検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

食べる焼肉・韓国料理特典あり

焼肉マンボウ

  • JR京浜東北線「鶴見駅」、京急本線「京急鶴見駅」から京急バス10分、「末吉不動前」下車徒歩1分
  • 神奈川県横浜市鶴見区上末吉1丁目13 焼肉マンボウ
    • 営業時間:17:00 〜 23:00
    • 定休日:不定休

和牛A5ランク使用の良質なお肉を、手頃な量と価格の「ハーフサイズ」で楽しめる!人気部位はもちろんのこと、名物の「牛スジ煮」「ねぎめし」など“シメ”のメニューも超一流!「焼肉マンボウ」で至福の時を。

ココがイチオシ!

焼肉なのになんでマンボウ!? 鶴見の住宅街のど真ん中でもリピーター続出の「焼肉マンボウ」を直撃!

 

2019年03月13日

鶴見駅から少し離れた住宅街の真ん中に、ちょっとキニナルお店がある。
 

manbou_article001
その名も「焼肉マンボウ」!!!(画像はイメージ)

 
焼肉屋さんなのに「マンボウ」って・・・。もしかして、「マンボウ」が食べられる? お店の中に「マンボウ」が泳いでいるのでは? いろいろ想像していると、編集部から「取材に行きましょう」との連絡が! 期待に胸を膨らませ、「焼肉マンボウ」へと向かった。
 
「鶴見駅」からは、「綱島駅行き」「新横浜駅行き」のどちらのバスでも行くことが可能だ!
 

manbou_article002
バスに揺られること10分。「末吉不動前(すえよしふどうまえ)」で下車

 
ここから、「鶴見駅」方面に1分程歩いていくと・・・。
 

manbou_article003
ありました~!「焼肉マンボウ」!!!

 
お店の中に入ってみると・・・
 

manbou_article004
ん・・・? マンボウらしき姿は見当たらないが・・・
 
manbou_article005

待っていたのは、非常に見事な肉!
 
manbou_article006

NIKU!!
 
manbou_article007

にくぅ~!!!

 
「スゴイ~! 分厚い~! 美しい~!」と“肉好き筆者”が早くも興奮していると、「こちらにどうぞ」と笑顔で迎えてくれた方が・・・
 

manbou_article008
店主の五十畑政也(いそはた・まさや)さん

 
 
 
「まーぼー」からの「焼肉マンボウ」
 
地元が横浜だという五十畑さんは、なんと長年「はまれぽ」の読者だという。一気に親近感が湧いたところで、さっそくキニナルお店の名前について聞いてみると・・・。
 
「いやぁ。なんだか説明するのもちょっと恥ずかしいんですが・・・。自分の名前が『まさや』なので、あだ名が『まーぼー』。それが、いつの間にか『マンボウ』って呼ばれるようになって。『見た目も、何となくマンボウに近いからピッタリ!』なんて言われてね(笑)」
 
まさか、五十畑さんの名前が由来だったとは・・・! ご自身もこのあだ名がすっかり気に入り、お店のオープンが決まった時には、迷わず店名にしたそうだ。
 

manbou_article009
こちらの「マンボウのれん」は、五十畑さんの叔母さま作
 
manbou_article010
スタッフさんは「マンボウTシャツ」を着用! 可愛い~♪

 
それでも、筆者と同じような疑問を持つ方もいるそうで、
 
「『マンボウが食べられるんですか?』って聞かれることはありますね。あとは、『海が好きなの?』とか。常連のお客さんで『シマホッケあるんだっけ?』なんて、普通に聞いてくる方もいます。あくまでもウチは、焼肉屋です(笑)」
 

manbou_article011
「いくらなんでも、ホッケはないでしょ・・・(笑)」

 
 
 
「肉」は食べるより、さばきたかった
 
そもそも、五十畑さんはなぜこの道を志したのだろうか? 実は、ご両親が焼肉店で働いていたそうで、幼い頃から焼肉は身近な存在だったとか。
 
「そのお店には時々行っていたんですが、どちらかというと、食べることより調理場の方が気になって。いつも、『どんな風に肉をさばくのか?』を真剣に見ていましたね」
 

manbou_article012
大きな塊の肉が綺麗にスライスされていく。「自分もやってみたかった!」と五十畑さん

 
やがて17歳になった五十畑さんは、本格的に料理の道へ進むことを決意する。
 
「ちょうど、京都の懐石料理店で見習いの募集を見つけたので、すぐに家を出ました。急なことで親には心配されましたけど、『俺の決意は固い。しばらくは帰らない』なんてカッコつけてね(笑)。住み込みで働きながら『料理とは何ぞや?』という基本から学べていい環境だったんですけど・・・」
 
ですけど・・・?
 

manbou_article013
「ホームシックになっちゃって、1ヶ月で戻りました・・・(笑)」

 
「えっ? ホームシック・・・?」失礼ながら一瞬耳を疑ってしまったが、どうやらこれは事実のようだ。
 
「まぁ、まだ若かったというか、考えが甘かったんですね。それだけ厳しい世界ということは理解したので、それを踏まえながら、やっぱり焼肉に行くしかないと!」
 
次に勤務したのは、新橋にある和牛専門の焼肉店で、150席が常に満席になる繁盛店。気が付けば、そこで働くこと10年。やはり、五十畑さんと焼肉には、縁があるようだ。
 
「そこまで長く続けられたのは、そこの店主でもあった師匠との出会いが大きいですね。実は肉って、魚のようにさばくのに順番もあるし、それなりに技術が必要で。そういうワザとか、仕入れる肉の質とか、メニューのアイディアとか・・・。多くのことを学ばせてもらいました。あ、ちなみにその方が『マンボウ』の名付け親です(笑)」
 

manbou_article014
「肉を焼く前段階のプロセスが、意外と大変です」

 
残念ながら、そのお店は閉店してしまったとのことだが、師匠から五十畑さんには数々のアイディアが引き継がれ、現在の「焼肉マンボウ」でも味わうことができると言う。これは楽しみ! 後ほど紹介していただこう。
 
 
 
まさかの? 宣伝ゼロで迎えたオープン日
 
「いつかは独立を」と考えていた五十畑さんは、2015(平成27)年10月、ついに「焼肉マンボウ」をオープンさせた。
 
この周辺エリアに訪れたことは無かったが、五十畑さんが育った横浜市南区も同じような住宅街。「似たような匂いがしたというか、違和感が無かったというか・・・。まさに、“ビビビ”と来ましたね(笑)」
 

manbou_article015
「地元に愛されるお店」をコンセプトにオープン!

 
ところが、開店までの準備をほぼ1人で行ったということで、
 
「無我夢中で準備していて、いざオープン初日を迎えたら『わっ・・・お店の宣伝を何にもしてないや!』って。自分でも驚いちゃって(笑)」
 

manbou_article016
「お客さん来るかなぁ・・・ってちょっと焦りました」

 
「初日は、『本日オープン』って看板を出して、まぁ静かにひっそりと・・・(笑)。でも、数ヶ月間は開店工事をしていたので、気にしてくれていた方もいたんですよね。『今日から?』って聞きながら、入って来てくれて。まぁ、最初は皆さん、“恐る恐る”入ってきて、“探り探り”食べている感じでした(笑)」
 
取材陣を一気に笑わせて、「ネタ?」とも思わせるエピソードを披露してくれる五十畑さん。
 
しかし、「一度来てくれたお客さんは、必ずリピーターになる」。五十畑さんには、確固たる自信があった。
 
 
 
手頃な量と価格が嬉しい「ハーフサイズ」
 
現在「焼肉マンボウ」は、近所に住む方、働く方を中心に連日賑わう人気店となっている。五十畑さんの持っていた「自信」とは、「良質な肉を提供すれば、必ずお客さんはまた食べに来てくれる」ということだった。
 

manbou_article017
「『肉にこだわる』は、師匠に叩き込まれたことですね」

 
和牛A5ランクの肉にこだわる仕入れ先は、オープン時から変わらず、一社とガッチリと手を組んでお付き合いをしているそう。
 
「長い付き合いなので、仕入れたいと思うモノは、あまり細かいことを言わなくても分かってもらえるんです。日によって、珍しいモノが手に入る時もあるし。そういう時は、すぐにSNSで告知します。『今日は○○が入荷しました!おいしいですよ~』って。あっ、ココはオープン時から随分成長したでしょ?(笑)」
 
さらに、「肉の質」と共に、五十畑さんが自分の店を持つなら、「コレはやる」と決めたことがあるそうで・・・。
 
「ハーフサイズの提供ですね。焼肉って、例えば2人でカルビを1人前頼んだだけでも、そこそこ“食べた感”があるじゃないですか。ロースやハラミやホルモンなど、もっといろいろ食べて欲しいですからね」
 

manbou_article018
良質な焼肉がこの価格で楽しめるのも、ハーフサイズだからこそ!(※価格は取材時のもの)
 
manbou_article019
マンボウはないけど高級食材の天使エビやイカ、ホタテなどの海の幸も(※価格は取材時のもの)

 
メニューを見て改めて思う。肉好きを魅了する見事な品揃え、さらにどれもリーズナブル! 五十畑さんの「いろいろ楽しんでもらいたい」の想いが詰まっているようだ。
 
「じゃあ、そろそろ準備しますね」という五十畑さんの声に、「あっ、はいっ! お願いします~!」と、喜びが隠せない筆者。ついに、お待ちかねのこの時がやってきた!
 
 

\ 友達にシェアする /

  • LINE
  • はてな

基本情報

店名 焼肉マンボウ
ヤキニクマンボウ
ジャンル 焼肉
住所 〒230-0011  神奈川県横浜市鶴見区上末吉1丁目13 焼肉マンボウ
アクセス JR京浜東北線「鶴見駅」、京急本線「京急鶴見駅」から京急バス10分、「末吉不動前」下車徒歩1分
駐車場 無 (近隣にコインパーキング有り)
TEL1 045-642-5517
はまれぽを見たとお伝えください
TEL2
FAX
営業時間 17:00 〜 23:00
定休日 不定休
カード利用
個室

こちらもおすすめです

野毛のリトル大分で郷土料理と銘酒を存分に味わう「如水」

  • PR

「鎌倉野菜」や「ジビエ」などの素材にこだわった本格イタリアンを楽しめる上大岡のトラットリア!

  • PR

裏横浜で絶品イタリアンをリーズナブルに味わえる「da TAKASHIMA(ダ タカシマ)」

  • PR

餃子、チャーハン、麻婆豆腐・・・横浜駅チカで安くて美味しい本格中華が食べたい人は集合

  • PR

はまれぽ読者限定!

はまれぽモテナシ

はまれぽ見た!で 6000円コース(お料理12品+2時間飲み放題)が500円オフ!

【有効期限】 '20/03/31

【利用条件】
コース注文は3名様より20名様まで
【提示条件】
来店時に「はまれぽ特典画面」を提示、もしくは「はまれぽ見た!」とお伝えください。


基本情報

店名 焼肉マンボウ
ヤキニクマンボウ
ジャンル 焼肉
住所 〒230-0011  神奈川県横浜市鶴見区上末吉1丁目13 焼肉マンボウ
アクセス JR京浜東北線「鶴見駅」、京急本線「京急鶴見駅」から京急バス10分、「末吉不動前」下車徒歩1分
駐車場 無 (近隣にコインパーキング有り)
TEL1 045-642-5517
はまれぽを見たとお伝えください
TEL2
FAX
営業時間 17:00 〜 23:00
定休日 不定休
カード利用
個室

アクセスランキング