検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • 横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
横浜駅アソビルの丿貫(へちかん)新店「煮干蕎麦」レポ!ジビエ蕎麦は必食!

ココがキニナル!

人気ラーメン店「丿貫(へちかん)」が、横浜駅のアソビルに「煮干蕎麦」をオープン!お店の雰囲気は?どんなメニューを出す予定?(はまれぽ編集部)

はまれぽ調査結果!

煮干をベースに鳥取県境港産の鮮魚を組み合わせたスープを提供。月に1~2回は新鮮な猪を使用した「ジビエ蕎麦」にお目にかかれるかも!

  • LINE
  • はてな

2019年05月18日

ライター:はまれぽ編集部

「丿貫(へちかん)」は横浜の野毛で創業した煮干ラーメン専門店で、丿貫福富町本店、弘明寺丿貫、鳥取県「米子(よなご)さっかどう」の3店舗を構える人気店だ。
その丿貫が、2019(令和元)年5月11日、横浜駅東口の「アソビル」に4号店「煮干蕎麦」を開業した。
 


「煮干蕎麦 by 丿貫」

 
「煮干蕎麦」は、昼は煮干ラーメン専門店、夜は〆にラーメンも楽しめる日本酒専門店。外観は料亭のような落ち着いた雰囲気を醸し出し、さらに行列ができているもんだから、通り過ぎる人々が「ここ何屋さん?」としきりに中を覗いては列に加わっていく。取材時は昼営業(11時~15時)の時間が過ぎても、扉が閉まることなくお客さんが列をなしていた。
 


帷子川沿いの入口側にオープン!

 
「お客さんが並んでくれている間はお店の扉を閉められないよね」。そう話すのは、丿貫を運営する「株式会社simq」の代表取締役、佐藤義大(さとう・よしひろ)さん。「煮干蕎麦」を開業するに至った経緯や4号店のコンセプトなどを伺った。
 


自らも厨房に立つ経営者

 
 
 
蕎麦前のリメイク
 
外観からも分かるように、ここはただのラーメン屋さんではない。店内にはジャズが流れ、暖色の照明に包まれた上質な空間は昼夜問わず非日常を味わえる。
 


横一列のカウンターは、全11席

 
店内のデザインは、厨房の中央に位置するアンティークの棚からインスピレーションを受け、カウンターテーブルや照明、黒のユニフォームに合わせて入口の扉もシックに仕上げ、「お酒も美味しく楽しめる空間」を作り出した。
 


もともとは薬箱として活躍していた棚

 
丿貫は、江戸時代に育まれた「蕎麦前」文化をリメイクし、煮干蕎麦と日本酒の組み合わせをもう一つの蕎麦前として楽しんでもらうスタイル。それゆえ、夜は“ラーメンのみ”のお客さんはお断りしているのだとか。
日本酒は、神奈川県愛甲郡愛川町にある大矢孝酒造の残草蓬莱(ざるそうほうらい)、昇龍蓬莱(しょうりゅうほうらい)の一銘柄だけを提供している。
 


(写真は過去記事より)

 
 
4号店はどんなお店になる?
 
オープンして間もないが、佐藤さんをはじめスタッフの方は嬉しい誤算に直面したという。

「今のところ、土日よりも平日の方が人が多いと感じています。この近辺で働いているサラリーマンの方がいらっしゃるので、多い時で70名ほど並びます。福富町も弘明寺もあまり人通りが多くないところなので、人通りが少ないところに人を呼ぶノウハウはあるけど、人通りがある場所で営業するのは初めて。まさかこんなにお客さんが来てくれるとは思っていなかったです」と佐藤さん。
 


ビルの外まで人が並ぶ

 
ほかの店舗との立地の違いに戸惑いながらも、来てくれるお客さんに“ここでしか食べられない味”を模索する姿勢は同じ。
丿貫の煮干は鳥取県の境港産を使用しており、弘明寺では煮干を前面に出したラーメンを提供。福富町では境港の鮮魚を前面に出し、4号店の「煮干蕎麦」では煮干しをベースに境港の鮮魚を組み合わせたメニューを出していくという。

ちなみに「煮干蕎麦」という店名は仮称で、正式名称は6月中旬ごろに発表予定だ。
 

新鮮な猪のスープで元気ハツラツ!
 
「煮干蕎麦」では、煮干蕎麦をグランドメニューにおき、日替わりでさまざまな麺を食べられる。中でも注目したいのが、月に1~2回はお目にかかれる(予定の)猪を使用した「ジビエ蕎麦」。
 


取材時のメニュー(クリックして拡大)

 
佐藤さんは、有害鳥獣でもある「猪」を資源化し、猪と煮干を使用したラーメンを開発。日本猪牧場から、本来は有料で廃棄する猪肉の端材を仕入れ、牧場は廃棄コストを、佐藤さんは新商品の開発・仕入価格を削減することができたという。
仕入先とのつながりを大切にしている佐藤さんだからこそ実現できたラーメンだ。
 


煮干と猪の旨味が凝縮されたスープ

 
 
煮干と猪の出汁を掛け合わせたスープ・・・いったいどんな味がするのだろうか?≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

通るたびにいいにおい!日ノ出町駅近くにある「永野鰹節店」

その味を知ったら絶対宮崎県に行きたくなる!曙町の名店「みやざき地頭鶏 てげてげ」

  • PR

土日の昼だけ野毛に現れる“幻のラーメン店”ってどんなところ?

ここはローマ下町のトラットリア!? 本格的なローマ料理を気軽に楽しめる「リオス ボングスタイオ」

  • PR

野毛では伝説、福富町では行列!「丿貫(へちかん)」へ突入!

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

横浜駅東口「アソビル」の魅力を徹底紹介!

料理やお酒や会話に、家族で紡いだ思いを感じられる場所。野毛の本格的な和食「旬彩 濱おか」

  • PR

新着記事

新横浜ラーメン博物館・平成最後の新店「八ちゃんラーメン」とは?

    • 面白かった45
    • 面白くなかった2
    • コメント0
  • 2019年06月17日

雨でも楽しい横浜!屋内スポット紹介【編集部厳選】

    • 面白かった12
    • 面白くなかった8
    • コメント0
  • 2019年06月16日
【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

はまれぽ編集部のイチオシ

横浜でリーズナブルにマイホームを持つ1つの方法

  • PR

朝市やカルチャースクールに買い物バスなど、コミュニティを影で支える「横浜セレモ株式会社」

  • PR

信頼できる薬剤、確かな知識に基づくフォローでセルフホワイトニングできる「ホワイトニングスター」

  • PR

中山を愛する名物社長に会える! 住民と入居者のマッチングを大切にする「丸進不動産」

  • PR

雨でも安心の屋内施設。安全に配慮した環境で、思いきり身体と頭を使って、夢中になれる遊びがいっぱい!

  • PR

医療同様に地盤にもセカンドオピニオンを! 過剰な地盤改良を未然に防ぎ、住宅建築コストを削減!

  • PR

横須賀の米軍施設を影で支える企業があった!? 日本の安全をメンテナンスする「ニッカイ」

  • PR

白楽の地にて24年。「信頼と信用、約束は必ず守る」を大切にする「株式会社ユナイト」

  • PR

サウナーは平塚の「太古の湯」に全員集合。日本ではレアな「テントサウナ」で未体験ゾーンに突入!

  • PR

押しの弱い店長におっとり奥様!?みなとみらいに隣接する横浜市神奈川区の物件なら「タウンマッチホーム」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 2020年高校野球神奈川大会では横浜スタジアムが使用できないことが予想されていますが対応はどうなるの...

  • 横浜駅西口からほど近い、岡野町の路地裏に、最近では見かけなくなったプラモデル店を見かけました。ウイン...

  • 子安、新子安間にある「入江橋」は歴史のある橋のようです。「復興局」という銘板が気になりませんか?入江...

あなたはどう思う?

シーズン始まって2ヶ月。今年のベイスターズの予想順位は?

最近のコメント

アクセスランキング