検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 神奈川で働く!横浜・横須賀の求人情報 - [はまれぽ.com]イチオシ!求人特集
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • かんたんな質問に答えるだけで、あなたにぴったりなお仕事を診断する「お仕事診断」 適した求職情報もご案内いたします。
  • 横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
速報!横浜公式みやげに登録された「みなとねこ」に、新作「トリュフショコラ編」が登場!

ココがキニナル!

2018(平成30)年末に横浜土産「横濱001」認定を受けた「みなとねこスイートポテト編」の新作が出る!真っ先に食いたい!どこよりも早く載せたい!(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

新作「トリュフショコラ編」は豊潤なカカオの香りが楽しめる濃厚なチョコレートケーキ!期待を裏切らない完成度のスイーツ。2019年4月10日から新横浜駅キュービックプラザ内グランドキヨスクで発売!

  • LINE
  • はてな

2019年03月28日

ライター:濱絵美

以前「はまれぽ」で紹介した、「みなとねこスイートポテト編」。しっとり滑らかな舌触りとミルキーで優しい甘さのスイートポテトは、一度食べたことがある人なら想像するだけでヨダレが・・・おっと失礼。その記憶に残る美味しさと、バーの町として君臨する、吉田町が生んだオンリーワン商品ということが評価され、2018(平成30)年末に「ヨコハマ・グッズ001」に認定されるという快挙を成し遂げた!
 


「みなとねこスイートポテト編」、はまれぽ、だぁい好き!(過去記事より)

 
前回このお菓子を世に送り出した吉田町のバー「BarreL PoD(バレル ポッド)」へ取材に伺って以来・・・。
「みなとねこスイートポテト編」の続編は何味だろうな―・・・と、お腹が減るたびに勝手に味を予想していた「はまれぽ編集部」。取材から9ヶ月の時を経て、一通のメールが舞い込んだ。

「前回予想していただいた続編の味ですが・・・『みなとねこトリュフショコラ編』になりました。公式発表と、販売前にひと足早く、お知らせしました」

なぬ?ひと足早くだとう?

公式発表前&販売前に、あの激うまスイーツを食える・・・あっ、間違った。取材できるではないか?
ということで「うわばみ」レベルに酒が好きな「はまれぽ」酒飲みライター濱と、前回の取材に行ったにもかかわらず、続編の味の予想をすべて外した「はまれぽ」おばさん編集・吉田が「BarreL PoD(バレル ポッド)」のドアを叩いた。
 
 
 
新しい仲間は「みなとねこトリュフショコラ編」だよ!
 


みなとねこシリーズ新作にも「みなとねこ」ちゃんが登場するパッケージ

 
続編が出たらこんな味?と、妄想していた、はまれぽ編集部の予想を大きく覆した新作は「みなとねこトリュフショコラ編」。「みなとねこ」ちゃんがちょこっと肉球を見せつつ「食べたいよう」という表情をしているパッケージが可愛すぎる。
 


箱だけではなく、一つひとつの包装にも「みなとねこ」ちゃん

 
箱を開けて配ることの多いお土産は、個別包装されている方がありがたい。個別包装のパッケージにも、「みなとねこ」ちゃんを登場させた丁寧な仕事に思わずうなる。やはり横浜公式のお土産として認められるだけあるなぁ!
 


ほっこりとしたやさしいビジュアルは前回の「スイートポテト編」に近い

 
いざ実食!と袋を開けた瞬間に鼻をくすぐるチョコレートの上品な香り・・・。これは濃厚なタイプに違いない。
 


カット時にズシリと感じた密度に期待が高まる

 
チョコレートは女性や子どもが好むイメージがあるが、お酒との相性も抜群。バーのおつまみとしてもスタンダードだ。バーテンダーとソムリエがいる「BarreL PoD」は、お酒とチョコレートのマリアージュを完璧に掴んでいる訳で、そんな店が作ったチョコレートスイーツ。これは期待が高まる・・・!

それでは、どこよりも早く「はまれぽ編集部」が実食させていただく。
 


お酒大好きライター濱が実食!

 
「いただきまーす」と一口食べた瞬間、ライター濱の口から出た言葉は「ウイスキーかブランデーが欲しい」。チョコレートの豊潤な香りと、濃厚な味わいを引き立てる甘み。何ともお酒が欲しくなる大人な味わいではないか!甘さはしっかり感じるものの、チョコレートのビターな一面が、それを引き締める。後味も爽やかなため、つい後を引いてしまう上、お酒だけではなくコーヒーや紅茶とも相性よし。オフィスでもプライベートでも楽しめる一品だ。

酒が欲しい、と絶叫した濱に、前回取材時に、はまれぽ編集部の女子たちをざわつかせたイケメン、株式会社バレルポッドの原田将樹(はらだ・まさき)代表取締役社長・CEOは
「実はその言葉が今回のテーマなんですよ」とうれしそう。
 
 
 
酒飲みから子どもまで「美味しい」と言わせるスイーツを作ろう!
 
ちなみに、誰でも彼でも「お菓子を作ってみたんです、横浜のおみやげでーす!」・・・と、勝手に売り歩くわけにはいかない。「みなとねこ」が横浜公式認定の横浜みやげになったのは、「ヨコハマ・グッズ001」の厳しい審査を通り「このスイーツなら横浜みやげとしてふさわしい」という認定をいただけたからこそ。
飲食店の営業は想像以上に厳しい環境(特に「バレル ポッド」は午後6時から午前5時という営業時間)の中、何度も関係者と打ち合わせを重ね、形にし、更に認定が通ったときには、心の底からうれしかったそうだ。
「これで胸を張って横浜のお土産です、って言えますからね」と原田さん。

認定されるだけあり、「みなとねこスイートポテト編」は2018(平成30)年6月の発売から1ヶか月で1000箱以上販売されたのだそう。確かにあの滑らかでしっとりとしたクオリティの高いスイーツは、評判を呼んで当然だろう。そんな「みなとねこ」の続編を作るには、かなりプレッシャーがあったのでは?

という訳で「みなとねこトリュフショコラ編」が完成するに至るまでの秘話を伺った。
 


向かって左からバーテンダー&ソムリエの倉本淳哉(くらもと・じゅんや)事業本部長と原田将樹社長 

 
やはり続編を望む声は多かったのだろうか?

「ありがたいことにキヨスクさんから『第2弾として続くものを作って欲しい』とお声掛けいただいて。スイートポテト編とは、違うテイストのスイーツを作ることにしました」と倉本さん。

前回のようにカクテルのメニューに使われる素材で「横浜や神奈川産」のフルーツを使ったお菓子になるのでは~・・・と、はまれぽ編集部では勝手に予想していたのだが、そういったことも、きちんと視野に入れつつ、よくよく考えたのだそう。
 


トリュフショコラ編(左)とスイートポテト編

 
チョコレート菓子のお土産は各地方に多く存在するだけに、求められるハードルは自ずと高くなる。それでも敢えてチョコレートに挑んだ理由は?

「新作の味は悩みました。お菓子会社の人と打ち合わせを繰り返し、工場に何度も足を運びました。和菓子も考えたんですよ。でも『バー発祥の街、横浜のスイーツ』に『和菓子』は、ちょっとミスマッチかなと(笑)。『バーの雰囲気とお酒に合うスイーツ』で『子どもからご年配の方まで美味しく食べられる』というところにフォーカスをして検討した結果、チョコレートを使った『トリュフショコラ』になりました。
チョコレートはカクテルのメニューにもあるし、そこは前回の『ポテト』と共通していますね」
 


バーの営業をしながら「みなとねこ」の続編に尽力していた2人

 
「みなとねこトリュフショコラ編」は1箱4個入り(1080円/税込み)。購入しやすい金額は嬉しいけれど、会社の同僚に配るときには、もう少し量が欲しいかも?

「確かに『安くて個数の多いものの方が売れるよ』という声もいただきました。でも第2弾でいきなり路線を変えるのもなぁと思い、前回同様、量より、質にこだわりました。第3弾はどうなるかわかりませんけどね(笑)」
 


原田さん「横浜にあるバーが作っているスイーツだからこそ、味に妥協はしたくない」

 
 
猫ちゃんパッケージで家庭崩壊?キニナル美男美女夫婦は・・・次ページ≫≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

吉田町のカクテルから生まれた!みなとねこスイートポテト編

日本「シウマイ」販売の元祖「博雅亭」の味を引き継ぐ「博雅のシウマイ」に密着! アレンジレシピは必見!

  • PR

横浜土産、どうやって選ぶ? 2018年人気商品ランキングを新

親子の物語が紡ぎ出す絶品料理の数々!およそ150品目のメニューをそろえる「出世居酒屋いっすんぼうし」

  • PR

平日の昼間から飲みたい! 桜木町「ぴおシティ」で安くて美味しいお店を調査

裏横浜で絶品イタリアンをリーズナブルに味わえる「da TAKASHIMA(ダ タカシマ)」

  • PR

ハンバーグ3個80円!?原価割れにも程がある生麦のBar、激安食べ物の味は?

横浜中華街で横浜のソウルフード「ブタまん」を提供する創業明治27年の老舗・ブタまんの「江戸清」

  • PR

新着記事

クイーン・エリザベス号の船内に潜入!横浜大黒ふ頭へ3年ぶりの寄港

    • 面白かった97
    • 面白くなかった2
    • コメント0
  • 2019年04月23日

横浜駅東口にあるヨコハマプラザホテルが営業終了した理由は?解体前の館内に潜入!

    • 面白かった196
    • 面白くなかった6
    • コメント2
  • 2019年04月24日
小山運送株式会社 2t・4tドライバー・助手作業員募集!
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
さくらまつり、ダイナソーパークなど、横浜の春におすすめのイベント満載! はまれぽ4月のイベントカレンダー

はまれぽ編集部のイチオシ

憧れの「マイドレス」が叶う、元町のウエディングドレスショップ「Jellish(ジェリッシュ)」

  • PR

迷惑な営業電話は一切ナシ。鶴見区「有限会社関榮不動産」

  • PR

自分が暮らす空間だから自分が暮らしやすい、暮らしたい部屋をつくりたい。そんな思いを実現する「3rd」

  • PR

「鎌倉野菜」や「ジビエ」などの素材にこだわった本格イタリアンを楽しめる上大岡のトラットリア!

  • PR

放課後はアメリカへ!ネイティブ講師が教える学童機能付き英会話スクール「キッズパスポート」

  • PR

その味を知ったら絶対宮崎県に行きたくなる!曙町の名店「みやざき地頭鶏 てげてげ」

  • PR

Welcome to 東京TEMPLAND! 新横浜の五感で楽しめる“食のテーマパーク”に行ってきた

  • PR

医療同様に地盤にもセカンドオピニオンを! 過剰な地盤改良を未然に防ぎ、住宅建築コストを削減!

  • PR

不動産の「困った 」を総合的に解決。 有効活用への道を開く「日経管財株式会社」

  • PR

裏横浜で絶品イタリアンをリーズナブルに味わえる「da TAKASHIMA(ダ タカシマ)」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 桜木町に建設中の新市庁舎の前辺りに新しいお店がオープンしました。つるの剛士さんからのお花が飾ってあっ...

  • 鎌倉駅西口からほど近い、市役所近くの交差点で、付近の小学校の下校時間になると児童らに声掛け、見送りす...

  • 東神奈川に100年続く呉服屋をイノベーションしたカフェ【マルニカフェ】が気になります!調査お願いしま...

あなたはどう思う?

10連休のGWはどこで過ごす?

最近のコメント

アクセスランキング