検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?
投稿エッセイの部屋「ヒトイキ」
  • LINE
  • はてな

疲れ吹き飛んだ「どうぞ」の一言

たくみ(32)

 新卒から10年勤めた会社を辞め、先月転職をした。新しい環境と慣れない業務についていくのに必死で、自分では気付かぬうちに疲れが溜まっていた。

 入社してちょうど一週間ほど経った頃だろうか。帰りにスーパーに寄り、いつものように食材を買って家路を急いでいた。だが、その日は週末分の食材もまとめて買い込み、ビニール袋はぱんぱんに膨れていた。持ち手が手のひらに食い込んで鈍い痛みに耐えていた。

 そして、家まであと少しとなった路上で、持ち手のビニールが破れて中身があたりに散乱してしまった。私は茫然とその場に立ち尽くした。もう、疲労すら感じなかった。

 その時、背後から声をかけられた。

「あの、すみません」

 振り返ると、年若い女性が立っていた。手には綺麗に折りたたまれたビニール袋が握られていた。

「よかったらこれ、どうぞ」

 そっとビニール袋を差し出すと、女性は微笑んで去っていった。私はお礼の言葉すら言えず、依然その場に立ち尽くしてしまっていた。

 帰宅後、何とも言えない温かい気持ちになった。お礼の一言も言えなかったことが悔やまれたが、それまでの疲れは一気に吹き飛んだ。

 改めて、あの時の女性に言いたい。どうもありがとう。

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
エッセイの部屋「ヒトイキ」では皆様からの投稿を募集しています。
コメントする

新着記事