検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

食べるカフェ・スイーツ

いちから参かふぇ

  • 東急田園都市線「藤が丘駅」から徒歩6分
  • 横浜市青葉区藤が丘1-24-7 ファミリーコーポマルイ103
    • 営業時間:10:00~20:00
    • 定休日:月曜日

一から作るから「いちから参かふぇ」。自然素材を使った手作り空間にチョークアートが彩りを添え、店主ご夫婦の人柄が伝わってくる温かな店。手作りの焼き菓子、スペシャルティコーヒーの美味しさに誰もが笑顔に。

ココがイチオシ!

手作りの優しさに包まれて、ゆっくりとティータイムを。気軽にチョークアートを体験できるのも魅力!

 

2017年11月16日

コーヒーの美味しさに感動し、手作りの焼き菓子にホッとするひととき
 
「美味しいものを出してあげたいというのが、一番のこだわりです」と雅晴さんが言うとっておきのカフェメニュー。そのこだわりについて、細かく伺ってみた。
 
「いちから参かふぇ」で提供している焼き菓子は、まさに一から作る手作り。添加物はほとんど使っていないという。そして、「なるべく不純物の入っていない材料を使う」と雅晴さん。
「もちろんマーガリンやショートニングを使わず、バター100%にこだわっています。お客さんから美味しいと言っていただきますが、バターを使えばお菓子は美味しいんですよ」と謙虚な言葉を続ける。
 

ichikara-article035
焼き菓子は店内で食べられるだけなく、販売もしている

 
さらに、コーヒーにも、こだわりがある。

同店で提供するコーヒーは、専門の鑑定士が豆風味、フレーバー、酸味、甘味などの品質だけでなく、焙煎・抽出におけるまで「最高である」と認めた「スペシャルティコーヒー」。
 
さらに、スペシャルティコーヒーのコーヒー豆を作る農場の中でも日当たりの良い場所で採れたものだけを仕入れるとか。ちなみに、寒暖差が激しく、日当たりの良いところで栽培されたコーヒーは、香りが良く、果実のような味わいがあるという。
 

ichikara-article036
ここまでやるのがスペシャルティコーヒー

 
また、食事メニューで使われている手作りのソーセージは、肉の質やスパイスにもこだわっているとか。

通常、ソーセージには小麦粉などのつなぎが入っているが、同店のものはつなぎのない“100%肉”だという。さらに添加物を使わず、独自に研究を重ねたスパイスが17種類も調合されている。
 

ichikara-article037
こちらは「特大ソーセージ付パスタセット デザート付(1330円)」

 
実際にコーヒーや、焼き菓子などのカフェメニューをいただくことにした。

まずはスペシャルティコーヒーを。出していただいたのは、取材日に豆が届いたばかりだという「グァテマラ」。
 
実は筆者は、かなりのコーヒー好き。コーヒー豆を専門店で買い、家で飲むコーヒーは豆を直前に挽いている。それが、まさにスペシャルティの中のスペシャルティ、しかも届きたての、とびきり新鮮な豆を使ったコーヒーをいただけるなんて・・・。気分がすごく盛り上がってくる。
 

ichikara-article038
丁寧に入れていただいたコーヒーを取材陣でいただく

 
ほのかに甘みを感じるスッキリした味。後味に嫌な酸味や苦みが全く残らない。これはホントに美味しい!! 編集部・阿部は「苦みがなくスッキリ、クリア。スゥーっと入ってくる。自宅ではもっぱらインスタントなので、一口目から違いを感じました。贅沢!」と感激した様子。
 
「普段はカフェオレしか飲めないのに、こちらのコーヒーならブラックでも飲める」という方が多いと伺ったが、その反応に納得するほどの美味しさだった。
 
続いて・・・
 

ichikara-article039
「丸ごとイチジクフルーツケーキ(480円)」

 
木製のお皿に、柔らかな雰囲気で素敵に盛り付けられたケーキ。見ただけで、もう笑顔になってしまう。口に含むと丸ごとのイチジクの存在感があって、フルーツの味わいたっぷりのケーキ!

「ずっしりしたボリュームがあって、うれしい!」と阿部も満足げだ。
 

ichikara-article040
「チーズケーキタルト(270円)」

 
「添えられたフルーツがアクセントになっていますね、美味しいな」と阿部。
 
すっきりした甘みでチーズの味わいもしっかりある。誰にでも好まれそうな優しい味なので、テークアウトできる「ホールサイズ(2800円)」は、ちょっとした手土産にも良さそうだ。
 

ichikara-article041
コーヒーの香りに包まれる幸せな時間!!

 
 
 
人と人とがつながる、温かなカフェ
 
取材した平日の午後4時ごろ、店内はたくさんのお客さんでにぎわっていた。グループでゆっくりティータイムを楽しんでいたり、カウンターで隣り合った方同士で話をしていたり・・・。
 

ichikara-article042
親しげに話しているおふたり。実はこの日、初対面だったとか
 
ichikara-article043

純世さんとお客さんとの間で話が弾んでいることも

 
この店には温かな雰囲気が漂っている。ご夫婦合作のチョークアート作品がディスプレーされた空間は、人の心をやわらかに解きほぐしてくれるかのよう。とびきりのコーヒーを片手にすれば、自然に会話が生まれてくる。そんな、人と人が自然につながるような優しさがあるように感じた。
 
「いちから参かふぇ」で提供するメニューには、そうした人と人とのつながりの中で生まれてきたものがいくつかある。ハイビスカスのガクから作られる「ビサップジュース」はその1つだ。
 

ichikara-article044
「ビサップジュース(880円)」

 
「お客さんの知人にセネガル人の方がいて、ビサップジュースを作っていると聞きました。体調が悪くなった子どもに薬代わりに飲ませることもある飲み物と知り、ぜひウチの店でも出してみたいと、連絡をとってもらいました」と純世さんは話してくれた。
 
現在は、そのセネガル人の方が厨房に来て、自国から輸入したハイビスカスのガクを使って作ってくれているとか。ハイビスカスのガクから作られたジュースだなんて、それだけでもう、なんだか美容にも良さそうな気がして、女性にはうれしい。
 
取材陣4人も飲ませていただいたが、「香りが良くとても美味しい」「酸味がほどよく爽快感があり、ごくごく飲みたい」「販売していたら買って帰りたい」と大絶賛だった。
 
「また、会いに来ますね」と思わず口にしたくなる。「いちから参かふぇ」はそういう店だ。
 

ichikara-article045
取材を終え、おふたりの素敵な笑顔に送られる

 
 
 
取材を終えて
 

チョークアート初体験は新鮮でとても楽しかった。芸術に触れるというような大げさなものではなく、指先の感覚を使ってきれいな色で遊ぶような感じ。きっと誰もが楽しめるのではないだろうか。
 
2時間半あまりの取材の間ずっと、なんだか落ち着く感じ、心地良い空気が流れているような感じを味わっていた。ドリンクや料理が美味しい、それだけでない「いちから参かふぇ」の魅力を、ぜひ皆さんにも実感していただければと思う。

 
 
―終わりー
 
 
HP/
http://sam-twins.com/ichikara-cafe
Facebook
 
■メッセージや質問など、お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

 

※情報は取材時のものです

基本情報

店名 いちから参かふぇ
イチカラサンカフェ
ジャンル チョークアート&カフェ
住所 〒227-0043 横浜市青葉区藤が丘1-24-7 ファミリーコーポマルイ103
アクセス 東急田園都市線「藤が丘駅」から徒歩6分
駐車場 昭和大学藤が丘病院第2駐車場
1時間無料
TEL1 045-877-9882
はまれぽを見たとお伝えください
TEL2
FAX 045-877-9882
営業時間 10:00~20:00
定休日 月曜日
URL http://sam-twins.com/ichikara-cafe
カード利用 可 (VISA MASTER AMEX JCB ダイナーズクラブなど)
個室
  • LINE
  • はてな

基本情報

店名 いちから参かふぇ
イチカラサンカフェ
ジャンル チョークアート&カフェ
住所 〒227-0043 横浜市青葉区藤が丘1-24-7 ファミリーコーポマルイ103
アクセス 東急田園都市線「藤が丘駅」から徒歩6分
駐車場 昭和大学藤が丘病院第2駐車場
1時間無料
TEL1 045-877-9882
はまれぽを見たとお伝えください
TEL2
FAX 045-877-9882
営業時間 10:00~20:00
定休日 月曜日
URL http://sam-twins.com/ichikara-cafe
カード利用 可 (VISA MASTER AMEX JCB ダイナーズクラブなど)
個室

アクセスランキング