検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

食べる和食

田中家

  • JR横浜駅西口より徒歩7分、京浜急行神奈川駅より徒歩5分
  • 神奈川県横浜市神奈川区台町11-1 料亭田中家
    • 営業時間:完全予約制 昼席 11:30〜14:00 夜席 16:00〜22:00
    • 定休日:不定休

東海道神奈川宿で、唯一現存する老舗料亭「田中家」は、特別な時間を過ごすにふさわしい和の魅力にあふれる清々しい空間。家族のお祝いの席や大切な方々との会席に、心づくしのもてなしとお料理を!

ココがイチオシ!

龍馬の妻、おりょうゆかりの老舗料亭! 1863(文久3)年から歴史を重ねる「田中家」

 

2015年06月29日

東海道神奈川宿で唯一現存する料亭!(つづき)
 

11tanakaya_article
1900(明治33)年ごろの田中家

 
11-1tanakaya_article
1900(明治33)年、横浜貿易新聞に掲載された田中家の広告

 
「新築落成、屋内清潔、眺望絶景、空気新鮮、料理精選、和洋折衷、浴室整備」といったコピーが並ぶ。

このころ、田中家の目の前は海で、安房上総(あわじょうそう:現在の千葉県)まで見渡せたそうで、その眺望はとても美しかったようだ。また「料理精選、和洋折衷」もまた、注目すべきところ。
 
創業以来、横浜在住の外国人を呼び込むために、田中家では従業員に英会話やダンスを習わせたこともあるそうで、当時から自由に足を伸ばせる椅子席などの座敷を設けていた。外国人の口に合う料理も工夫し、臨機応変に提供していたようだ。
 

12tanakaya_article
外国人らしきお客さんも何人か写っている

 
13tanakaya_article
大広間での結婚式。見事な欄間も印象的

 
1923(大正12)年、関東大震災で田中家は崩壊。震災後は、焼け跡にバラックの仮店舗を建設し再起を図る。その後、再建された田中家は壮麗な3階建てだったようだが、第2次世界大戦で被害を受け、再び店舗は全焼してしまった。
 
1952(昭和27)年 に建築された田中家は、とても大きな割烹旅館だった。200畳の大広間もあり、1000人を収容できるほどの規模だったという。
 

13tanakaya_article
1990(平成2)年以前の田中家

 
現在は、相続などの問題から規模は縮小している。また、昔ながらの格式ばったルールを捨て、イメージチェンジを図りながらも、歴史ある店の伝統を大切に守っている。

 

15tanakaya_article
女将の三味線と踊り手とで、もてなすこともあるという

 
「田中家は、江戸時代から神奈川宿で唯一残ってきた料亭です。東海道の歴史を伝え、日本の文化を伝える存在として、大切に守っていきたいと思っています」と女将は話す。
 
 
 
現在の田中家を紹介! 老舗の趣を残しながら、常に新たな風を
 
現在の田中家は1、2階合わせて約150坪の広さを持つ。全盛期に比べると規模は小さくなったが、歴史ある料亭の趣を残していることに変わりはない。
現在の田中家について、若女将、晝間貴子さんにお話を伺った。
 

16tanakaya_article
若女将、晝間貴子さん

 
若女将に田中家の伝統を守っていくことについて伺うと、ちょっと意外な言葉が返ってきた。

「伝統とは、革新を求めていくものだと考えています」と若女将。
この田中家は同じものを守ってきたのではく、初代から2代目、3代目とそれぞれカラーが違い、時代に合わせて変化してきたという。
 
伝統だけを受け継いでも、世の中の流れに沿わなければ淘汰されていってしまう。田中家が長く続いてきたのには、きっと確かな理由があったに違いない。
 
それでは、現在の田中家はどのような様子なのだろう。少しだけご紹介!
1階には、「月」「富士」の間がある。
 

17tanakaya_article
「月」の間からは、きれいな庭が見える
 
18tanakaya_article
入口から見た「月」の間。明るく広々としている

 
床の間には、由緒ある掛け軸や調度品が飾られ・・・

 

19tanakaya_article
きれいな生け花が飾られている

 
どのお部屋にも、さまざまなところに由緒ある品が飾られ、美しく風情のあるお部屋に整えられていた。
 
また、かつての田中家を偲ばせる品も多く残っている。たとえば・・・
 

20tanakaya_article
蛸と蛸壺が描かれた欄間(らんま)

 
21tanakaya_article
こちらは、2階にある海老と蟹が描かれた欄間

 
田中家の目の前は海だったので、海にちなんだ欄間が作られたようだ。これはかなり古いものだそう。
 
2階には、「雪」、「松」、「竹」、「梅」の間があり、

 

22tanakaya_article
松、竹、梅の三間は襖(ふすま)をはずして、使うことができる

 
こちらは50~60名を収容できるので、結婚披露宴などに利用することもできる。

料金は、基本的に料理とサービスのみ。場所代が別に必要になるわけではない。花などは自分たちで用意して持ち込むこともできるそうだ。
 
由緒ある料亭での結婚披露宴というと、すごく高額というイメージがあるが、田中家は、そういうイメージを覆してくれた。
こんな格式のある場所で、リーズナブルに結婚披露宴ができるなんて素敵! 自分たちで作り上げ、とても思い出に残る結婚披露宴ができそうだ。
 
また、結納や両家の顔合わせに利用しやすいプランも用意されている。
 

23-1tanakaya_article
田中家は、昔ながらの料亭のイメージを大きく変えてきた

 
以前は、料亭にお子さまがいらっしゃることはなかったが、現在は、お食い初めプラン、七五三、入学・卒業の祝い、家族の記念日などの節目に利用される方も多いという。
 
田中家では、地元の小学生を無料招待するイベントも行った。
「これからの日本を背負う若い世代に、神奈川宿の歴史を知ってもらい、料亭とはどんなものか認知してほしい。日本の食文化の素晴らしさも伝えたい」という思いからだという。
 
 
彩り豊かな懐石料理で旬を味わう!≫
 

基本情報

店名 田中家
タナカヤ
ジャンル 日本料理
住所 〒221-0834 神奈川県横浜市神奈川区台町11-1 料亭田中家
アクセス JR横浜駅西口より徒歩7分、京浜急行神奈川駅より徒歩5分
駐車場 お着きになられましたら、玄関でお声をおかけください。ご案内いたします。
TEL1 045-311-2621
「はまれぽを見て」とお伝えください。
TEL2
FAX 045-311-2623
営業時間 完全予約制 昼席 11:30〜14:00 夜席 16:00〜22:00
定休日 不定休
URL http://www.tanakaya1863.co.jp/
カード利用 可 (VISA、JCB、AMEX、Diners)
個室
  • LINE
  • はてな

基本情報

店名 田中家
タナカヤ
ジャンル 日本料理
住所 〒221-0834 神奈川県横浜市神奈川区台町11-1 料亭田中家
アクセス JR横浜駅西口より徒歩7分、京浜急行神奈川駅より徒歩5分
駐車場 お着きになられましたら、玄関でお声をおかけください。ご案内いたします。
TEL1 045-311-2621
「はまれぽを見て」とお伝えください。
TEL2
FAX 045-311-2623
営業時間 完全予約制 昼席 11:30〜14:00 夜席 16:00〜22:00
定休日 不定休
URL http://www.tanakaya1863.co.jp/
カード利用 可 (VISA、JCB、AMEX、Diners)
個室

アクセスランキング