検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

病院内科

陽和クリニック

  • みなとみらい線「元町・中華街駅」1出口より徒歩2分 「日本大通り駅」3出口より徒歩8分
    JR京浜東北線「石川町駅」北口出口より徒歩約11分
  • 神奈川県横浜市中区山下町185
    • 営業時間:月・水・金/9:00~ 14:00~、火・土/14:00~、木・日祝/休診
    • 定休日:木・日祝

多くの人が行き交う中華街で、親子2代にわたり開業医を営んでいる陽和クリニック。ちょっとした体調の異変など気軽に相談できる身近な体の専門家である。

ココがイチオシ!

糖尿病を始めさまざまな疾病に対して豊富な知識と経験から最適な治療を見出す「陽和クリニック」

 

2015年10月01日

何があっても治療は続けること
 

以前にテニスをやっていた稲村院長は、当然ながらスポーツを推奨する。
 
「一日置きに体を動かすことをお勧めします。歩くだけでもいいと思います。あるいは自転車なんか気持ちよくていいじゃないですか。日常の中に歩行あるいは運動を組み込んでください」
 
日頃の小さな努力こそが大切、ということだろうか。
 

miyashita_article8
日々診察室で患者さんと向き合う

 
多くの人にとってダイエットは重要な関心事項であろうが、稲村院長は太らないことを推奨する。
 
「脂肪細胞はさまざまな化学物質『サイトカイン』を出しています。その中には血糖やコレステロール、あるいは血圧を上昇させる働きを持った物質もある。コレステロールはそれだけで動脈硬化因子です」
 
動脈硬化などの生活習慣病にならないためには、太らないことが大切のようだ。

そして稲村院長は、血圧をコントロールすることの重要性を唱える。
 
「糖尿病の合併症の一つに網膜症があります。血液中の血糖が高いと血管が詰まったりして、視力が悪化することがあります。進行すると失明に至ることもある、怖い症状です。しかし、血圧が低いと、血糖値が高くてもなかなか網膜症にまで至らないという事実も、多くの患者さんを診て経験しています」
 
血圧を低く抑えることが、健康を保つポイントであると強調する。
 

miyashita_article9
血糖値と食事の関係を説明

 
「そういうことも含めて、健康診断を受けることをお勧めします。現在『特定健診』という制度があります。40歳から74歳 までの年齢の方には年1回受診できます。この健診では糖尿病、メタボリックシンドローム等をみつけるための項目が入っています。みなさん
の元に受診の為の手紙が届くはずなのでこれを活用してください。もし 手紙を紛失しても地元の保健所に連絡すれば再発行してくれます」
 
「75歳以上の方は、すでにおかかりの医院・病院に相談し検査を受けてください。糖尿病は自覚症状が出ない病気で、体がだるくなるといった変化を感じるころにはかなり進行しています。ですからある程度の年齢になり、近親者に糖尿病患者がおられる方は、診断を受けられることをお勧めします」
 
「糖尿病というと肥満体の人がなる病気というイメージがあるが、それは違う、スポーツマンでなる人もいます」と誰でもなる可能性のある病気であることを明言する。
 
誰であろうと病気治療を続ける努力は、決して小さなものではない。ときに負担に堪えかねて、治療を中断したり、あるいはやめたりする人も少なくない。

しかし、これは最悪と稲村院長は言う。
 

miyashita_article10
「患者さんのため」にという思いが節々に伝わってくる

 
「薬をやめたり、治療を中断したりするのは最悪です。主治医を変えてもいいですから、治療は続けていただきたいと思います」
 
 
 
親子2代で街の人々を守っている医院
 
こんな稲村院長の趣味は写真。その見事な作品が、院内にも飾られている。
 
「たとえば本当に美しい夕焼けなど1年に数回しか見られず、それも数分しか続きません」
 
写真の魅力とはなんですか、と問うと。
 
「『一期一会』です」
 
とのこと。
 

miyashita_article11
自慢の一枚を廊下に飾る

 
医者としてうれしいときとは、と尋ねると、
「ここで患者さんと話をして、どのレストランがおいしいとか世間話をして日々過ごせることが、うれしいことと言えますかねえ。実際ストレスはありますが、深刻に考えず、ストレスにならないように意識しています」と、日々自然体で過ごしているようだ。
 
親子2代にわたり街の人々の健康を守っている稲村院長。周囲の信頼も厚いことが感じられる。
 
 
 
取材を終えて
 
本文中にも示したように、昨今は「一日一食」あるいは「朝食有害説」など個性的な食事法や健康法がもてはやされることが多いが、稲村院長の話は実にオーソドックスな、安心できる内容だった。糖尿病が専門とのことだったが、どのような症状にも対応できる幅広い知識と経験の持ち主であることが感じられた。
 

miyashita_article12
どんな症状にも対応できる幅広い知識と経験がある

 
ちょっとした体調の変化にもあわてることなく相談できる専門家がいれば心強い。陽和クリニックは、そんな医師のいる医院である。
 
 
─終わり─
  
陽和クリニック
HP/http://www.yowaclinic.jp/
  
■メッセージや質問など、お問い合わせはこちらから
お問い合わせ

 

※情報は取材時のものです

\ 友達にシェアする /

  • LINE
  • はてな

基本情報

店名 陽和クリニック
ヨウワクリニック
ジャンル 内科
住所 〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町185
アクセス みなとみらい線「元町・中華街駅」1出口より徒歩2分 「日本大通り駅」3出口より徒歩8分
JR京浜東北線「石川町駅」北口出口より徒歩約11分
駐車場
TEL1 045-681-5117
「はまれぽを見て」とお伝えください。
TEL2
FAX
営業時間 月・水・金/9:00~12:00 14:00~17:00
火・土/14:00~17:00
定休日 木・日祝
URL http://www.yowaclinic.jp/
カード利用
個室

こちらもおすすめです

最先端の機器を使った治療と丁寧な説明。 地域の“目のかかりつけ医”をめざす「戸塚ヒロ眼科」

  • PR

地域密着医療をめざして、ネコがお出迎えしてくれる。横浜市戸塚区「かみくらた動物病院」

  • PR

ペットを飼う前から相談できる!? 一生つきあっていきたい「三ツ池動物病院」

  • PR

「通院」が「お出かけ」に! 「また来たい」と思える、地域のニーズをかなえた歯科医院「オリーブ歯科」

  • PR

基本情報

店名 陽和クリニック
ヨウワクリニック
ジャンル 内科
住所 〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町185
アクセス みなとみらい線「元町・中華街駅」1出口より徒歩2分 「日本大通り駅」3出口より徒歩8分
JR京浜東北線「石川町駅」北口出口より徒歩約11分
駐車場
TEL1 045-681-5117
「はまれぽを見て」とお伝えください。
TEL2
FAX
営業時間 月・水・金/9:00~12:00 14:00~17:00
火・土/14:00~17:00
定休日 木・日祝
URL http://www.yowaclinic.jp/
カード利用
個室

アクセスランキング