検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

ココがキニナル!

戸塚区原宿にある「野崎商店」という八百屋さんが気になります。早朝や深夜など、いつでも店が開いてます。(しゃさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

深夜食堂ならぬ深夜八百屋は存在しました。店主と常連客とのコミュニケーションから自然と営業時間が伸びていったようです。

  • LINE
  • はてな

2012年02月25日

ライター:ほしば あずみ

24時間八百屋は存在するのか?

いつでも店が開いている。そんな八百屋が本当にあるのだろうか?
開いているのが本当なら、そこにはいったいどんな理由があるのだろう。

投稿にあった「野崎商店」を地図で調べてみると、場所は渋滞情報でおなじみの戸塚区原宿交差点にほど近い。
周りに住宅地はあるが周辺のJR大船や戸塚駅からもやや遠い。駐車スペースがあるわけでもないようで、「いつでも開いている」事で得られるコンビニエンスなメリットは周辺住人以外には感じられないような気がする。

まずは本当にいつでも開いているのか、実際に訪ねてみた。
 


バス通り沿いにある八百屋、野嵜商店。正確な表記は「崎」の異体字「嵜」を使うようだ


見た目は普通に見かける、昔ながらの個人商店の佇まい。
訪れた時間は19時前。店じまいの気配もなく営業をしている。
ちなみに野嵜商店から車で20分ほどの距離に、八百屋が乱立する大船仲通商店街があるが、そこではこの時間帯なら閉店に向けて各店値引き合戦が始まって大混雑が起きている頃合いだ。

とはいえ、19時くらいならまだ営業時間としては常識の範囲内。
はたして本当にいつでも開いているのか、通りを歩いていた近所の人に聞いてみたが、「言われてみれば開いているかもしれないけど早朝や夜には通らないのでわからない」という答えだった。

そこで、野嵜商店の斜め向かいの戸塚消防署出張所に勤務している消防署員なら知っているかもしれないと、ちょうど消防車の出庫作業を終えた方に尋ねてみた。
 


戸塚消防署大正消防出張所の隊員さん


すると、「確かにいつ見てもお店は開いているように見えますね」という証言を得る事ができた。
「見張ってるわけじゃないんで、24時間ずっとかどうかはわかりませんが。たまに電気が消えている事もありますし。ただ計画停電の間も電気をつけて営業していたみたいでしたね」とのこと。
消防署の若い隊員が夜食の食材が足りなくなった時などに利用する事もあるそうだ。

消防隊員の証言という力強い手がかりを得たところで実際に店に行ってみる事にする。
 


店先ではフルーツ缶詰にジュースのお湯割りを勧めるポップがたてられていた


店内のレジでは20代くらいの女性客と、店主らしい男性が何かを熱心に話しこんでいた。
 


レジ前で売られていた茹で麺。「これはうまいめんだどうだ」おそらくダジャレ?
 

所せましと積まれた野菜。野菜の高い昨今、良心的な値付け


全体的な値段はスーパーの野菜売り場等の一般的な相場よりは安い印象だが、目をひくほど安いものは「中国産です」と書かれていたり、国産品だと相場なりの値付けだったりするので、激安を売りにしているわけではなさそうだ。



 

はまれぽ編集部のイチオシ

ベテラン講師が基礎から徹底指導。横浜駅のボイストレーニングスクール「プライズエンターテインメント」

  • PR

「鎌倉野菜」や「ジビエ」などの素材にこだわった本格イタリアンを楽しめる上大岡のトラットリア!

  • PR

マンガ読み放題!? 高速ドライカットがイチオシの“コミックカフェ” みたいに寛げる「re:mix」

  • PR

おしゃれな中に遊び心がある空間で素敵な時間を! 美味しさと楽しさにあふれる「Mid.Ru(ミドル)」

  • PR

「なごみ空間 ~ネコもなごむ箱庭~」に、はまれぽが潜入。人に優しく寄り添う“横浜弘明寺の母”がいた!

  • PR

「気功」ってなんか怪しくない?はまれぽが確かめるべく、山手の気功整体院「Mahã」に直撃取材!

  • PR

1000円で世界旅行!?40ヶ国以上から集めたワインが気軽に楽しめる「世界のワイン 葡萄屋 関内店」

  • PR

地域の人、飲食店を営む人たちに愛される老舗酒店。全国の蔵元に直接足を運び実現した豊富なラインアップ!

  • PR

介護を軸に、新たなコミュニティ構築を模索する、中区石川町「ケアステーション・デイサービス ふれ愛」

  • PR

タイヤ販売から車の修理、日本初? のタイヤプリントも。 タイヤのかかりつけ医「タイヤセンター戸塚」

  • PR

最近のコメント

アクセスランキング