検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

食べる居酒屋特典あり

まんてんプロ

  • 各線「関内駅」から徒歩1分
  • 横浜市中区真砂町3-28 第1柳下ビル105
    • 営業時間:【月~木】16:30~23:00【金】16:30~23:30【土】16:00~23:00
    • 定休日:日曜日

カロリーなんて怖くない! 油の吸収率を抑えて串カツをおいしく楽しくヘルシーに。「はまぽーく」を使った横浜串カツに絶品の「もつ」も味わえる贅沢な立ち飲みスタイル。お1人様からグループまで大歓迎!

ココがイチオシ!

串カツなのに超ヘルシー? 揚げ物大好きなオジサンも女子も要注目のお店が関内にオープン

 

2019年07月29日

年齢を重ねても「揚げ物大好き」の筆者。しかしここ最近は、調子に乗って食べすぎると、翌日は胃もたれを感じるように・・・。順調に増え続ける体重もキニナルため、「好きなモノを好きなだけ食べる生活」とは、ちょっと縁遠くなっていた。
 

mantenpro-article001
揚げ物とビールって、最強だよね!

 
そんな筆者の心の声が届いたのか、はまれぽ編集部・阿部から突如、「関内にある串カツ屋さんに来てください~」とのお誘いが! 何でもこのお店の串カツは「毎日食べられるヘルシーさ」が特徴なのだという。ん? でも揚げ物とヘルシーって真逆なイメージがあるような・・・。阿部の言葉を疑いつつ、足早に横浜市中区にあるお店に向かった。
 

mantenpro-article002
「関内駅」から徒歩1分。立ち飲みスタイルのようだ

 
さっそく目的のお店「まんてんプロ」に入っていくと、カウンターの奥で「1人飲み」をしている阿部を発見!
 

mantenpro-article003
ビール片手に店員さんと盛り上がっている

 
「ここの串カツ、メチャクチャさっぱりしてるのに肉はとてもジューシー。最近おなかの肉付きがキニナル自分も気にせず何本でもいけちゃいますよ!」と、ヘルシー推しする阿部の目の前には、ズラリと並んだ串カツ&もつ肉。
 

mantenpro-article004
肉好きにはたまらない組み合わせ!
 
mantenpro-article005
「横浜串カツ(1本150円/税別・以下同)」

 
「横浜串カツ」の味付けは、全部で7種類。写真右から「タレ」「ハーブ塩」「みそ」「地獄」「ポン酢」「わさび」「花山椒」という、お酒がグイグイ進むラインアップ!

ポイントは横浜産のブランド豚である「はまぽーく」を使用していること。弾力のある肩ロースなど赤身を中心に使うことで、旨味がギッシリと詰められるのだ。
 

mantenpro-article006
「はまぽーく」は、赤身のおいしい部分を贅沢に使用
 
mantenpro-article007
「お一人様限定 もつ三種盛り(600円)」※牛ハラミの場合は+100円

 
こちらは「もつ刺」と「もつ皿」のメニューの中から好きな3種を選べるという、うれしい盛り合わせ。阿部が選んだのは、写真右から「牛ハラミのたたき」「せんまい」「とろれば」。「1人飲み」の悲しいところは、おつまみを多く楽しめないことだと思っていたが、「少しずつ味わえるのがGOOD。味付けも、これぞ酒のつまみといった感じでイイですね!」と阿部も大満足の様子。
 
見ているだけで食欲がMAXに達してしまった筆者。すぐにでも立ち飲みに参加したいという気持ちを抑えつつ、少々疑問を抱いていた「ヘルシー」というワードについて、店長の小島真之(こじま・まさゆき)さんにじっくりお話を聞かせていただくことにした。
 

mantenpro-article008
「まんてんプロ」の顔。店長の小島さん

 
 
 
串カツなのに超ヘルシー! そこに隠された秘密とは?
 
さっそく、キニナル「ヘルシーな串カツ」の秘密についてお聞きすると・・・
「実はコイツのおかげなんですよ」と、小島さんが指を差した先には存在感のあるフライヤーが。
 

mantenpro-article009
こちらがその「フライヤー」

 
「普通、揚げ物をすると揚げカスがどんどん下に溜まっていきますよね。でもこのフライヤーは、自動的に揚げカスの排出を行ってくれるので、常に油がクリーンな状態を保つことができるんです。新鮮な油によって、串カツがいつでもカラッと仕上がる優れモノ。さらに油はねが極めて少なく店内に油の臭いが充満することもないから、お客さんはもちろん従業員にも優しい。感動して、フライヤーの名前をお店の名前に拝借しちゃったぐらいなんですよ(笑)」
 
このフライヤーに、食材や油内の分子をコントロールする調理器具を付けることで、油の吸収率を大幅にカット。油が染み込みにくいことに加え、食材の水分が流出しないので、衣のカラッと感が長時間続くのだという。
 

mantenpro-article010
見ただけでも「カラッと感」が伝わってくる!

 
「ほかにこだわっているのは、油と衣ですね。揚げ油にオリーブオイルを使用しているので、香りもいいし、やっぱりヘルシーです。衣は、冷蔵庫で冷やしておくのがポイント。これによって、揚がり具合が軽くなります。衣の温度と油の温度のほどよいバランスで、『外はサクサク、中はジューシー』が生まれるんです」と小島さん。
 

mantenpro-article011
オリーブオイルで、揚げ物もおいしくヘルシーに!

 
なるほど~。ヘルシーに、こんな秘密があったとは・・・! これなら「毎日食べられるフライ」というコンセプトにも納得。仕事帰りに毎日通いたいオジサンたちにも安心だ。
 
 
 
「もつ肉店」が作った串カツ店「まんてんプロ」とは?
 
それでは改めて「まんてんプロ」について紹介しよう。
 
同じ関内界隈にある「もつ肉店」を中心とした系列店の成功を受け、2019(平成31)年4月にオープンした「まんてんプロ」。もつ肉店をベースとした、大阪スタイルの横浜串カツのお店だ。(※「大阪スタイル」については後述)
 

mantenpro-article012
「関内駅」から程近く、セルテの裏側にある

 
「気取らずサッと飲める立ち飲みスタイルなので、その日の気分によって、『きょうは煮込みと串カツ』『あしたはもつ刺と串カツ』みたいに、毎日楽しんでもらえたらいいですね」と小島さん。
 

mantenpro-article013
おつまみ系も、串カツやもつ肉に負けない充実ぶり!

 
また、「もつ肉店」でのこだわりは、同店にもしっかり生かされているという。
 
「まずは、基本となる調理法ですね。『もつ肉店』では、ガスや電気ではなく『備長炭』で焼くことにこだわったので、こちらも同様のコンセプトで、先ほど紹介した調理器具や油にこだわりました。そしてもう一つが、『遊び心』を意識した店作りです」と小島さん。
 
そんな「遊び心」については、筆者もすでに気づいていたところ。
 

mantenpro-article014
「チューハイ」は、卓上シロップを使って自分で作るスタイル
 
mantenpro-article015
大阪スタイルのこんな「お願い」もある

 
さらに写真ではお見せできないが、店内には某アイドルグループのポスターが張られており、その並び順が各卓番の呼び名になっていたり、野球選手のカード入りお菓子を買い、地元横浜の選手が出たらドリングが1杯サービスになったり・・・! 店内には、さまざまな「楽しいこと」があふれていた。
 

mantenpro-article016
楽しい仕掛けは、ぜひ直接お店でチェックして!

 
 
 
ドリンクもおいしく楽しくヘルシーに!
 
先ほども少し紹介した「チューハイ」だが、実際にはどんな仕上がりになるのだろうか?
 

mantenpro-article017
卓上には、レモン・生姜・バイス味のほか、気まぐれ味のシロップが!

 
卓上によって色が違う「まんてん(気まぐれ)」シロップもキニナルので、さっそく飲んでみたいとリクエスト! しかし手作りには、全く自信の無い筆者。
 
・・・ということで、作り方をスタッフの方に聞きながら「糖質ゼロ まんてんチューハイ(340円)」を作ってみることにした。
 

mantenpro-article018
可愛い手書きのメニュー表も作っている日比野悠香(ひびの・はるか)さん

 
「ナニ味にしますか~?」と笑顔で聞いてくれた日比野さん。スカッと爽快な気分になりたかったので「まんてん(気まぐれ)」のサイダー味に!
 

mantenpro-article019
今回は特別に日比野さんに作ってもらった

 
焼酎のサイダー割りが入ったグラスへ、いい感じに注がれるシロップ。ブルーハワイのような色味が美しい・・・!
 

mantenpro-article020
シロップによってルックスがガラリと変化するのも楽しい

 
「糖質ゼロ」の焼酎だから、カロリー面でも安心。ほんのり甘く爽やかな飲み口で、串カツやもつ肉との相性も抜群。チューハイの濃さは、「ほろよい」「ふつう」「ストロング」を選ぶことができるので(濃さの調整無料)、シロップと併せて自分好みの味が作れるというわけだ。ちなみに取材時の「気まぐれ」には、サイダーのほかリンゴや巨峰味も用意されていた。
 

mantenpro-article021
ほかにも魅力的なドリンクばかり
 
mantenpro-article022
昔ながらの気取らない立ち飲みスタイル
 
mantenpro-article023
リーズナブルな「タカラモダン」や「キンミヤ」などのキープボトルがズラリ

 
ここで、はまれぽ読者だけにとっておきの情報を公開!
 
記事掲載記念として、2019(令和元)年8月31日までの期間限定で「ハイボールが99円(月・水曜日のOPEN~18:30限定)」「チューハイが99円(火・木曜日のOPEN~18:30限定)」「串カツ5本盛りが99円(金・土曜日のOPEN~18:30/土曜日の21:00~ラストオーダーまでの時間帯限定)」になるハッピーアワーを実施中!
 
ぜひ「はまれぽを見た!」を合言葉に、お店に駆けつけてほしい。
 

mantenpro-article024
令和元年の夏限定のハッピーアワーを実施!

 
 
 
サクッと歯ごたえ抜群の串カツは、何本でもいけちゃう軽さ!

 
いよいよ「まんてんプロ」イチオシメニューの実食がスタート。
 

mantenpro-article025
パーティが始まりそうな豪華さ♪
 
mantenpro-article026
「まんてんプロ」の看板メニューでもある「横浜串カツ」から~!

 
口に入れた瞬間、サクサクの衣と肉の旨味が広がり、油っぽさを感じることがない。「もつ肉店」の継ぎ足しダレがベースの卓上ソースとの相性もバッチリで、食べ応えは十分あるのに、とにかく軽い! 「串カツなのにヘルシー」は、本当だった。
 

mantenpro-article027
串カツ、フライの人気者が勢ぞろい!

 
写真右から(時計回りに)「肉詰めピーマン」(180円)、「紅ショウガ」(100円)、「ウインナー」(70円)、「たくあん」(70円)、「ハムカツ」(100円)、「もつ肉店のたたきフライ」(180円)、「フィッシュカレー」(180円)、「チキンカレー」(140円)、「チューリップ唐揚げ」(140円)。
 
中でも、ひと際存在感を放つ「たくあん」は、和風ピクルスとも言われているので、相性のいいタルタルソースをアレンジしたとのこと。食感もしっかり楽しめる、一度食べたらやみつきになる味だ。
 
鉄板とも言える「肉詰めピーマン」などはもちろんだが、「紅ショウガ」のような変化球で遊ぶ楽しさもありそう。もちろん「まんてんチューハイ」との相性もバッチリ。
 

mantenpro-article028
ハーフ&ハーフもアリでしょ?(ソーダに梅しそを注入)

 
ここで、忘れてはいけない「大阪スタイル」について触れておこう。大阪スタイルとは、その名の通り大阪における串カツのマナーのことで、共用である串カツソースへの二度漬けを禁止することを意味する。「どうしても!」という場合はキャベツを使ってソースをつける、というのが大阪の流儀なのだ。
 

mantenpro-article029
「二度目のソースはキャベツですくう!」が大阪スタイル

 
続いては、個人的に食べたかった「チキンカレー」を! これは予想とはちょっと違う味。カレーがあまり前に出すぎず、肉のおいしさをしっかり楽しむことができる。
 

mantenpro-article030
「おいしい~!」を叫び続ける取材陣

 
お酒もじゃんじゃん進んじゃう! 甘いもの好きの女性に人気なのがこちら。
 

mantenpro-article031
「自家製シャーベットサワー(白桃)(400円)」
 
mantenpro-article032
もう・・・箸が、手が、止まらない!

 
 

\ 友達にシェアする /

  • LINE
  • はてな

基本情報

店名 まんてんプロ
マンテンプロ
ジャンル 居酒屋、串カツ、立ち飲み居酒屋
住所 〒231-0016 横浜市中区真砂町3-28 第1柳下ビル105
アクセス 各線「関内駅」から徒歩1分
駐車場
※ 近隣にコインパーキングあり
TEL1 000-0000-0000
お問い合わせはFacebookもしくは直接店舗までお越しください
TEL2
FAX
営業時間 【月~木】16:30~23:00
【金曜日】16:30~23:30
【土曜日】16:00~23:00
※ 料理L.O.は閉店30分前
定休日 日曜日
URL https://www.facebook.com/defeat.yokohama
カード利用 不可
個室

こちらもおすすめです

野毛に新たな焼き鳥の名店出現。笑顔の華咲く「華蔵」

  • PR

野毛のリトル大分で郷土料理と銘酒を存分に味わう「如水」

  • PR

餃子、チャーハン、麻婆豆腐・・・横浜駅チカで安くて美味しい本格中華が食べたい人は集合

  • PR

龍馬の妻、おりょうゆかりの老舗料亭! 1863(文久3)年から歴史を重ねる「田中家」

  • PR

はまれぽ読者限定!

はまれぽモテナシ

プロ野球チップス1袋プレゼント!

【有効期限】 '20/03/31

【利用条件】
特になし
【提示条件】
「はまれぽを見た!」とお伝えいただき、特典画面を提示してください。☆さらに・・・ベイスターズ選手のカードが出た場合はドリンク1杯サービスします!!


基本情報

店名 まんてんプロ
マンテンプロ
ジャンル 居酒屋、串カツ、立ち飲み居酒屋
住所 〒231-0016 横浜市中区真砂町3-28 第1柳下ビル105
アクセス 各線「関内駅」から徒歩1分
駐車場
※ 近隣にコインパーキングあり
TEL1 000-0000-0000
お問い合わせはFacebookもしくは直接店舗までお越しください
TEL2
FAX
営業時間 【月~木】16:30~23:00
【金曜日】16:30~23:30
【土曜日】16:00~23:00
※ 料理L.O.は閉店30分前
定休日 日曜日
URL https://www.facebook.com/defeat.yokohama
カード利用 不可
個室

アクセスランキング