検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 【神奈川の企業さまへ】はまれぽで求人募集しませんか? 建築系・物流(ドライバー)系の企業さまを大募集!
  • イチオシ「住む」バナー
  • ホワイトデーは◎倍返し・・・!? 困ったときの「はまれぽイチオシ店」
鍋と日本酒は一人でだって楽しめる!? 『酒処 鍋小屋2019』が横浜赤レンガ倉庫に出現!

ココがキニナル!

恒例となった横浜赤レンガ倉庫のイベント「鍋小屋2019」。今年の様子はどんな感じ?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

今年は「酒処 鍋小屋」として100銘柄の日本酒を用意! みんなで楽しむ「作る鍋」のほか一人でも堪能できる「一杯鍋」がたっぷり用意されており、ふらりと立ち寄れるリピート必至の楽園

  • LINE
  • はてな

2019年01月19日

ライター:はまれぽ編集部

信じられないくらいに寒い毎日が続く中、横浜赤レンガ倉庫に恒例となったイベントがやってきた。
そう、広場で本格的な鍋が楽しめる「鍋小屋」が、2019(平成31)年も開催される! というわけで、はまれぽでは1月18日から始まった鍋小屋を早速体験してきた。

 

初日はこれ以上ないほどの晴れ、だけど風が寒い寒い!

 
赤レンガ倉庫に向かうみなとみらいの道のりは、海風が吹きすさび昼間でもとんでもない寒さ・・・。身を縮こませながら、鍋から立ち上るあたたかな湯気の妄想だけを頼りに会場へたどり着く。

赤レンガ倉庫のイベント広場に出現したテントは、広場全体をそっくり包み込んでいる。そしてその中には、昭和レトロな赤ちょうちんが立ち並び、懐メロが響き渡る情緒ある空間が広がっていた。
 


床は広場のままなのだが、屋内としか感じられない
 

外から見た様子

 
「鍋小屋」は今年で4回目。冬の風物詩でありながら、毎年新しい試みも行われているのが特徴だ。今年は「酒処 鍋小屋2019」と題し、全国各地から厳選された日本酒100銘柄以上が勢ぞろいしている。
鍋と日本酒・・・。これに心ときめかないはずがあろうか。

 

デデン、と100種類が登場

 
まずは横浜赤レンガの五十嵐光晴(いがらし・みつはる)代表取締役社長をはじめ、主催者らによる鏡開きで2019年の鍋小屋がスタート!
 


ぱっかーん、と開いた
 

そして振舞われる樽酒!

 
この日は鍋小屋の初日を記念して、小西酒造の「白雪樽酒」が先着300人で振舞われるという、文字通り大盤振る舞いのサービスも。会場間際から、長蛇の列ができていた。
 


日本酒を打ち出した今回のイベントらしいサービスだ

 
そう、今回の鍋小屋で鍋と並ぶ主役なのが「日本酒」。各店舗で用意した全国各地の日本酒ラインナップだけでなく、お酒を存分に堪能できるシステムも用意されている。
 


ちょい呑みセットなら、1500円(税込み・以下同)で3杯飲める

 
平成31年幕開けの鍋小屋ということで、31種類の日本酒の中から3種類を飲むことができてオリジナルお猪口がついた「ちょい呑みセット」が登場。毎日先着100名限定ということで、初日も申し込みの行列ができていた。
 


「ちょい呑み」って単語の響きが既に魅力的

 
さまざまな日本酒が飲み比べられるという魅力もさることながら、お猪口のデザインがなかなかかっこいい。このお猪口欲しさにちょい呑みの旅路へと出かけてしまいそうになる。
 


もちろんイベント限定のデザインだ

 
一方、お鍋だって日本酒に負けてはいない。昨年と比べると「作る鍋」のシステムは分かりやすくなっており、誰でも気軽に鍋(とお酒)を楽しむことができる。早速今年のおすすめメニューを見ていこう!



見た目もおいしさも譲れない! 「作る鍋」エリア

「自分で作る鍋」は、会場の一番奥のスペースで、アツアツの鍋メニューを土鍋でいただく、居酒屋のようなスタイルのエリア。今年は6種類の鍋から選ぶことができ、全国各地の名産物を盛り込んだ「ご当地鍋」と、見た目のインパクトが大きいフォトジェニックな「ジェニ鍋」が用意されている。
 


こちらはご当地鍋の一つ、「あんこう鍋」(1人前2480円、写真は2人前)

 
複数人で鍋を囲めば心も通う。運ばれてきた出汁の中に、野菜やアンコウを投入して、自分たちだけの鍋を作るのだ。
 


まずは野菜を入れていく。そして主役の・・・
 

アンコウをてんこ盛りに! なかなかのボリュームだ

 
一方、「ジェニ鍋」の方は最初から店員さんが盛り付けを行ったものを席まで運んできてくれる。その理由は、見れば分かるはず・・・。
 


これは素人には難しい!
 

こちらは「激辛坦々豚スタミナ鍋(1人前1980円、写真は2人前)」。写真を撮れば思い出になること間違いなしの、インパクト重視のお鍋だ。
 


ご当地鍋4種、ジェニ鍋2種が用意されている

 
どのメニューも間違いなくおいしい具材が揃っている。しかし「作る鍋」はボリュームもあり、一日に何杯も食べられるものではない。せっかくの機会なのでジェニ鍋にトライするか、おいしさ重視でアンコウやしゃぶしゃぶを押さえておくか・・・悩ましい選択になりそうだ。


一人でも団体でも鍋が食べたい!
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

横浜赤レンガ倉庫で開催中の「鍋小屋」の様子は?

手作りの優しさに包まれて、ゆっくりとティータイムを。気軽にチョークアートを体験できるのも魅力!

  • PR

6300通りの組み合わせが楽しめる横浜赤レンガ倉庫の「鍋小屋

野毛の歴史を知り、温かな想いが宿る居酒屋さん。お1人様のカウンター利用から80名対応のお座敷宴会まで

  • PR

2018年も赤レンガ倉庫に「鍋小屋」が出現! 続く寒さを乗り

訪れた誰もがきっと笑顔に! 日常を豊かにする、本場の味。焼肉店「金城園」

  • PR

【編集部厳選】横浜名物の鍋料理はある? あったか~いお鍋を食

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

新着記事

神奈川県内唯一の手焼きたい焼き移動販売「一丁焼このは」。手作りあんことパリパリ薄皮が絶品!

    • 面白かった75
    • 面白くなかった3
    • コメント3
  • 2019年02月22日

横浜の変わった地名「引越坂」の由来とは?

    • 面白かった6
    • 面白くなかった0
    • コメント0
  • 2019年02月23日
【神奈川の企業さまへ】はまれぽで求人募集しませんか? 建築系・物流(ドライバー)系の企業さまを大募集!
イチオシ「住む」バナー
ホワイトデーは◎倍返し・・・!? 困ったときの「はまれぽイチオシ店」

はまれぽ編集部のイチオシ

VIOも腕、脚も。ハードワックスとソフトワックスを使い分けるブラジリアンワックス脱毛でつるすべ肌に!

  • PR

詰め込むだけでは、ダメ。人の声をよく聴き、自ら考えられる人をつくる。高い合格率を誇る「啓進塾戸塚校」

  • PR

腰痛で悩んでいる人は必読! 腰の痛みを改善するには生活習慣や体質も変えなきゃいけないって知ってた?

  • PR

肌が健康的に美しくなれば生き方が変わる! 医療をベースに肌の悩みを解決する「テティス横濱美容皮膚科」

  • PR

基本を理解することで、学力が伸びる。生徒と並走し、きめ細やかな個別のケアも行う学習塾「ケイスクール」

  • PR

上大岡駅前で“気軽な贅沢”。日本庭園と癒しの空間が自慢の「懐石 花里」はさまざまなシーンで利用できる

  • PR

リフォームも、新築も。良い家をつくり、まもり続けて40周年、進化を続ける横浜市栄区の地域密着型工務店

  • PR

神奈川県最大の警備会社はやっぱり凄かった! トータルな人間力を武器に横浜から全国の安全を守る!

  • PR

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

型破りな教育スタイルで やる気と自信を育む「マツハシゼミナール」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 横浜駅東口に3月15日にオープンするエンターテイメント施設ビル「アソビル」に「うんこミュージアム」が...

  • 高齢者施設などでもディスコを広めているDJ OSSHYさんがFMヨコハマで長年、選曲もされていたよう...

  • JR根岸駅から八聖殿まで行く時、横浜市営バス97系統(根岸駅~循環)を使うと、同一路線の中に「本牧市...

あなたはどう思う?

そろそろ始まる花粉症シーズン。花粉症対策する?

最近のコメント

アクセスランキング