検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 奥湯河原で過ごす特別な週末
元町通りの入り口にある「元町プラザ」の歴史・・・横浜開港にさかのぼる背景とは?

ココがキニナル!

元町プラザはどこか年季があり、独特な雰囲気を感じます。少なくとも80年代にはあったのかと思います。元町プラザの歴史が知りたいです(ossangenerateさん)

はまれぽ調査結果!

1972(昭和47)年に完成した元町プラザは、外国人墓地を提供した増徳院というお寺の跡地に開発された。併設のマンションとともに、元町の活性化を支えてきた

  • LINE
  • はてな

2018年10月02日

ライター:はまれぽ編集部

「元町プラザは昔、お墓だったらしいよ」。元町で地元の方と話した際、元町プラザに関してそんな「うわさ」を耳にした。確かに、元町1丁目のすぐ裏手は外国人墓地。元町プラザもかつて墓地だったとしても、不思議はない。

果たして真相はどうなのだろうか。早速現地で調査を開始した。

みなとみらい線元町・中華街駅から徒歩1分、メイン通りである元町ショッピングストリート(元町通り)の入り口に、元町プラザは鎮座している。
 


この日の元町は「チャーミングセール」で大賑わいだった

 
地上3階建ての同施設には、ファッションやインテリアのお店がずらりと並ぶ。建物には年季を感じさせる部分もあるが、店舗は老舗だけではなく、最新トレンドの店もあり、独特な雰囲気が漂っている。
 


洗練された元町通りとは一線を画す、不思議な空間(1階部分)
 

新しいお店は、店名のシールも真新しいようだ

 


空きテナントも多く、元町通りに比べると利用者は少ない
 

テナントの入れ替わりが激しいようだが、お店への聞き込みの結果、元町プラザで2番目の老舗を紹介していただけることに。さっそく足を運んでみた。
 


1978(昭和53)年に開業の「ブティック YOMO」さん

 
「YOMO」さんは2018(平成30)年9月に40周年を迎えた。
オーナーによれば、そのころはすでに元町プラザも営業しており、「建物ができて少し経ったころに店をオープンさせました」とのこと。

お店の方は当時のことをよく覚えているそうで、「私たちが子どものころ、ここはお寺だったんですよ。小さな丘になっていた土地を切り崩して元町プラザを建てたんです」と話してくれた。裏にあるマンションも同時に建てられたそうで、当時はまだ珍しいエレベーター付きのマンションは、強く印象に残っているようだ。
 


元町プラザの裏手に併設されたマンション。こちらも当時のままの姿だ

 
開業当時はそうした珍しさもあり、流行の発信地でもある元町で注目を集める建物だったらしい。だが現在は「95%のテナントが入れ替わってしまう。新しいお店が入ってもすぐにいなくなっちゃいますね」という。

そんな元町プラザ周辺が一番にぎわいを見せていたのは、2004(平成16)年にみなとみらい線が開通したころのこと。
 


元町・中華街駅の入り口は、元町プラザからすぐ近く

 
オーナーは「開業した当時、ここはJR石川町駅から元町の通りを歩いてくる『出口』で、自動車も一方通行。5丁目方面から来る人しかいませんでした。ところが、元町・中華街駅ができて、港側が元町の『入り口』になった。それまでは、夜になると人通りも少なくなって、寂しいものでした」と振り返る。
 


テレビ番組で紹介された直後ということもあり、いまの元町はどこもかしこも大賑わい

 
元町・中華街駅の開業以前とそれ以後では、元町プラザのある1丁目周辺の様子も大きく違っていたようだ。
 


元町プラザ2階デッキから元町通り(JR石川町駅方面)を望む

 
一方で、キニナルのがこの元町プラザができる以前にあったというお寺。当時の雰囲気はどのようなものだったのだろう。

今回は、横浜開港当時から代々元町に住み、元町自治運営会の前理事長でもある杉島和三郎(すぎしま・わさぶろう)氏に、お話を伺うことができた。


プラザの背景は開港の歴史にもさかのぼる!?
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

創業57年、元町の老舗スーパー「もとまちユニオン」の歴史を

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

中村川は元町と山下町を分けるためにできたって本当?

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

日本初、そして世界初!? 元町に出現したコンテナビルの正体は

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

はまれぽヒストリー! ○年前の今日はどんな記事?(11月26日)さようなら、市営バス最後の大型ツーステップバス

雨でも安心の屋内施設。安全に配慮した環境で、思いきり身体と頭を使って、夢中になれる遊びがいっぱい!

  • PR

新着記事

神奈川県がワインの生産量日本一って本当? その理由とは

    • 面白かった143
    • 面白くなかった0
    • コメント1
  • 2018年10月15日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

これが解けたら超天才!? 「啓進塾 日吉校」から寄せられた偏差値65の中学受験問題が難しすぎる!

  • PR

放課後はアメリカへ!ネイティブ講師が教える学童機能付き英会話スクール「キッズパスポート」

  • PR

労働環境改善から社員の意欲向上、業績アップへ! 助成金や雇用などを気軽に相談できる心強い存在がここに

  • PR

患者さんの痛みと向き合い、快方へと導く確かな腕。泉区「白百合治療院」

  • PR

看板犬も人気のお店!元町5丁目にあるヘアサロン「aimable aime(エマーブルエメ)」

  • PR

夢のマイホームをセミオーダーで建てる。戸建に関するすべてに自信があります!「株式会社横浜建物」

  • PR

VIOも腕、脚も。ハードワックスとソフトワックスを使い分けるブラジリアンワックス脱毛でつるすべ肌に!

  • PR

職人の味を気軽に味わう! お祝いにも、いつもよりちょっと特別な時も、みんなで行きたい「松葉寿し」

  • PR

フリーな独立系だからこそできることがある。正しい情報発信に取り組むカーディーラー「株式会社エイト」

  • PR

野毛に新たな焼き鳥の名店出現。笑顔の華咲く「華蔵」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 横浜市の指示通り、プラごみの分別を徹底していますが、そのプラごみが結局どうリサイクルされているかは誰...

  • 今年も小机城趾市民の森にて10月27日(土)に17時~20時に竹灯籠まつりが開催されます。5,000...

  • 関内にある梅香亭が閉店してから、かなり経ちますがまだ店が時間止まったように建物ごと残っています。なる...

あなたはどう思う?

仮装して、どのハロウィンイベントに参加する?

最近のコメント