検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

遊ぶ・泊まるレジャー

屋形船すずよし

  • 【乗り場】横浜市中区桜木町1-101 (ワシントンホテルの裏)
  • 横浜市中区桜木町1丁目
    • 営業時間:【受付時間】10:00~21:30
    • 定休日:年中無休

横浜港の絶景を独り占め。少人数から団体まで、みんなウェルカムな「屋形船すずよし」なら、友達同士やカップル、ファミリーでも楽しめる。横浜みなとみらいの夜景とおいしい料理で最高のクルージングを!

ココがイチオシ!

屋形船って2人でも乗れるの? 「屋形船すずよし」で横浜みなとみらいの夜景を満喫してきた

 

2019年06月07日

大さん橋、そして大海原へ
 
赤レンガ倉庫を抜けると、いよいよ「屋形船すずよし」は「横浜港大さん橋国際客船ターミナル」へと舵を切っていく。
 

yakatasuzuyoshi-article029
横浜港を語る上で外せない存在

 
1894(明治27)年の鉄桟橋から時代の流れと共にその姿や役割を幾度も変え、2002(平成14)年に現在の客船ターミナルとしての大さん橋が完成した。
 
大さん橋を母港とする飛鳥Ⅱを筆頭に、ダイヤモンドプリンセスやセレブリティミレニアムといった海外の豪華客船も度々入港するため、タイミング次第では「屋形船すずよし」からも、その迫力を間近で感じることができる。
 

yakatasuzuyoshi-article030
横から(まるで船上のマンション!)
 
yakatasuzuyoshi-article031

前から(トリケラトプス!?)
 
yakatasuzuyoshi-article032

後ろから。陸では味わえない、とにかくド迫力!

 
ここからはついに大海原へ突入。屋形船に乗っていると、観光船に乗っているときには感じられないほど海面が近いのがとにかく新鮮。
 

yakatasuzuyoshi-article033
手の届きそうな位置に海が。遠くには横浜マリンタワーも見える
 
yakatasuzuyoshi-article034

米寿(88才)を迎えた氷川丸

 
山下公園にホテルニューグランド。横浜を象徴するスポットを次々に見て回ることができる。
 

yakatasuzuyoshi-article035
沖から見る横浜は新鮮

 
横浜港を周遊している間、スタッフの山本友美(やまもと・ともみ)さんが楽しいトークで景色や歴史について解説をしてくれる。
 

yakatasuzuyoshi-article036
バスガイドならぬ船ガイド!?

 
まず自分たちが楽しむことで、お客さんにも楽しくなってもらいたいとのこと。確かにスタッフの人たちが明るく元気に仕事をしている姿は、見ていても気持ちがいい!
 
降りるころにはお客さん同士が仲良くなっていることも、よくあるそう。屋形船に乗るということはお客さんにとって非日常的なイベント。そんな特別な時間を楽しく過ごしてもらうために、できる限りのことをしたいというのが長谷川さんのモットーだ。さらに「屋形船すずよし」では、お客さんへのお声がけを大切にしている。受け身ではなく自ら積極的にお客さんの声を聞くことで、サービスの改善や向上に繋げているとのこと。
 

yakatasuzuyoshi-article037
トイレ、冷蔵庫、カラオケ完備。喫煙スペースも用意されている

 
大さん橋を抜けて海へ出ると、波が大きくなり船内でも揺れを実感できるようになる。座って食事をしていると、ほとんど海面と変わらないような低い位置からの揺れる景色が楽しめる。これも屋形船の醍醐味だろう。
 

横浜港より揺れる屋形船船内【動画】

 
船はみなとみらいの方へ進んでいく。
 

yakatasuzuyoshi-article038
練習船の帆船海王丸に出合えたのは幸運
 
yakatasuzuyoshi-article039

巡視船PL31いず

 
「いろんな船を見ることができるのも楽しみの1つ」と、長谷川さん。
 

yakatasuzuyoshi-article040
客船ターミナルとしての開発が進む新港ふ頭

 
今もなお日々進化を続けるみなとみらい地区。その変化を感じに、船旅のリピーターになるのもいいかもしれない。
 

yakatasuzuyoshi-article041
船内にはゆったりとした時間が流れている
 
yakatasuzuyoshi-article042

コスモクロック21付近の桜

 
ちなみに本日は「乗り合いコース」に参加させてもらったが、「貸し切りコース」では、会社の宴会利用をはじめ、スポーツ選手が貸し切ることも多いとか。非日常的な空間でまわりを気にせずに思う存分楽しめる・・・という贅沢なプライベート感は、貸し切りならではの魅力だ。
 
 
 
季節限定のお楽しみ。桜の名所「大岡川」へ!
 
普段のコースだとスタート地点に戻ってきて終了なのだが、取材当日は桜がまだ見頃ということもあり、この後にお花見をさせてもらえることに。屋形船が進むルートは、桜の名所として名高い大岡川というから胸が高鳴る。
 

yakatasuzuyoshi-article043
みなとみらいとは雰囲気がガラリ一変
 
yakatasuzuyoshi-article044

桜が見えてきた!

 
満開から数日たち春の嵐も加わったため所々葉桜が目立つものの、屋形船から見る桜は風情があってなんとも素晴らしい。
 

yakatasuzuyoshi-article045
水面に浮かぶ桜の花びらにも手が届きそう

 
大岡川は両サイドにずっと桜が並んでおり、地上では屋台などが出ていてにぎやかな様子。みなとみらいの絶景と大岡川の花見を一度にクルーズできるなんて最高!
 

yakatasuzuyoshi-article046
「屋形船+大岡川+桜」。鉄板の組み合わせ
 
yakatasuzuyoshi-article047

景色は変化に富み飽きさせない

 
シーズンだけあり、ほかにも花見をしている船がちらほら。長谷川さんによると、船がすれ違うときは手を振って挨拶するのがマナーだとか。そんなシーマンシップを、取材陣も少し体験させてもらうことができた。
 

山本さんによる船内アナウンス【動画】

 
また、花見のほかにも「屋形船すずよし」では四季折々のイベントを船上から楽しめる。中でも花火大会は人気のイベント。
 

yakatasuzuyoshi-article048
言葉にならない感動がそこに・・・

 
景色にばかり夢中になってしまいそうだが、おいしそうなデザートもしっかりいただこう。
 

yakatasuzuyoshi-article049
花も団子も楽しみたい
 
yakatasuzuyoshi-article050

流れに身を任せ、思い思いに過ごす
 
yakatasuzuyoshi-article051

都橋商店街を通過。この後は野毛でもう1杯?
 
yakatasuzuyoshi-article052

あっという間で名残惜しい

 
乗船した場所に到着して、今回の船旅は終了。横浜の観光スポットを余すところなく見学、おいしいものを食べて、さらにはお花見までさせてもらえた大満足の2時間だった。
 

yakatasuzuyoshi-article053
お世話になったスタッフさんたち

 
 
 
取材を終えて
 
長谷川さんいわく、20年前の横浜はまだビルも少なく、夜景も寂しいものだった。しかし横浜の発展により建物が増え、夜景のキレイさは何倍にも増したという。そしてそれはこれからも続く。まだまだ可能性に満ちた横浜の景色をこれからもお客様に見てほしい・・・熱い長谷川さんの思いを聞き、また乗りにこなくてはという気持ちにさせられた。
 

yakatasuzuyoshi-article054
屋形船すずよしを見かけたら手を振ろう!

 
 
―終わり―
 
 

 

※情報は取材時のものです

基本情報

店名 屋形船すずよし
ヤカタブネ スズヨシ
ジャンル 屋形船
住所 〒220-0046 横浜市中区桜木町1丁目
アクセス 【乗り場】横浜市中区桜木町1-101 (ワシントンホテルの裏)
駐車場
TEL1 045-231-1600
はまれぽを見たとお伝えください
TEL2
FAX 045-242-2049
営業時間 【受付時間】10:00~21:30
定休日 年中無休
URL https://www.suzuyoshi.jp
カード利用
個室
  • LINE
  • はてな

基本情報

店名 屋形船すずよし
ヤカタブネ スズヨシ
ジャンル 屋形船
住所 〒220-0046 横浜市中区桜木町1丁目
アクセス 【乗り場】横浜市中区桜木町1-101 (ワシントンホテルの裏)
駐車場
TEL1 045-231-1600
はまれぽを見たとお伝えください
TEL2
FAX 045-242-2049
営業時間 【受付時間】10:00~21:30
定休日 年中無休
URL https://www.suzuyoshi.jp
カード利用
個室

アクセスランキング