
 
 
ーおわりー
 
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 解体後、法的にはこの家の登記等はどうなるんでしょう。次の記事ではそこまで追ってほしいな。

  • 東京DEEP案内に掲載された通り、
    この辺りはプチコリアンタウンです。
    所有者が国外にいるということは
    そういうことなのでしょう。
    自分の収めた税金が違法建築の撤去
    費用に使われるのは大変腹立たしいです。

  • 建築当時の川沿いに住んでて「建物所有者は国外」ってことは、多分あの国で根深い問題が裏にありそうな雰囲気ですね。

もっと見る

おすすめ記事

18区役所完全制覇!横浜駅からサイクリングできるのか?(後編)

不動産の「困った 」を総合的に解決。 有効活用への道を開く「日経管財株式会社」

  • PR

デニーズ1号店も! 43年の歴史に幕を閉じた「イトーヨーカドー上大岡店」最後の瞬間をレポート!

夢のマイホームをセミオーダーで建てる。戸建に関するすべてに自信があります!「株式会社横浜建物」

  • PR

横浜で宝くじが一番当たる店ってどこですか?

EDやAGAのこと、こっそり相談できるスマホ診察にも対応した、国内正規薬のみを取扱うクリニック

  • PR

ドヤ街の簡易宿泊所で少女の死体が見つかった事件、その詳細は?

物件購入後もサポートしてくれる! 二俣川の「株式会社ハッピーハウス」

  • PR

新着記事

らぁ麺ランナーズ! 藤沢の「鴇(TOKI)」店主、第四走者・横山巧

    • 面白かった35
    • 面白くなかった1
    • コメント1
  • 2018年09月22日

【編集部厳選】昨日のアド街ック天国は「横浜」! はまれぽも横浜発祥の文化をご紹介!

    • 面白かった32
    • 面白くなかった1
    • コメント0
  • 2018年09月23日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
3連休がいっぱい。横浜〜みなとみらいへ行こう。
魅惑の桜木町・関内 〜もっと知りたい! 占いからグルメまで〜
横浜元町におでかけしよう! 〜異国情緒あふれるエキゾチックな街〜

はまれぽ編集部のイチオシ

ステッカーの制作現場に潜入! ノベルティや看板の制作なら井土ヶ谷の「株式会社グランド」

  • PR

「勉強は楽しい!」と皆が感じる空間に成績アップの秘訣あり。学習塾「FULLMARKSセンター南」

  • PR

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

過酷で繊細な作業で産業廃棄物を大幅削減してリサイクル。環境問題の解決へ力を尽くす「ホマレファースト」

  • PR

チキン南蛮や炭火もも焼きをはじめ、地元出身者が納得する宮崎料理を味わえる「いっちゃが横浜関内店」

  • PR

憧れの湘南ライフの総合プロデューサー 「湘南海辺不動産株式会社」

  • PR

想像力をかき立てるカーディーラー、港南区「スズキ上永谷オートマン」

  • PR

フリーな独立系だからこそできることがある。正しい情報発信に取り組むカーディーラー「株式会社エイト」

  • PR

レアなストレッチジム「five」で身体を整えトレーニング効率アップ。ホットヨガ専用のフロアも完備! 

  • PR

独自メソッドで楽しく習字! 幼児でも汚さず書ける“水の毛筆”で字がきれいに!「ふでともかきかた教室」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 着々と準備が進んでいる相鉄の都心直通プロジェクト、「京王ライナー」や「S-TRAIN」のような座席指...

  • LAやマンハッタンで大人気のウマミバーガー。日本での2号店が横浜の、それも最大競合のシェイクシャック...

  • 横浜市と川崎市の市境を挟んで整然と区画された二つの町があります。平安町(横浜)と京町(川崎)。両町の...

あなたはどう思う?

横浜で紅葉を感じるならどこ?

最近のコメント