検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

住むリフォーム

システムショップはぎわら 金沢文庫店

  • 京浜急行線「金沢文庫駅」より徒歩15分
  • 神奈川県横浜市金沢区釜利谷東4-2-1
    • 営業時間:午前9時~午後5時半
    • 定休日:日曜・祝日

自然素材にこだわった“心と体にやさしい家づくり”も大好評! 高い満足度の理由は「ていねいな聞き取り」と「確かな提案力」にあり

ココがイチオシ!

増改築からメンテナンスまで、住まいのことならなんでもおまかせ「システムショップはぎわら 金沢文庫店」

 

2016年04月28日

住まいの「不便」「不満」をプロの目で発見・解決へと導く!(続き)
 
お客さんへのこうした取り組み・想いは、当然、共に働くスタッフにもしっかりと受け継がれている。今、金沢文庫店には、店長の児玉さんの下、リフォームアドバイザーが2名、営業事務が1名、合わせて3名の従業員が勤務している。
 

020hagiwara_article
金沢文庫店全スタッフ。従業員は全員女性だ
 

きびきびと働くスタッフを横目に「女性だけに絞って採用しているわけではないのですが・・・」と笑いつつも、「女性ならではの視点、細やかな心遣いを発揮してほしい」と、児玉さんも活躍を大いに期待していると語る。
 
リフォームアドバイザーとして働く野尻果那(のじり・かな)さんは、美術系大学を卒業後、「人の暮らしの流れを見てみたい」とシステムショップはぎわらへと入店。最近、リフォームスタイリストの認定資格も取得した。
 

021hagiwara_article
「まだまだ職人さんに助けられる場面が多いです」と笑う

 
担当する案件は、トイレやキッチンの部分改修から、建物全体のリフォームまで内容も規模もさまざま。「全面リフォームを希望されている方は、かなりこだわりを持っている方が多いのでそのご希望をしっかり聞くよう心がけます。部分改修の場合は、こちらからご提案をすることが多いですね」と語る野尻さん。
 
そんな彼女が最も気を配っているのは「誤解のないよう、何度もお客様と意思確認を行う」こと。また、満足度の高いリフォームを提案できるよう、施工後の定期点検時にお客さんから「リフォーム後の暮らしについて尋ね、意見を伺うこともある」と、常に勉強を重ねている。
 
その向上心・研究心は、入店から「まだ2ヶ月くらい」という斉藤洋美(さいとう・ひろみ)さんも同様だ。
 

022hagiwara_article
以前は不動産管理会社で勤務していたという斉藤さん

 
「例えば“明るい感じにしたい”と言われても、その感覚はお客様一人ひとりで全く違います。そういったニュアンスの共有が大変ですね」と話す斉藤さん。
 
そのために「現在のお住まいを拝見してお客様の“好み”を感じ取るようにしている」という。そして、お部屋の雰囲気を大きく変えないよう、例えばキッチンのリフォームの時などは、今お使いのシステムキッチンのメーカーや大きさを合わせるようにしている」のだとか。
 
今後は「1日でも早く全面リフォームのお客様を担当できるよう、さらに経験を積んでいきたい」と意欲的だ。
 
営業事務の山田美代子(やまだ・みよこ)さんは、13年に渡り、忙しく動きまわるリフォームアドバイザーを支え、お店の“顔”としてお客さんに対峙してきた。
 

023hagiwara_article
電話受付やチラシのポスティングなども行う山田さん

 
「ご近所の方はフラッとやって来てちょっとした修繕や工事を頼んでいくこともあるんですよ」と笑う山田さん。この店がまさに地域の頼れる“ホームドクター”として信頼を集めていることを最も肌で感じ取っている人かもしれない。
 
「最近はホームページを見て・・・と自然素材を使ったリフォームを希望される人が増えたように思います。それもあってアドバイザーの方々は大忙し。私は縁の下の力持ちとして、お店に来るお客様や、問い合わせの電話にしっかりと対応していきたい」と話す。
 
3人とも「自然素材を積極的に使用していることが支持され、地元のお客様から長く信頼されている」はぎわらでの仕事に誇りを持ち、お客様の要望に応えることができるよう、日々、経験を磨き、努力を重ねていることが伝わってくる。
 
 
 
より「安全・安心」な住まいづくりのために
 
「システムショップはぎわら」とお客さんとのつながりは「リフォーム工事が終われば終了」というわけではない。半年、1年と定期点検を行い、そこで工事後、不便を感じていることはないかを確認したり、さらに追加のリフォームを依頼されることもある。
 

024hagiwara_article
フローリングだけでなく、畳も「安全・安心」素材にこだわる

 
珪藻土の壁や無垢材の床だけでない。同店では化学薬品などを一切使わない、熊本産の泥染めの畳や、芯材に国産のワラを使用した畳なども取り扱っている。畳ってもともと自然素材なのでは・・・と思っていたが、児玉さんいわく「海外製の畳には着色料や防腐剤などがたっぷり使われていることが多い」のだとか。
 

025hagiwara_article
国産の“本物の畳”は、色も風合いも「外国産とは全く違う」という

 
「一番ゴロゴロと寝転んだりする機会も多いのに、畳には規制とか基準がほとんどないんですよ」という児玉さんの言葉に、「ウチは大丈夫かな・・・」と急に不安になったりする。
 
ほかにも、店内では間伐材を使った木質ペレットを燃やして暖をとるストーブの展示・販売なども行っている。これがものすごく温かい!
こうした展示を見ていると「エコで安心・安全、体に優しい家づくりとは何か」、その意識が自然と高まっていくのを感じる。
 

026hagiwara_article
木質ペレットを燃やして暖めるストーブ。室内の空気を汚さない点も魅力
 
027hagiwara_article
木質ペレットは間伐材を利用したもの。エコにもつながる商品だ

 
「家をリフォームする」ことは「古くなった部分をキレイにする」ことだと思っていた。しかし、こうして児玉さんはじめ、スタッフのみなさんの話を聞いて、それだけでは「本当に快適な住まい」は作れないのだと気づかされた。
 
豊富な知識と、お客さんの要望を「聞く力」、そして、より良い住まいを作るための「提案力」。この頼れるスタッフの皆さんがいる限り、ここは地域の人たちにとっての「住まいのことならは何でも相談できる」場所であり続けるはずだ。
 
 
 
取材を終えて
 
取材中、店長の児玉さんにいくつかの小冊子を見せていただいた。
 
それは、「システムショップはぎわら」で手掛けたリフォームの実例集。リフォーム後の室内の様子を撮影、それをキレイに製本し、まとめたミニ写真集のようなものだ。
 

028hagiwara_article
リフォーム後の様子をまとめた本。キレイな写真に思わず見入ってしまう
 

この写真集、なんと「リフォームをされたお客様に、完成後お渡ししている」という。リフォームによって生まれ変わった“我が家”の姿を、いつまでも記念に残しておけるプレゼント・・・これはいただいた方としても、本当にうれしいだろうなぁ。
 
店内からも、スタッフの方からも、そしてこうしたサービスからも伝わってくる「暖かさ」。なんだかとっても幸せな気分になった取材だったように思う。
 
 
―終わり―
 
 
HP/http://www.sshagiwara.com/

 
■メッセージや質問など、お問い合わせはこちらから
お問い合わせ

 

※情報は取材時のものです

\ 友達にシェアする /

  • LINE
  • はてな

基本情報

店名 システムショップはぎわら 金沢文庫店
システムショップハギワラ カナザワブンコテン
ジャンル リフォーム
住所 〒236-0042 神奈川県横浜市金沢区釜利谷東4-2-1
アクセス 京浜急行線「金沢文庫駅」より徒歩15分
駐車場 あり
TEL1 0120-780-138
はまれぽを見たとお伝えください
TEL2
FAX
営業時間 午前9時~午後5時半
定休日 日曜・祝日
URL http://www.sshagiwara.com/
カード利用
個室

こちらもおすすめです

賃貸でもこだわりのマイホームを実現! 家族の健康を大切にしたお部屋探しなら「有限会社アーク・ケイ」

  • PR

頭金10万円で中古マンションが買える!? 常識を打ち破る独自のシステムとは?

  • PR

憧れの湘南ライフの総合プロデューサー 「湘南海辺不動産株式会社」

  • PR

医療同様に地盤にもセカンドオピニオンを! 過剰な地盤改良を未然に防ぎ、住宅建築コストを削減!

  • PR

基本情報

店名 システムショップはぎわら 金沢文庫店
システムショップハギワラ カナザワブンコテン
ジャンル リフォーム
住所 〒236-0042 神奈川県横浜市金沢区釜利谷東4-2-1
アクセス 京浜急行線「金沢文庫駅」より徒歩15分
駐車場 あり
TEL1 0120-780-138
はまれぽを見たとお伝えください
TEL2
FAX
営業時間 午前9時~午後5時半
定休日 日曜・祝日
URL http://www.sshagiwara.com/
カード利用
個室

アクセスランキング