検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

買うファッション・ジュエリー特典あり

YOKOHAMA FREEWAY428 元町店

  • みなとみらい線「元町・中華街駅」から徒歩4分
    JR根岸線「石川町駅」から徒歩10分
  • 横浜市中区元町1-76-1
    • 営業時間:11:00~19:00
    • 定休日:月曜日(※祝日の場合は営業)、火曜日

1980~90年代に横浜を中心に一大ムーブメントを巻き起こした「FREEWAY428」。時代の流れで一時は幕を閉じたがポップアップショップとして復活。2019年に満を持して元町にお店をオープンした

ココがイチオシ!

おかえり「FREEWAY428」! 横浜発のアパレルブランドが元町に帰ってきたぞ〜

 

2019年03月28日

元町で気になるショップを発見!
 
ある日、横浜の元町を散歩中に、普段は見かけない気になるショップを発見した。
 

freewaymotomachi-article001
おしゃれなお店が軒を連ねる横浜元町ショッピングストリート
 
freewaymotomachi-article002
キニナルお店を発見!
 
freewaymotomachi-article003
かっこいいロゴマークに引きつけられる

 
近づいてガラス越しに店内をジロジロ眺めていると、中から60代くらいの男性が出てきてこう投げかけてきた。
 

freewaymotomachi-article004
「コーヒーでも飲んでいきませんか?」

 
歩き疲れたうえに喉が乾いていた筆者に、むろん、断る理由はない。
 
「2月26日にオープンした『FREEWAY428』というアパレルショップなんですけどね、カフェも併設してるんですよ。休憩がてら、コーヒーでも飲んでゆっくりしていってください」
 
そう声をかけてくれたのは、ここ「YOKOHAMA FREEWAY428 DAIKANZAKA元町店」のマネージャーを務める川本智章(かわもと・ちあき)さんだ。
 

freewaymotomachi-article005
髭がお洒落な川本さん

 
「じつは、わたしが着ているこの服もコーヒーを入れるマグカップも、みんなFREEWAY428の商品なんですよ。FREEWAY428というのは、30年以上も前に横浜を中心に大流行したアパレルブランドでね。ブランドとしては10年くらい前になくなっちゃったんですけど、2017(平成29)年の5月にまた復活したんですよ」
 

freewaymotomachi-article006
木のナチュラルカラーを生かした、目に優しい店内

 
川本さんのお言葉に甘えて店内に足を踏み入れると、アパレルアイテムが整然と並べられている。
 

freewaymotomachi-article007
「428ブレンドコーヒーをどうぞ!」

 
コーヒーについての説明は後述するとして、まずは店内のアイテムを見せてもらうことに。
 

freewaymotomachi-article008
ブーム当時、大人気だったというトートバッグ
 
freewaymotomachi-article009
かわいらしいデザインのマグカップはペアで使いたい
 
freewaymotomachi-article010
創業者の手書きイラストがプリントされたスウェット
 
freewaymotomachi-article011
ポップな柄のTシャツが数多くラインアップ
 
freewaymotomachi-article012
定番の“428柄”はFREEWAYファンならマストアイテム
 
freewaymotomachi-article013
ユニセックスで使えるアイテムも多い

 
キレイ目スタイルに使えそうなシャツを発見。
 

freewaymotomachi-article014
何かと重宝するオックスフォード地のボタンダウンシャツ

 
定番商品の存在感は30年以上たった今でも色あせない。ブーム当時と同じ製法で作られたこだわりの一品は、made in JAPANながら6300円(税込・以下同)という驚きのプライスを実現している。
 

freewaymotomachi-article015
人気の高いブラックウォッチ柄

 
上記で紹介したアイテムの価格は以下の通り。
 
-------【プライス】-------
〇スウェット(7932円/9012円)
〇パーカー(9900円/1万900円)
〇Tシャツ(3130円/4212円/5290円)
〇トートバッグ大(3132円 ※ブラックウォッチ柄は4212円)
〇トートバッグ小(2700円 ※ブラックウォッチ柄は3132円)
〇ブラックウォッチ柄
・2ウェイバッグ(6550円)
・リュックサック(8000円)
〇マグカップ(1500円)
-------------------------
 
 
 
「FREEWAY428」のブームと終焉、そして復活へ
 
代表的なアイテムを一通り見たところで、ある事実が発覚する(!)。
 
「『FREEWAY428』の前身の『FREEWAY』が中区長者町に第一号店をオープンしたころから関わってましてねぇ。その後、ルミネ横浜店にも出店していたんですが、そこの店長としても働いてたんです。そんな経緯もあって、『FREEWAY428』が復活することは人づてに聞いていて。わたしがここの店長に抜てきされました」
 

freewaymotomachi-article016
1980(昭和55)年のルミネ横浜店開業とともに出店

 
なんと、川本さんは当時の「FREEWAY428」ブームを知るだけでなく、社長の右腕として第一線で活躍した人物のようだ。
 
「ルミネ横浜店に出店した直後は、鳴かず飛ばずの状況が3ヶ月くらい続いてねぇ。でもね、女性ファッション誌の『JJ』や男性ファッション誌の『ポパイ』で紹介されるとお客さんが殺到したんです。その後も『CanCam』『ホットドッグプレス』『anan』がこぞって特集を組んでくれたおかげもあって、FREEWAY428が横浜を中心にブームになったんです」
 

freewaymotomachi-article017
当時を懐かしみながら語ってくれた川本さん

 
その後、ファストファッションなどが台頭したことで惜しまれつつ終息を迎えた「FREEWAY428」だったが、川本さんの言う通り2017(平成29)年の5月にポップアップショップとして復活。その第一弾となったルミネ横浜店では、当時を懐かしむ40代以上はもちろん、トレンドに敏感な20〜30代の男女で大いに盛り上がった。
 

freewaymotomachi-article018
当時買った「FREEWAY428」のアイテムを身に着けて訪れるファンも多かった

 
「ルミネ横浜でポップアップショップがオープンした際、私はまだこのプロジェクトに参加していなかったので客として足を運んだんですよ。よくファッションのトレンドは繰り返されると言いますが、実際に受け入れてもらえるか心配でしたね(笑)。でも、『高校生のときにFREEWAY428のトートバッグを使ってました』とか言ってくれるお客さんもいてねぇ。もう何十年も前に一生懸命取り組んでいたことが、こうやって時代を超えて多くの方に受け入れてもらえるなんて、うれしいですね」
 

freewaymotomachi-article019
「自分の子どもや孫をかわいがってもらえているみたいですね」

 
その後も、神奈川県内各所や都内で期間限定のポップアップショップとして展開。そしてこの度、2019(平成31)年2月26日に常設店となる「YOKOHAMA FREEWAY428 DAIKANZAKA元町店」がオープンしたのだ。
 

freewaymotomachi-article020
【お店へのルート】みなとみらい線「元町・中華街駅」の5番出口を出発
 
freewaymotomachi-article021
【お店へのルート】元町商店街の中ほど、代官坂通りを進むと左手に見える

 
 
 
これからの「FREEWAY428」
 
「お店の作りとしては、70年代のボートハウスをイメージしているんです。FREEWAY428自体がマリントラディショナルブームのなか、マリンアイテムを中心に人気を得たアパレルブランドでもあり、当時はアメリカのカルチャーに影響を受けていたので、なんとなくそういう雰囲気を醸し出せればと思っています」
 

freewaymotomachi-article022
店内はボートハウスをイメージしてデザイン
 
freewaymotomachi-article023
ロゴの上部にはmade in USAのオールをレイアウト

 
冒頭でも紹介した通り、カフェが併設されているのも「YOKOHAMA FREEWAY428 DAIKANZAKA元町店」のトピックである。
 

freewaymotomachi-article024
店内奥にはオープンキッチン風のカフェが併設されている
 
freewaymotomachi-article025
「428ブレンドコーヒー」は450円

 
「せっかくご来店いただいたお客さまに、おもてなしとしてコーヒーやソフトドリンクもご提供しています。ビールやワインなどのアルコール類は、おもに横浜にちなんだドリンクをそろえています。もちろん、ドリンクのみのご利用も歓迎ですので、ぜひおくつろぎください」
 
ちなみにコーヒーの豆は同じ元町にあるカフェから仕入れているそう。苦みの少ないアメリカンを基本としているが、苦みの調整などはお客さんの希望に沿うことも可能だ。
 

freewaymotomachi-article026
横浜元町で、横浜のお酒を飲みながら、「YOKOHAMA FREEWAY428」のアイテムと過ごす休日
 
freewaymotomachi-article027
「ぜひゆっくりしていってくださいね」と川本さんがビールをついでくれた
 
freewaymotomachi-article028
こんな過ごし方ができるのも、新たな「FREEWAY428」を予感させる

 
ブームを知るファン同士が集まり、川本さんと共に昔話に花を咲かせるのも大いにあり。取材当日、当時の「FREEWAY428」についてうれしそうに話す川本さんの姿が印象的だった。本当に自分の孫のように大事にしている様子がひしひしと伝わってきた。
 

freewaymotomachi-article029
ディスプレイの中に飾ってある赤いポロシャツなどは当時のもの
 
freewaymotomachi-article030
懐かしのアイテムがたくさんある

 
当時を知るファンはぜひともお店に足を運び、川本さんと大いに盛り上がってほしい。
 

freewaymotomachi-article031
当時のことをうれしそうに話してくれた

 
 

\ 友達にシェアする /

  • LINE
  • はてな

基本情報

店名 YOKOHAMA FREEWAY428 元町店
ヨコハマフリーウェイ
ジャンル ファッション
住所 〒231-0861 横浜市中区元町1-76-1
アクセス みなとみらい線「元町・中華街駅」から徒歩4分
JR根岸線「石川町駅」から徒歩10分
駐車場
※ 近隣にコインパーキングあり
TEL1 045-264-4280
はまれぽを見たとお伝えください
TEL2
FAX
営業時間 11:00~19:00
定休日 月曜日(※祝日の場合は営業)、火曜日
URL https://www.freeway428.yokohama
カード利用
個室

こちらもおすすめです

横浜のオシャレ女子必見のアイテムが、伊勢佐木町の“きよみのアンティークショップ”にあった

  • PR

バイクのことならなんでもお任せ! 地域密着がコンセプトの「カスタムショップ サカイオート」

  • PR

創業88年の老舗。“お酒のプロ”として、地元横浜の飲食店に最高のお酒を提供し続ける「酒の島崎」

  • PR

バイクを知り尽くした研究所? ネットや他店で購入した車両の整備も大歓迎! 「バイクラボラトリー」

  • PR

はまれぽ読者限定!

はまれぽモテナシ

お買上げ5000円以上でソフトドリンク1杯、1万円以上でアルコール類1杯サービス

【有効期限】 '20/03/31

【利用条件】
2名様まで可能
【提示条件】
ご来店時に特典画面を提示


基本情報

店名 YOKOHAMA FREEWAY428 元町店
ヨコハマフリーウェイ
ジャンル ファッション
住所 〒231-0861 横浜市中区元町1-76-1
アクセス みなとみらい線「元町・中華街駅」から徒歩4分
JR根岸線「石川町駅」から徒歩10分
駐車場
※ 近隣にコインパーキングあり
TEL1 045-264-4280
はまれぽを見たとお伝えください
TEL2
FAX
営業時間 11:00~19:00
定休日 月曜日(※祝日の場合は営業)、火曜日
URL https://www.freeway428.yokohama
カード利用
個室

アクセスランキング