検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

食べる和食

じゃのめや

  • JR根岸線「関内駅」より徒歩12分
  • 神奈川県横浜市中区伊勢佐木町5-126
    • 営業時間:火~金:17:00~21:15(L.O) 土日祝:12:00~21:00(L.O)
    • 定休日:毎週月曜日、第一日曜日

創業明治26年の牛鍋・しゃぶしゃぶの店「じゃのめや」。120年以上も愛されてきたのは理由がある。鉄鍋の中でグツグツと湯気を上げる牛肉は、ひと口ほおばれば、誰でも驚くほどの旨味とやわらかさが楽しめる。

ココがイチオシ!

牛肉はA5ランクは当たり前、さらに等級にもこだわる至極の味わい。牛鍋・しゃぶしゃぶの「じゃのめや」

 

2016年06月07日

さあ、いよいよ牛鍋をいただきます!
 
じゃのめやのメニューは「牛鍋かしゃぶしゃぶ」のどちらかがメインとなる。
コース料理と、牛鍋やしゃぶしゃぶの単品が用意されていて、牛肉の部位によって価格が異なる。
 
やはり牛鍋で歴史があるお店だけあって、牛鍋を注文するお客さんが多いそうだが、「さっぱり食べたい」という女性グループなどにはしゃぶしゃぶが人気だそう。
 
今回は「特選牛鍋コース」(1万1600円/1人前)をご紹介。
 

七輪写真janome_article
「特選」では、七輪で牛鍋を煮るのが特徴だ。
 
015janome_article
七輪で牛鍋を温めている間に・・・

 
まずはコース料理をご紹介。
メニューは、先付、前菜、刺身、その他一品料理、牛鍋用の和牛霜降り肉150グラム(1人前)、ざく(牛鍋で煮る野菜)、香の物、ご飯、デザートとなっている。
 

016janome_article
春らしい先付「筍とグリーンピースの和え物、生うにのせ」
 
017janome_article
色とりどりの前菜

 
前菜は、写真左から「芽かぶと鯛の子ども」、「明太子のしんじょ」、「磯つぶ貝のうま煮」、「そら豆」、「道明寺麩の田楽」。
 

018janome_article
お刺身、美味しい! 鮮度もばっちり

 
この日の一品料理は、「太刀魚(たちうお)の良いものが入ったので」とのことで「太刀魚の揚げ物」をポン酢でいただく。
 

019janome_article
コース料理一つひとつがとても丁寧に作られている

 
いよいよ、メインの牛肉が登場!
 

020janome_article
取材班から「おおお!」と歓声が上がった、美しい牛肉登場

 
写真は4人前(1人前は150グラム)
コースの牛肉は150グラムの設定になっているが、ご高齢の方など、あまりたくさん食べられない人に100グラムの少量コースもある。
 
写真では、その量が分かりにくいかもしれないが、実際に4人で食べてみると途中で「もうお腹いっぱいなのでこれ以上お肉は無理です!」というくらいの満足感がある。
 

021janome_article
この「肉の花」の部分はヒレ
 
022janome_article
お花のまわりのお肉は脂が多めのロース

 
まずはお肉から鍋へ投入。
 

023janome_article
これ、絶対おいしいでしょう

 
牛肉を煮る割り下は、代々続いている味を守っているという。
 

024janome_article
割り下でささっと煮たお肉を!生卵にからめて・・・
 
025janome_article
ロース肉から、さあ!!

 
お肉を口に入れると、もう衝撃的。
普段食べているお肉って、一体何だったのか!? と思うくらい全然違う。
柔らかさも圧倒的だけど、うま味が強く、牛肉独特の臭みは全くなかった。もっと脂っこく感じるかな? と思ったが、脂っぽさはなく、口の中でお肉がふわりと切れる感じ。
「これが脂の質の違いなのか」と実感。
 
割り下の味が甘すぎないので、肉の旨味と脂の質の良さを十分に引き立ててくれる。
 

026janome_article
「ホンモノの味を知ってしまった・・・!!」と編集部・木村

 
じゃのめやのざくは、長ネギ、タマネギ、シイタケ、焼き豆腐、シラタキ、シュンギク。
 

027janome_article
立派なシイタケは、戦前から変わらず浅草のお店から仕入れているそう

 
野菜や焼き豆腐、卵なども、代々仕入れている先から今も変わらず購入しているという。
牛肉を絡めて食べる生卵がとても新鮮で、黄身がしっかりしていた。卵自体の味が濃いことにびっくり。
 

028janome_article
「ざく」という名前は、「ザクザク切る」に由来しているという
 
029janome_article
牛鍋は仲居さんが美味しいタイミングで作ってくれるので安心

 
続いて、ちょっと厚切りのヒレ肉。
ロースに比べると、霜降りの脂の量が少な目だが、これでも相当柔らかい。
 

030janome_article
お皿に盛られた、お花の部分のお肉
 
031janome_article
ちょっと赤みが残るくらい、ササッと煮るだけ

 
お肉の厚みがある分、弾力が感じられて、ロースとはまたちがった美味しさだ。柔らかいお肉の存在感が十二分に感じられる。
 
たくさんお肉を食べて、卵のおかわりまでいただいて、もうお腹いっぱい。
 
贅沢なひと時は、最後のデザート「キャラメルムース」で締めくくり。
 

032janome_article
ごちそうさまでした!

 
 
 
取材を終えて
 
とにかく牛肉が圧巻の美味しさ。「霜降りのお肉って脂っぽそうで、チョット・・・」とこれまで思っていたが、それは「脂の質」が問題だったんだと分かった今回の取材。
この日にいただいたお肉は、不思議と脂っぽさは感じなかった。そして、感動的に柔らかい。
お店が長く愛されている理由は、食べた人が必ず「また食べたい」と思える料理を提供し続けているからなんだな、と実感した。
 
 
―おわり―
 
HP/http://www.janomeya.com/ 
 
Facebook
 
メッセージや質問など、お問い合わせはこちらから
お問い合わせ

 

※情報は取材時のものです

基本情報

店名 じゃのめや
ジャノメヤ
ジャンル 牛鍋・しゃぶしゃぶ
住所 〒231-0045 神奈川県横浜市中区伊勢佐木町5-126
アクセス JR根岸線「関内駅」より徒歩12分
駐車場 有 ※事前にご連絡ください
TEL1 045-251-0832
はまれぽを見たとお伝えください。
TEL2
FAX
営業時間 火~土:17:00~21:15(L.O) 
日:12:00~21:00(L.O)
定休日 毎週月曜日、第一日曜日
URL http://www.janomeya.com/
カード利用
個室
  • LINE
  • はてな

基本情報

店名 じゃのめや
ジャノメヤ
ジャンル 牛鍋・しゃぶしゃぶ
住所 〒231-0045 神奈川県横浜市中区伊勢佐木町5-126
アクセス JR根岸線「関内駅」より徒歩12分
駐車場 有 ※事前にご連絡ください
TEL1 045-251-0832
はまれぽを見たとお伝えください。
TEL2
FAX
営業時間 火~土:17:00~21:15(L.O) 
日:12:00~21:00(L.O)
定休日 毎週月曜日、第一日曜日
URL http://www.janomeya.com/
カード利用
個室

アクセスランキング