検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

食べる居酒屋特典あり

粉もの元次

  • JR根岸線「関内駅」より徒歩約2分
    横浜市営地下鉄「関内駅」より徒歩3分
  • 横浜市中区真砂町3-30-2
    • 営業時間:17:00~23:30
    • 定休日:お盆と年末年始以外は無休

もはや本場を超える味!? お好み焼きにネギ焼き、そばめしに近江牛ステーキ。料理のプロたちもこぞって通い詰める鉄板料理の数々を、リーズナブルな価格で味わえる!

ココがイチオシ!

本場・大阪の味を横浜で! 料理のプロもうならせる、お好み焼き&近江牛「粉もの元次」

 

2016年10月17日

本場“関西”粉もの文化を横浜で継承する店
 
関東からめったに出ることのない筆者は、粉ものの本場“関西”の味を知らない。関西出身の友人は、「関東のお好み焼きなんか食べられない」と連呼する。そうか、そんなにおいしいのか、関西は。と言いながらも、関東を出ることがないので、どれだけおいしいのかはまだ知らない。
 
しかし、悔しいではないか。関東の食をぼろくそに言われっぱなしでは。何か、友人を驚かせてやりたい。とそんなことを思っていた筆者のもとに、関内にすごい店があるらしいと情報が入った。この店を訪れた関西人は皆、「参りました」となるらしい。どんな店なのか、まずは偵察に・・・。
 

001genji__article
北口を出て、セルテを左手に見て直進
 
002genji__article

ドトールコーヒーを目印に左折した、右側
 
003genji__article

このビルの2階が「粉もの元次」
 
004genji__article

1分ほどで到着!
 
005genji__article
明るくて清潔な店内

 
すっきりとしたインテリアで居心地がいい。とはいえ、一見すると普通の鉄板焼き屋さん。ここでそんなにすごい料理が食べられるのだろうか。
メニューを開くが、生粋の関東人の筆者、何を頼んでよいものか悩む。悩んでいたら、店主の熊谷元宏(くまがい・もとひろ)さんがオススメを教えてくださった。
 

006genji__article
店主の熊谷さん

 
熊谷さんの薦めるままに、お好み焼き、ねぎ焼き、そばめしをチョイスし、しばし待つ。お好み焼きといえば、お祭りのときの屋台くらいでしか食べたことがない筆者。自宅で焼いてつくったこともあるが、せっかちなので早く焼けるように、ついプレートにぎゅうぎゅう押し付けてしまい、ホットケーキのできそこないみたいになってしまった。
 
美味しいお好み焼きって、どんなものなんでしょう。ねぎ焼きとそばめしに至っては、そもそも初めて聞く料理名。カウンター前にある鉄板で料理を焼いてくれるようなので、ちょっとわくわくしながら、運ばれてくるのをしばし待つ。
 

いい音、いい香りがしてくる!

 

007genji__article
「お好み焼き/650円(税別・以下同)」の完成!

 
ではさっそく、いただきます!
 
一口食べて、「うわぁ!」。ふわっふわの食感にキャベツのほのかな甘み。私が今まで食べたことのあるお好み焼きと、ぜんぜん違う! 生地がしっかりしたお好み焼きもおいしいと思うけれど、このふわっふわ感は新鮮な驚き!
 
これがお好み焼きというならば、「関東のお好み焼きは食べられない」という関西人の言葉にも納得してしまうかも・・・。軽い食感のせいか、食べても食べても胃がもたれない!
 
次に頼んだのはねぎ焼き。熊谷さんが「ぜひ食べてほしい」と推す一皿だ。
 

008genji__article
「ねぎ焼き/650円)」

 
ねぎ焼きとは、関西のネギ(関東の白いねぎではなく、青くて細いねぎ)と甘く煮込んだ牛すじ肉の入ったお好み焼き風の一品。いかにも関西的な組み合わせが、関東人の筆者には新鮮な味! ネギがすじ肉の甘さを引き立たせ、軽い食感なのでいくらでも食べられそう。
 
次はそばめし。熊谷さんによると、そばめしはもともと兵庫県神戸市長田区の庶民の味。ごく限られた地域でしか食べられていなかったので、関西にも知らない人もいるらしい。
 
長田区は1995 (平成7) 年の阪神・淡路大震災で壊滅的な被害を受け、長田に住んでいた人が各所に移り住み、それをきっかけに、そばめしが広く知られるようになったのだという。
 

009genji__article
麺をへらで細かく切り刻み、ご飯と合わせてチャーハンのようにしていく
 
010genji__article

「そばめし(小)/450円」

 
初めて食べるのに、なぜか懐かしく感じる味。チャーハンより軽く、口の中でご飯と麺がほろほろとほどけていくような食感だ。ここまできて、はまれぽ取材陣、すっかり無言に。たまに顔を上げて「おいしい」とつぶやき、またひたすら食べ続ける・・・。
 
 

\ 友達にシェアする /

  • LINE
  • はてな

基本情報

店名 粉もの元次
コナモノゲンジ
ジャンル 鉄板焼き
住所 〒231-0016 横浜市中区真砂町3-30-2
アクセス JR根岸線「関内駅」より徒歩約2分
横浜市営地下鉄「関内駅」より徒歩3分
駐車場 無 (近くにコインパーキング有)
TEL1 045-651-6227
はまれぽを見たとお伝えください。
TEL2
FAX
営業時間 17:00~23:30(フードラスト)
定休日 お盆と年末年始以外は無休
URL http://www.genzi.jp/
カード利用 可 (VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)
個室

こちらもおすすめです

天王町で30年以上続く居酒屋さん! 本格的な料理がリーズナブルに味わえる「出世居酒屋いっすんぼうし」

  • PR

野毛のリトル大分で郷土料理と銘酒を存分に味わう「如水」

  • PR

価格、ボリューム、格式ばらない雰囲気・・・ 日本料理の“常識”を覆す名店「別亭空海」

  • PR

ここが横浜の新特等席! 絶景レストランで「伝統」と「革新」の日本料理を味わえる「横浜 星のなる木」

  • PR

はまれぽ読者限定!

はまれぽモテナシ

人気の手作りお通し「フォアグラ大根」&「枝豆」が無料!

【有効期限】 '19/12/31

【利用条件】
特になし
【提示条件】
来店時に「はまれぽ特典画面」を提示、もしくは「はまれぽ見た!」とお伝えください。


基本情報

店名 粉もの元次
コナモノゲンジ
ジャンル 鉄板焼き
住所 〒231-0016 横浜市中区真砂町3-30-2
アクセス JR根岸線「関内駅」より徒歩約2分
横浜市営地下鉄「関内駅」より徒歩3分
駐車場 無 (近くにコインパーキング有)
TEL1 045-651-6227
はまれぽを見たとお伝えください。
TEL2
FAX
営業時間 17:00~23:30(フードラスト)
定休日 お盆と年末年始以外は無休
URL http://www.genzi.jp/
カード利用 可 (VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)
個室

アクセスランキング