検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

買うファッション・ジュエリー

アンティークウォッチ専門店「ファイアーキッズ」

  • 東急東横線「白楽駅」から徒歩5分
  • 横浜市神奈川区六角橋1-10-12
    • 営業時間:10:00~19:00
    • 定休日:月曜日

「アンティークウォッチってそもそも何?」「新品にはない魅力とは?」など、初心者でも分かるようにアンティークウォッチの世界をご紹介。店長おすすめのモデルや、スタッフ着用モデルも必見。

ココがイチオシ!

アンティークウォッチの世界、のぞいてみませんか? マニアだけでなく初心者にオススメする、その魅力とは

 

2018年10月19日

定番からレアなモデルまで豊富に用意(続き)
 
そうなるとキニナルのが、日々アンティークウォッチに囲まれて過ごすスタッフはどんなチョイスをするのか、ということ。早速当日付けていた時計を見せてもらったので紹介する。
 

firekids-article023
3人のお眼鏡にかなったアンティークウォッチとは?
 
firekids-article024
店長、鈴木さん:1945年製の「IWC」

 
「1945年と1946年の2年間しか製造されなかったレアなビンテージ。小振りなラグ(ベルトとケースの接合部分)はもちろんですが、よく見ると文字盤のインデックスと針がピンクゴールドでおしゃれなんです。ケースや文字盤の状態が良く、希少性もあってとても気に入っています」
 

firekids-article025
鈴木さんが普段使いしているのは左のロレックス・デイトジャスト(1960年製)

 
「ただし、店頭では基本的に時計は着けません。たまに、その時計を売ってほしいというお客様がいらっしゃるのと(笑)、店主の時計が良くも悪くも店のカラーとなって表れてしまうからです。ロレックスを好む人もいれば、そうでない人もいますからね」
 

firekids-article026
真剣なまなざしでアンティークウォッチの世界観を語る鈴木さん
 
firekids-article027
スタッフ、中根啓太(なかね・けいた)さん:1950年代の「グリシン」

 
「手巻きの時計で、夜光アラビア数字のインデックスと、きれいなブルースチールの針が特徴。ボーイズサイズで男女問わず着用できるのも魅力です」
 

firekids-article028
スタッフ、藤井翔(ふじい・しょう)さん:1940年代の「ミドー・マルチフォート」

 
「黒い文字盤は製造数が少なく、状態の良いものはブランド問わずとても貴重です。小ぶりなサイズ感や丸みを帯びたフォルムが気に入っています」
 
ここでもう1人どうしても出たいという人が・・・
 

firekids-article029
はまれぽ営業の斉藤(右)

 
取材直前、「ロンジン」を購入。まさにファイアーキッズと出会ったことでアンティークウォッチの魅力に気づいた1人だ。
 
「ちょうど新たな時計を探しているところでした。ロンジンの色味や経年によるアンティーク独特の風合いに惚れ込み、1週間の検討の後に『ファイアーキッズ』で購入。鈴木さんに『ロンジンとは花あふれ小川流れる野原を意味する。斉藤さんの雰囲気にピッタリだね!』と言っていただいたのが印象的です」と斉藤。
 
知らないだけで、知ってしまったらハマってしまう、それがアンティークウォッチの世界ということか。
 
ちなみにこれまで紹介してきたモデルは、あくまでも取材時の在庫ということで現在は既に売れている可能性が高い。ただ、全く同じモデルではなくても、鈴木さんがきっとアナタに合う1本を提案してくれると思うので、キニナル時計があったらぜひ問い合わせてみてほしい。
 
 
 
まるで秘密基地のような修理工房に潜入
 
ファイアーキッズでは、アンティークウォッチの販売のほかに時計のメンテナンスやオーバーホール(分解点検修理)にも対応している。今回は特別に、普段は絶対に入れない2階の修理工房を見学させてもらうことに。
 

firekids-article030
階段の側に立派な柱時計が

 
鎌倉彫りが美しいこの柱時計は、オープン当初からあるお店のシンボル的存在。鈴木さんによると、恐らく100年以上前のもので今でも動くとのことだが、あえて動かさずに飾っているそう。
 
では、話を戻して2階へ。
 

firekids-article031
出迎えてくれたのは、「時計業界では技術の高さで知られている」という高柳誠一郎(たかなやぎ・せいいちろう)さん

 
「生まれた家が時計屋で、いま78歳なので、業界歴は78年ですよ(笑)。時計のチックタックって音を聴きながら育ちましたからね」と冗談交じりで話してくれた高柳さんは、超難関のC.M.W(公認上級時計師)の資格を持つ。
 

firekids-article032
C.M.Wの資格保有者でもある

 
「C.M.Wは800人しか合格していない難関の試験で、私は466番目の合格者なんです。ただ現在でも元気でやっているのは20~30人ほどでしょうか」
 
もちろん販売されているアンティークウォッチは全品保証付きだから、購入後も安心して付き合っていける。このように、時計のことならなんでもお任せあれのファイアーキッズ。少しでもアンティークウォッチのことが気になった方は、ぜひとも「ファイアーキッズ」に足を運ぶべし。
 

firekids-article033
「時計大好きなスタッフがお待ちしています!」

 
 
 
取材を終えて
 
時計の購入を検討していたこともあり、とてもタイムリーな取材だった。普通に新品を買おうと思っていたが、途中からアンティークウォッチの魅力に引き込まれ、今となっては、「買うならアンティークでしょ」ってくらいハマってしまった。
 
取材後、近所のアンティークウォッチ専門店に足を運ぶなど(ファイアーキッズの場所が自宅から遠いので、すいません)、現在はいろいろ知見を増やしている状況だが、買う時はもちろんファイアーキッズに行く予定。
 
 
―終わり―
 
 
HP/
https://firekids.jp
 
Facebook
 
■メッセージや質問など、お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

 

※情報は取材時のものです

基本情報

店名 アンティークウォッチ専門店「ファイアーキッズ」
ファイアーキッズ
ジャンル アンティークウォッチ販売、修理、オーバーホール
住所 〒221-0802 横浜市神奈川区六角橋1-10-12
アクセス 東急東横線「白楽駅」から徒歩5分
駐車場
TEL1 045-432-0738
はまれぽを見たとお伝えください
TEL2
FAX 045-402-8423
営業時間 10:00~19:00
定休日 月曜日
URL https://firekids.jp
カード利用 可(一括、または2回払い)
個室
  • LINE
  • はてな

基本情報

店名 アンティークウォッチ専門店「ファイアーキッズ」
ファイアーキッズ
ジャンル アンティークウォッチ販売、修理、オーバーホール
住所 〒221-0802 横浜市神奈川区六角橋1-10-12
アクセス 東急東横線「白楽駅」から徒歩5分
駐車場
TEL1 045-432-0738
はまれぽを見たとお伝えください
TEL2
FAX 045-402-8423
営業時間 10:00~19:00
定休日 月曜日
URL https://firekids.jp
カード利用 可(一括、または2回払い)
個室

アクセスランキング