検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

相談弁護士

LM総合法律事務所

  • JR「桜木町駅」より徒歩約5分
  • 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1横浜ランドマークタワー43F
    • 営業時間:平日9:00~19:00、土日祝日10:00~17:00(相談業務のみ)
    • 定休日:年末年始

多士済々のスター選手を抱える法律事務所に、弁護士の人となりをインタビュー。「迅速の寄せ」か「鉄壁の守り」か、はたまた「緻密な戦略」か。依頼したいと思うのは、どのタイプの先生?

ココがイチオシ!

横浜屈指のパワースポットを目指して、眺望も楽しめる「LM総合法律事務所」

 

2015年09月17日

法律事務所の上手な活用法とは?
 
とはいえ、法律事務所は、目の前にさしたるトラブルが起きていない人にとって無縁の存在という気がする。そこで、誰にでも起こり得る相続問題を例に取り、どのような場合に法律相談が必要なのかを追っていくことにしたい。
 

LM_article11
話題はにわかに現実味を帯びてきた

 
各先生によれば、もめ事が起きてからのシューティングではなく、むしろ「そうならないための準備」として法律事務所を利用してほしいという。「ウチは仲がいいから、相続争いなんて起きない」。その油断こそが、「争続」と書いて「そうぞく」と読む最大の原因になっていることも。

 

LM_article12
ほかにも、過去の取扱い事案を調べていただいた

 
また、遺産分割がまとまらないだけでなく、相続そのものが放置されている場合も要注意なのだとか。過去事例の中から出てきたのは、昭和40年頃の相続について、遺産分割協議をする必要が生じたケース。相続の対象者は、約半世紀をかけて30人あまりに増加し、その全員から合意を得ないと話が前に進まなくなるらしい。
 
「やっと終わりが見えてきたと思ったら、相続人の1人がお亡くなりになりまして。また事情説明からやり直しです」
そんなことが、実際には起きているのだ。
 

LM_article13
相続税控除額が変更されたのを機に、相続の相談は増加傾向にある

 
関係者間のトラブルやもめ事は、「相続問題」の一部に過ぎない。子どもや孫の代まで見据え、各財産の帰属先を明らかにしておくことも、自分の代に課された責任なのではないだろうか。こうしたリスクを持ち越さないために有効なのが、何といっても「遺言」だ。最近では、40代のうちから準備をはじめる人も少なくないらしい。
 
「でも、遺言を書いただけでは不十分なんですよ。もめ事の火種になることすらあります。遺言を設計図ぐらいに捉えておいて、ビデオレターのような実行性を高める工夫を併用するといいでしょう」
 
また、設計図が引ければ、シミュレーションを行うことも可能。「このままだと、おそらく次男が文句をつけてきますよね。そうしたらこう対抗しましょう。相続が開始されたら実際にそうなりました。でも、想定内です」・・・こうした布石は、平時に行っておいてこそ、その意味を持つ。
 

LM_article14
弁護士バッジの中央には、バランスを意味する「天秤」が彫られている

 
それにしても、なぜ弁護士には、こうした先々のことが予測できるのだろう。その答えは、実際に積み重ねてきた事案と、過去判例の累積にある。網野先生のセリフを引用するなら、「紛争ケースを知らない人が紛争を防止しようとしても、結局紛争になる」
 
弁護士は、紛争解決のスペシャリストであるだけでなく、他士業の業務について理解できるジェネラリストでもある。ならば、解決への出口を相談するだけでなく、正しい入口を教えてもらうのも重要な活用方法。「弁護士は総合病院のようなもの。たらい回しにせず、ワンストップでどの専門家を頼ればいいのか診断が行えます。早めに手当てをすれば、アドバイスだけで完治することも可能」と國澤先生。
 

LM_article15
高い位置から見れば、自分が置かれた状況が把握できる

 
せっかく無料相談があるのだから、最初から迷わない道順を教えてもらおう。その上で依頼が必要なら、必ず見積もりを確認し、弁護士費用をかけてもリターンがあるのかを検討すること。國澤先生によれば、「現在の話に限らず、今後こうなったら弁護士に頼んでくださいというアドバイスもできます。その方が安心できるのでは」とのこと。
 
 
 
リーガルサービスもサービスの一種である
 
私たちが商品の購入や役務の提供を受けるときは、必ず事前に説明を求め、納得してから対価を支払う。しかし、この感覚が、なぜか法律事務所の場合は抜け落ちてしまう。この記事を作成する上で「無料相談を有効に活用しましょう」とは言うものの、むしろそれは当然のことなのである。
 
そのためにも、事が起きてからではなく、余裕のある段階から動き始めたい。こうした利用者側のニーズを心から理解し、推奨してくれるのが「LM総合法律事務所」。最後になるが、山本先生の印象に残った一言で締めくくらせてもらいたい。
 

LM_article16
絡んだ糸を解きほぐす、横浜ランドマークタワーの勇姿

 
「横浜のパワースポットになればいいなと思っているんですよ。ここに来れば、いつでも元気になるって」

 
 
―終わり―
  

◆LM総合法律事務所 
HP/
http://www.lmslaw.jp/
   
■メッセージや質問など、お問い合わせはこちらから
お問い合わせ
 

 

※情報は取材時のものです

基本情報

店名 LM総合法律事務所
エルエムソウゴウホウリツジムショ
ジャンル 弁護士
住所 〒220-8143 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1横浜ランドマークタワー43F
アクセス JR「桜木町駅」より徒歩約5分
駐車場 なし
TEL1 045-872-4392
「はまれぽを見て」とお伝えください。
TEL2
FAX
営業時間 平日9:00~19:00、土日祝日10:00~17:00(相談業務のみ)
定休日 年末年始
URL http://www.lmslaw.jp/
カード利用
個室
  • LINE
  • はてな

基本情報

店名 LM総合法律事務所
エルエムソウゴウホウリツジムショ
ジャンル 弁護士
住所 〒220-8143 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1横浜ランドマークタワー43F
アクセス JR「桜木町駅」より徒歩約5分
駐車場 なし
TEL1 045-872-4392
「はまれぽを見て」とお伝えください。
TEL2
FAX
営業時間 平日9:00~19:00、土日祝日10:00~17:00(相談業務のみ)
定休日 年末年始
URL http://www.lmslaw.jp/
カード利用
個室

アクセスランキング