検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

相談社会保険労務士

社会保険労務士法人「D・プロデュース」

  • 各線「関内駅」、みなとみらい線「日本大通り駅」から徒歩6分
  • 横浜市中区相生町1-15 第二東商ビル6階
    • 営業時間:9:00~18:00
    • 定休日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始、夏季休業あり

社員の個性を伸ばす組織で急成長。10名ほどのメンバーがいるため、幅広い案件にスピード感をもって対応できる。労務管理の面から「普通の人が活躍できる環境」作りをサポートする、横浜市中区の社労士法人。

ココがイチオシ!

普通の人が輝ける職場を! チームで最高のサービスを提供する社会保険労務士法人「D・プロデュース」

 

2020年03月31日

弁護士といえば法律のプロ。
会計士といえばお金のプロ。
では社労士は・・・?
以前から疑問に思ってきた。
 
社労士、イコール「社会保険労務士」ということは、健康保険や年金といった“社会保険”に関わるプロフェッショナルなのか?
 
でも一体全体どんなときに社労士さんに相談すればいいのだろう?
 

dproduce-article001
「老後2000万円問題」に不安を覚えたとき!? (画像はイメージ)

 
実はこれまでの人生で一度も社労士さんのお世話になったことのない筆者。機会を得て、とあるハマの社会保険労務士事務所へお邪魔させていただいた。
 
 
 
社会保険労務士は労働者を守るプロ
 
お話を伺ったのは横浜市中区に事務所を構える社会保険労務士法人「D・プロデュース」の代表、越石能章(こしいし・よしあき)さん。
 

dproduce-article002
「なんでも聞いてください!」

 
みなと大通りに面した事務所は、緑あふれる横浜公園や横浜市開港記念会館、神奈川県庁などの歴史的建造物にも程近く、“横浜らしさ”を色濃く感じられる一画にある。
 

dproduce-article003
ザ・ヨコハマ!

 
「弁護士が法律を、会計士がお金を守るプロだとしたら、社労士は働く『人(経営者とそこで働く社員)』を守るプロフェッショナル。人の管理を通じて企業の目標達成を支援し、世の中をよりよくする仕事です」と、越石さん。
 
なるほど。つまり企業の人事労務をサポートする仕事ということか。
 

dproduce-article004
法に照らして労働者の権利を守る・・・とか?

 
「実は私、新卒で入社した会社が今でいうブラック企業だったんです」と、話は続いた。
 
大学の法学部を卒業後、専門商社に職を得た越石さん。企画営業職として7年ほど勤務したそうだ。
 
「ブラック企業という概念すら存在しなかったような時代で、平日は営業、休日は現場管理と働きづめでした。売れば売るほど休みがなくなるという状況に、『もうお金なんていらないから休みが欲しい』と思うまでに追い詰められました」
 

dproduce-article005
ちょっぴり意外な方向に話は展開し・・・

 
当時、「これだけ働いて幸せを感じられないのはおかしい」との疑問から、少しでも会社を良くする糸口が見つかればと、大学時代に専攻した労務関連の法律を学び直し始めたという越石さん。徐々に社労士への道が開け、29歳で会社を辞めたのち、3年間の猛勉強を経て、32歳で晴れて社会保険労務士として独立開業したのだという。
 

dproduce-article006
社会保険労務士は厚生労働省認定の国家資格

 
「どんな企業も『人』で成り立っています。人を大切にしながら生産性を上げ、会社の目標を達成することが理想なのです」
 

dproduce-article007
人が輝き、育つ会社を作る必要がある

 
環境が整えば、人はそれぞれの能力を発揮して輝ける。特別な能力を持っていない普通の人でも、頑張った分だけ成果を挙げられる、そんな組織を作るのが「社会保険労務士」なのだという。
 
 
 
3つの“D”を叶える「D・プロデュース」
 
さて、猛勉強のすえ資格を取得し、まずは自宅兼事務所で単独社労士としてのキャリアをスタートした越石さん。着実に実績を重ね、2005(平成17)年に社会保険労務士法人「D・プロデュース」を設立し、現在の場所にオフィスを構えた。
 

dproduce-article008
なぜに“D”プロデュース?

 
「Development(発展)、Design(事業設計)、Dream(夢)の3つの『D』をプロデュース(産出)したいとの思いから、社名を『D・プロデュース』としました。人事労務を通じて企業の発展と事業設計を支え、皆さんの夢の実現をお手伝いするのが目指すところです」
 
現在は常勤10名と提携の社労士合わせて総勢12名ほどの体制で運営、チーム一体となってより良いサービスを提供しているという。
 

dproduce-article009
チーム力で夢をお手伝い!

 
「多様な社労士がいるため、数千人規模の組織まで広く対応できます。社労士の業務は幅広く、全ての分野のスペシャリストであり続けるのはなかなか難しいもの。それぞれがオールラウンダーを目指すのはもちろんですが、各自の強みを生かし、苦手分野は補い合いつつ、組織として良いバランスで運営できています」
 

dproduce-article010
強みを生かして弱みをカバー!

 
また、複数の社労士が在籍していることで、新しいシステムやツールなどにもいち早くキャッチアップできるという。まだアナログの仕事が多く残る業界内で、電子申請に100%対応しているのも同社の特徴だ。
 
「給与計算や人事労務、勤怠管理など優れたツールが多々ありますが、どれも早いペースで進化しており、社労士が単独で複雑化した機能の全てを網羅することは難しくなっています。弊社では各自がこれと決めたツールについて習熟することで、最新のツールをスピーディーに導入することが可能です」と、越石さんは語る。
 

dproduce-article011
労務管理の最新システムもおまかせあれ!

 
労働人口の減少が見込まれる日本で、近年盛んに叫ばれているのが「働き方改革」。労働者の負担を軽減しながら生産性のアップを目指すこの改革には、日々の業務を効率化するシステムの導入が不可欠だ。
 
「D・プロデュース」ではこうしたシステムの重要性にいち早く着目し、それぞれのスタッフが最新のツールに対して顧客に導入指導できるほどまでに習熟。こうした導入サポートのニーズが今後高まってくることも見込んでいるという。
 
さらに、今後ますますニーズが高まるAI(人工知能)については・・・
「AIによって人間の仕事が減ってしまうといった話もありますが、これから先大切なのは、むしろ『AIを活用できる人材の育成』です。AIと上手に付き合い、空いた時間をクリエイティブな業務にあてる。こうした新しい時代に適応した人材の育成こそが、今まさに求められています」
 

dproduce-article012
「AI時代に相応しい人材育成のサポートもさせていただきたい」と語る越石さん

 
 

\ 友達にシェアする /

  • LINE
  • はてな

基本情報

店名 社会保険労務士法人「D・プロデュース」
シャカイホケンロウムシホウジン ディープロデュース
ジャンル 社会保険労務士
住所 〒231-0012 横浜市中区相生町1-15 第二東商ビル6階
アクセス 各線「関内駅」、みなとみらい線「日本大通り駅」から徒歩6分
駐車場
※ 近隣にコインパーキングあり
TEL1 045-226-5482
はまれぽを見たとお伝えください
TEL2
FAX 045-226-5483
営業時間 9:00~18:00
定休日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始、夏季休業あり
URL http://www.d-produce.com
カード利用
個室

こちらもおすすめです

40年以上続く経験豊富で頼れる社会保険労務士事務所「社会保険労務士法人 横浜中央コンサルティング」

  • PR

法律のプロ(将棋も?)三浦修弁護士に、知っておくと便利な法律を教えてもらった

  • PR

ズバリの鑑定結果に思わず絶句。横浜元町のタロット占いで仕事や恋愛を占った結果・・・

  • PR

横浜屈指のパワースポットを目指して、眺望も楽しめる「LM総合法律事務所」

  • PR

基本情報

店名 社会保険労務士法人「D・プロデュース」
シャカイホケンロウムシホウジン ディープロデュース
ジャンル 社会保険労務士
住所 〒231-0012 横浜市中区相生町1-15 第二東商ビル6階
アクセス 各線「関内駅」、みなとみらい線「日本大通り駅」から徒歩6分
駐車場
※ 近隣にコインパーキングあり
TEL1 045-226-5482
はまれぽを見たとお伝えください
TEL2
FAX 045-226-5483
営業時間 9:00~18:00
定休日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始、夏季休業あり
URL http://www.d-produce.com
カード利用
個室

アクセスランキング