検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • 横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
戦国時代の「幻の城」に通じる港南区笹下の不思議な地形・・・なぜ急に道幅が変わるの?

ココがキニナル!

打越交差点から斜めに入り洋光台駅方向へと進んでいくと、途中で突然道幅が広くなります。ちょうど港南区と磯子区の境界のところなのですが、なぜなのかこの謎を解いてほしいです。(ロイヤルさん)

はまれぽ調査結果!

後から作られた道は土地区画整理と合わせて整備されており、道幅が広くなった模様。さらに、「幻の城」を擁した笹下の特徴的な地形も関係しているかも?

  • LINE
  • はてな

2019年03月16日

ライター:はまれぽ編集部

突然道幅が狭くなる道路が、港南区笹下にあるという。その理由はいったい何なのか、早速調査に向かった。
現場は、環状道路2号線と洋光台通りを結ぶ市道のようだ。
 


確かに道の幅が変わっているように見える

 
JR洋光台駅から歩くこと10数分、投稿にあった場所についた。
 


市道笹下520号線という名称。洋光台駅に近い時点では、車線が広い

 
この道を環状2号線の打越橋方面に進むと、港南区に入る辺りで道幅が狭くなるらしい。地図を片手に進んでいくと、道路標識が注意を促しはじめた。
 


道幅が狭くなることへの注意喚起だろうか
 


地面にも「速度落とせ」の文字が
 

歩道がなくなるとともに、道幅がキュっとなっている

 
そして、「速度落とせ」の先から道幅が急速に狭くなった。同じ上下2車線ではあるが、幅は半分ほどになっているのではないだろうか。スピードを出していたら危険な箇所かもしれない。
 


ここから大きく下り坂になっている
 

振り返った光景との違いは一目瞭然だ

 
周辺の建物を見てみても、最近道幅が変わったというわけではなさそうで、もともとこのような構造だったようだ。

その原因を探るべく、この道路ができた変遷を確認してみる。
まずは、1970年代の空中写真。
 


道幅が狭くなる地点(赤丸)がこの時点ではっきり写っている(国土地理院より)

 
さらに古い写真を確認すると、この道幅急変の理由がなんとなく見えてくる。
続いては1960年代の空中写真。道路はまだ半分しかできていない。
 


「道幅が広い部分の市道」はまだない! 細い方の道だけだ(国土地理院より)

 
もともと環状2号線に近い、細い方の道が先に整備され、その後に道幅が広い洋光台通りに繋がる道が整備された、ということのようだ。

道幅が変わる辺りは港南区(笹下)と磯子区(洋光台)のちょうど境目。両区の土木事務所に道路の幅が変わる理由について問い合わせると、「磯子区側では『洋光台土地区画整理事業』によって道路や宅地などが整理されています。その際に、拡幅の広い市道が整備されたようです」との回答をいただいた。

横浜市の行政地図で確認すると、確かに道幅が広い部分(磯子区)までは、洋光台の市街地開発対象エリアに含まれていた。
 


青掛の部分が、洋光台土地区画整理事業の対象地域(
横浜市行政地図情報提供システムより)

 
つまり、道幅の違いは「道路建設時期の違い」「広い道路は土地区画整理で拡幅が広い道が作られた」ということになる。
 


市道の両脇は丘になっている

 
道幅が違う行政上の理由はわかったが、その根底にはもともとの土地の特性もあるのではないだろうか。もう少し「広い道が作れた洋光台側」と「狭い道が残った笹下側」について調査してみることにした。
すると、どうやらその理由にも関わりそうな、笹下に存在していた「幻の城」の存在に行きついた。


笹下にあった「幻の城」とは?
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

横浜の秘境、田谷の洞窟近くの趣ある日本料理店「九つ井」のこだわりを教えて!

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

神奈川区にある斎藤分町の由来は?

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

横浜の老舗飲食店が大集結した「横浜のれん会」にはどんな店がある?

雨でも安心の屋内施設。安全に配慮した環境で、思いきり身体と頭を使って、夢中になれる遊びがいっぱい!

  • PR

【編集部厳選!】はまれぽ地域別オススメ記事特集 Vol.27「山手特集」

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

新着記事

鎌倉を世界遺産に!【編集部厳選】

    • 面白かった4
    • 面白くなかった12
    • コメント2
  • 2019年05月26日

神奈川区神大寺にある「稲見鉄道模型製作所」ってどんな場所?

    • 面白かった111
    • 面白くなかった1
    • コメント1
  • 2019年05月25日
【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

はまれぽ編集部のイチオシ

“世界に一着”が3万5000円から! 隠れ家サロン「EVERS SUIT」でオーダースーツデビュー!

  • PR

腐りにくいウッドデッキが大人気。快適さは実績と安心が保証。ウッドデッキ専門会社「ウッディ企画」

  • PR

万が一「介護」が必要となったときも安心!介護業界で最先端を走る戸塚区「クラシック・コミュニティ横浜」

  • PR

横浜を愛し、横浜を作り、横浜を育む、横浜型地域貢献企業認定の建築事務所「有限会社安田建築事務所」

  • PR

エアコンによる悩みを解消、一度使ったら必ず欲しくなる世界初・横浜発「ハイブリッドファン」を生んだ企業

  • PR

不動産の「困った 」を総合的に解決。 有効活用への道を開く「日経管財株式会社」

  • PR

職人さん全員集合! 安さと納車速度に絶対の自信を持つ、軽バン中心の中古車ショップ「Cars 4U」

  • PR

イヌやほかのペットとフロアが違うから、ちょっぴり神経質なネコも安心! 「新横浜動物医療センター」

  • PR

中華の街横浜で人気の絶えない繁盛店の秘密を探る! 

  • PR

横浜中華街で横浜のソウルフード「ブタまん」を提供する創業明治27年の老舗・ブタまんの「江戸清」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 南区の中村地区で空き家を改修してコミュニティカフェの開設を目指している団体がいるという神奈川新聞の記...

  • かつて浦島小学校に山下清画伯が訪れたことがあったそうです。その時に油性ペンで描いたスケッチ画三点が校...

  • 昔、江ノ島の参道のお店に飾られていた「頭蓋骨に蛇が絡んだ置物」はなんだったのでしょうか?覚えている人...

あなたはどう思う?

リニューアルしたトップページの感想は?

最近のコメント

アクセスランキング