検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

食べる居酒屋

叶家

  • 各線「桜木町駅」から徒歩5分
  • 【火~金】17:00~23:00【土曜日】14:00~23:00【日・祝】14:00~22:00

店の名に込められた「人々の望みを叶える家」としての誇りを貫く、樹木希林さん縁の店。築地からも仕入れる魚介は上質で鮮度抜群、豊富なメニューとボリューム感もうれしい!季節ごとの日本酒、希少なお酒も気軽に。

ココがイチオシ!

野毛の歴史を知り、温かな想いが宿る居酒屋さん。お1人様のカウンター利用から80名対応のお座敷宴会まで

横浜の野毛は、今や老若男女が集まる飲み屋街。けれども、その歴史を知る方は多くはないのではないだろうか。
 

kanouya-article001
野毛の本当の魅力を知りたいと思いませんか?

 
野毛の歴史を知り、その魅力を存分に残し、今もさらに愛され続ける老舗居酒屋さん「叶家(かのうや)」を紹介する。
 
 
 
JR桜木町駅から徒歩5分、野毛仲通りにある居酒屋さん
 
まずは「叶家」までのアクセスを簡単にご紹介。
 

kanouya-article002
JR桜木町駅から「野毛ちかみち」に入る

 
野毛方面へ進み「南2B口」を出て、ラーメン店「一蘭」の角を右折した通りが「野毛仲通り」。
 

kanouya-article003
飲食店が並ぶ「野毛仲通り」を少し行くと・・・
 
kanouya-article004

左手に、間口の広い茶色の建物が見えてくる
 
kanouya-article005

こちらが「叶家」さん。趣のある外観が目を引く

 
 
 
70年近い歴史のある、樹木希林(きき・きりん)さん縁の店
 
「叶家」の三代目女将、谷川不二映(たにがわ・ふじえ)さんと、店長の福田庸行(ふくだ・のぶゆき)さんに話を伺った。
 

kanouya-article006
お店の歴史について、谷川さん(左)に伺う

 
「叶家」は、実は、日本映画に欠かせない存在感のある女優、樹木希林さんの縁の店。創業したのは、希林さんの母、中谷清子(なかたに・きよこ)さんだ。
 

kanouya-article007
今でも時折、訪れるという希林さん。写真や直筆の色紙も

 
叶家の開店は登記簿上、1951(昭和26)年となっているが、実際には、戦後間もないころだったという。終戦直後ということもあり、「叶家」という店名には、「望みを叶える、願いを叶える家」という意味が込められた。
 

kanouya-article008
戦後の苦しい時代、みんなの望みを叶える店にと名付けられた

 
開店当時、希林さん一家は東京に住んでいて、中谷さんは野毛まで通って店を営まれていた。希林さんの父の中谷襄水(なかたに・じょうすい)さんは琵琶奏者でもあり、店の切り盛りはお母さんが中心だったようだ。その後は、希林さんの兄が跡を継いだ。現在女将を務める谷川さんはその娘で、希林さんの姪にあたる。
 

kanouya-article009
野毛の人たちに親しまれる居酒屋さんとして営業し続けてきた

 
ほんの小さな店から始まり、次第に店を拡大し、1992(平成4)年には建て替え。さらに、2014(平成26)年には、現在の店舗に改装した。
 

kanouya-article010
店内には旧店舗から引き継がれてきた物も多く、歴史を感じる

 
 
 
野毛の良さを守り、世代を問わず親しんでもらえる店
 
引き継がれてきたのは、もちろん、物だけではない。「叶家」が大切に繋いできた想いを伺った。

「70年の歴史の重みは考えなければいけないと思っています。新しいお店が、客引きをやっていたりしますが、この店がそれをやるわけにはいかない。お客さんがお客さんを呼んでくれるような、大事な繋がりがあるので」と福田さん。
 

kanouya-article011
「お客さんが恥ずかしい思いをしないように一本筋を通したい」

 
若いお客さんが増えてきた最近の野毛についても、それぞれに想いがあるようだ。

「年齢が高い方が入りやすい店が減ってきたように思います。もともと、ウチは中堅から上の世代の人が、贔屓(ひいき)にしてくれていましたので、そういう方々が入りやすいように、また馴染んでもらえるようにやっていきたいと思っています」と福田さんは語る。
 

kanouya-article012
紳士の酒寮として親しまれてきた「叶家」には、守るべきものがある

 
谷川さんは、「人が多くなったのはうれしいことですけど、野毛が、どういう街なのかというのを知らないで来ている人が多くて、野毛に来ること自体を楽しみに来ているだけなのかなと感じることがよくあります。『野毛だ、わーい、どこに行く? 何々のチェーン店があるから、そこに行こう』みたいな。野毛で長くお店をやっている人からしてみれば、違うんだよなというのは思いますね」と。さらに、「気軽に入って飲める、安く飲めるという昔ながらの良さや、人と人との繋がりを大切にしていきたいですね」と続ける。
 

kanouya-article013
お客さまへの温かな気遣いが伝わってくる

 
同店には、小さいお子さまを連れたご家族の来店も多いそうだ。

「お子さまにとって、椅子にずっと座りっぱなしは厳しいと思うので、自由に動いてもらえるように、できるだけお座敷にご案内するようにしています」と谷川さんは言う。全席禁煙なのも、お子さま連れの方にはうれしいのではないだろうか。
幅広い年齢層の方に親しまれ、気軽に来てもらえる店でありたいという姿勢が伝わってくる。
 
 
 
広く好みに対応する豊富なメニュー。広いお座敷で宴会も
 
店内を案内していただきながら、さらにお店の特徴を伺った。

まずは1階から。
フロアには、テーブル席がゆとりを持って配置されている。しっとりとした和の雰囲気が漂い、ゆっくり過ごせそうな落ち着いた雰囲気だ。
 

kanouya-article014
ひとり呑みにもうれしいカウンター席もある

 
そして、キニナルのは、壁にずらりと並んだお料理のメニュー。

「昔は、売りになるメニューがなければと思っていたんですが、お客さんとお話していると、ウチのこれが好きという料理は人によって違っていて、おもしろいなと感じるようになりました。今は、お客さん自身が好きな料理、イチオシを決めてくださいという気持ちでやっています」と福田さんは語る。
 

kanouya-article015
100種類ものメニューがあるから、好みに合った料理がきっと見つかる!

 
続いて2階フロアへ。

基本的に5名以上の場合は2階にご案内することが多いそうで、グループで利用しやすい造りになっている。
 

kanouya-article016
1階とは少し雰囲気が異なり、よりモダンな感じ
 
kanouya-article017

窓際のこちらの席は人気があるそうだ

 
こちらのスペースは、ガラスの扉で仕切ることができ、16名以上なら個室のような形で利用できる。
 

kanouya-article018
2階のテーブル席もゆったり
 
kanouya-article019

希林さんが書かれた文字も。ほかにも何枚かあるので訪れた際は探してみて

 
そして、同店の大きな特徴は、こぢんまりしたお店が多い野毛で最大80名の宴会が可能という広いお座敷席があること。
 

kanouya-article020
荷物置きが設置されている気遣いもうれしい

 
大人数の宴会は、ホテルの宴会場などで行うというイメージがある。居酒屋さんでここまで広いスペースを確保しているところは、めずらしいのではないだろうか。
 
また、宴会コースに飲み放題をつけると、別途持ち込み料の必要なく、お酒を持ち込むことができる。

「焼酎好き仲間の会とか、利き酒師の方がその生徒さんを連れて日本酒の会を開かれることもありますね。飲み放題メニューにあるビールなどで乾杯して、あとは持ち込んだ、好きなお酒で楽しむといったグループも歓迎です」と福田さんが教えてくれた。
 
 
 
満足感のある料理をリーズナブルに
 
叶家の料理を皆さんにしっかり紹介できるよう、取材陣が実際にいただいた。
 

kanouya-article021
彩りもきれいな4品を、順に紹介していきます!

 
まずは、居酒屋さんの定番、焼き鳥から。
 

kanouya-article022
「焼鳥盛合せ(830円/税別・以下同)」。塩でいただいた

 
もも、ねぎま、砂肝、皮、つくねの5本。炭火で焼くこだわりの焼き鳥は「専門店にも負けてない」とお客さんからも好評だという。シンプルな味付けで、鶏肉のおいしさを噛みしめると、ちょっと一杯飲みたくなる。
 

kanouya-article023
「おまかせ刺身7点盛合せ(3000円)」

 
取材当日は、左上から順に、生タコ、スズキ、カンパチ、真ん中がマグロ、左下に降りてメダイ、マダイ、右がシメサバ(その日の仕入れによって種類は異なる)。横浜の市場だけでなく、築地からも仕入れているといい、鮮度が高く良質な魚介を提供することにこだわっている。
 

kanouya-article024
しっかりと厚みがあるのもうれしい!

 
「正直、おいしい刺身はどこでも食べられるかなと思うので、その上で、お客さん目線で考え、満足感を得てもらえるようにしています」と福田さんは言う。「お二人で、刺身の3点盛(1500円)などを頼まれたりすると、『小皿にほんのちょっとだけ乗っていると思ったのに、こんなに!!』と驚く方も多いですね。お客さんにそういう驚きを感じてもらえたら」とも。
 

kanouya-article025
「豚と鶏の西京焼盛合せ(1000円)」

 
甘みのある西京味噌がおいしく、ご飯にも合いそうだ。豚肉も厚切りでボリューム感があるのもうれしい!

叶家では、昔から店で西京味噌を調整して料理に使っていたそう。かつては、魚料理で提供していたが、魚の値段が高騰したため、お客さんに召し上がっていただきやすいように、リーズナブルな価格で提供できる肉を使用するメニューにしたという。
 

kanouya-article026
「叶家サラダ(780円)」

 
昔から続く看板メニュー。とにかく魚介がたっぷりでボリューム満点なので、これだけでお酒も何杯かいけてしまう。ベーコンが程よいアクセントになった、食べごたえのあるサラダだ。

少人数だったり、いろいろな料理を少しずつ食べたいというお客さんのためにハーフサイズ(480円)も用意している。さまざまなお客さんに対応する心遣いがうれしい!
 
 
叶家なら、お1人様の食事ニーズにも応えてくれる! >>

基本情報

店名 叶家
カノウヤ
ジャンル 居酒屋
住所 〒231-0063 横浜市中区花咲町1-40
アクセス 各線「桜木町駅」から徒歩5分
駐車場 無 ※近隣にコインパーキングあり
TEL1 045-231-3258
はまれぽを見たとお伝えください
TEL2
FAX
営業時間 【火~金】17:00~23:00(L.O.22:30)
【土曜日】14:00~23:00(L.O.22:30)
【日・祝】14:00~22:00(L.O.21:30)
定休日 月曜日
URL https://www.yokohama-kanouya.com
カード利用
個室
  • LINE
  • はてな

基本情報

店名 叶家
カノウヤ
ジャンル 居酒屋
住所 〒231-0063 横浜市中区花咲町1-40
アクセス 各線「桜木町駅」から徒歩5分
駐車場 無 ※近隣にコインパーキングあり
TEL1 045-231-3258
はまれぽを見たとお伝えください
TEL2
FAX
営業時間 【火~金】17:00~23:00(L.O.22:30)
【土曜日】14:00~23:00(L.O.22:30)
【日・祝】14:00~22:00(L.O.21:30)
定休日 月曜日
URL https://www.yokohama-kanouya.com
カード利用
個室