検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

相談行政書士

櫻行政書士事務所

  • JR横浜線「鴨居駅」から徒歩1分
  • 横浜市緑区鴨居1-9-12 岩岡ハイツ302号室
    • 営業時間:9:30~18:00 ※ご相談に応じます
    • 定休日:土曜日、日曜日、祝日 ※ ご相談に応じます

優しい笑顔で依頼者の話をとことん聞く。遺言、相続、成年後見についてのプロフェッショナル「櫻行政書士事務所」。中でも遺言書作成の必要性について熱い思いを持つ、櫻井先生の思いに迫る!

ココがイチオシ!

穏やかな語り口の中にある熱い思い!「子どものいない夫婦における遺言書作成の大切さ」を説く!

 

2017年12月27日

櫻井先生が「子どものいない夫婦における遺言書作成の大切さ」を熱弁!(続き)
 
櫻井先生が行政書士になってから3、4年のころ、夫を亡くした妻から遺産についての相談があった。夫婦に子どもがいる場合、遺産を相続できる法定相続人は配偶者(このケースでは妻)と子どもになり、それぞれ遺産の2分の1ずつ受け取ることができる。
 
しかしこの夫婦に子どもはおらず、高齢だったためすでに夫の両親や兄弟姉妹も他界しており、また遺言書は作られていなかった。そこへ、依頼者にとって思いもよらぬ出来事が起きる。相続人調査の結果、夫の兄弟の子ども(義理の甥)も相続人であることが判明したのだ。親しい間柄ならまだしも、今まで付き合いがほとんどなかったにもかかわらず多額の遺産を要求してきたのだ。
 

sakura-article012
わかりやすく教えてくれた

 
このケースのように、夫の両親はもちろん兄弟姉妹まで亡くなっている場合は、その子ども、つまり義理の甥姪が法定相続人となり、遺産の4分の1(残りの4分の3は妻)を受け取る権利をもつことになるのだ。
 
遺産を相続するためには、法定相続人同士での合意が必要なため、この甥との間にきちんとした話し合いの場を設けなければならない。
 

sakura-article013
櫻井先生の熱い思いが伝わってくる

 
夫の死に精神的ショックを受けていた依頼者は、この出来事でさらに疲弊してしまった。「遺産はすべて妻に相続させる」。たったこれだけの遺言書さえあれば、人間関係のわずらわしさに向き合うことなく、遺産の全額を受け取ることもできたというのに・・・。櫻井先生は、子どものいない夫婦にこそ遺言書の作成が必要だと強く感じたのだ。
 

sakura-article014
ホームページでも積極的に情報を発信!

 
大切な人が亡くなって辛いときに、相続のことでさらに心を傷めるような事態は防ぎたい。櫻井先生の思いは強く、子どものいない夫婦に向けて“遺言書作成の大切さ”を訴えるホームページを立ち上げるに至った。子供がいない夫婦が増えてきている昨今、遺言書を作ることでトラブルを未然に防ぎたいと、それを広めるためのセミナーなども行っているという。
 

sakura-article015
遺言書作成の大切さを多くの人に伝えていきたい

 
遺言の相談をするタイミングは難しいと多くの人は思う。そんなときは今すぐ作らなくてもいいので、「とにかく1度相談に来てほしい」という。そして最低限、「自筆でもいいから作ってほしい」と、櫻井先生は強く訴える。
 
人生、いつなにが起こるか分からない。だからこそ思い立ったときに相談するのがいいのだろうと思った。
 
 
 
聞き上手を生かして、依頼者の本音を引き出す
 
実は、行政書士になる前は、その役割を深く理解しきれていなかったという櫻井先生。しかし2008年の事務所開設から約10年間、さまざまな案件と向き合ってきた中で、依頼者の話をじっくり聞き、心に寄り添う「行政書士」の仕事が今では天職だと感じているそうだ。
 
「相続の話に納得がいかないある方のお話を聞いていたんですが、気が付くと3時間が経っていました。それでもまだ納得がいかないご様子だったんですが、1時間後に『私、(遺産)いりません!』とわざわざお電話いただき、最終的に遺産相続の話をまとめることができました」
 

sakura-article016
先生の熱意が、依頼者の気持ちを変えた

 
櫻井先生は一般企業に勤めていたころ、「クレーム対応なら櫻井」と頼りにされていたという。たとえ面白くないようなことでも、人の話を聞き続けるのが苦ではない、根っからの聞き上手である。そんな櫻井先生のお人柄は、「行政書士」にマッチしているのだろうと感じた。
 
書類の作成や手続きの代行といった仕事は、どの行政書士にも共通する業務である。依頼者の要望をくみとり、的確なアドバイスはもちろん、プラスアルファの付加価値を提供できるか、これが大切なのだ。
 
遺言や遺産相続は、お金や人間関係が複雑に絡み合う、非常にデリケートな分野。だからこそ「遺言書」を1つ作成しておくことで、トラブルを未然に防いでおきたいものである。遺言書作成の大切さが誰よりも分かる櫻井先生なら、きっとあなたの話にとことん付き合い、当事者全員にとっての最善策を提示してくれるだろう。
 

sakura-article017
心から信頼できる先生へ相談!

 
 
 
取材を終えて
 
先生によると遺言書を作ることに対しては、女性のほうが積極的で、男性は腰が重いという。遺言書を作った後が何かと不安で・・・と思う男性も多いとか!? そのような気持ちを軽減するために、「私も作るから一緒に作りましょう」と言うといいそうだ。
 
エピソードに出てきたご夫婦は「来年、遺言書を作ろう」と話していた矢先に亡くなられた。残された人の負担を減らすために遺言書を作ることは大切だと感じ、それを頼むなら自分が心を許せて信頼できる人にお願いしたいと思った。
 
 

―終わりー
 
 
HP/
http://sakura-igon.jp
Facebook
 
■メッセージや質問など、お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

 

※情報は取材時のものです

\ 友達にシェアする /

  • LINE
  • はてな

基本情報

店名 櫻行政書士事務所
サクラギョウセイショシジムショ
ジャンル 行政書士事務所
住所 〒226-0003 横浜市緑区鴨居1-9-12 岩岡ハイツ302号室
アクセス JR横浜線「鴨居駅」から徒歩1分
駐車場
TEL1 045-350-9369
はまれぽを見たとお伝えください
TEL2
FAX 045-350-9374
営業時間 9:30~18:00
※ ご相談に応じます
定休日 土曜日、日曜日、祝日 ※ ご相談に応じます
URL http://sakura-igon.jp
カード利用 不可
個室

こちらもおすすめです

あなたと地域の橋渡しをしてくれる、地域愛あふれる「街の法律家」におまかせ! 「田近淳司法書士事務所」

  • PR

地域に密着し、ベストな保険プランを構築し、アドバイスしてくれる保険代理店「ほけんのいっぽ」

  • PR

財産を「負の遺産」にしないために! 相続税の相談・対策なら、関内駅徒歩2分の「北川孝税理士事務所」

  • PR

40年以上続く経験豊富で頼れる社会保険労務士事務所「社会保険労務士法人 横浜中央コンサルティング」

  • PR

基本情報

店名 櫻行政書士事務所
サクラギョウセイショシジムショ
ジャンル 行政書士事務所
住所 〒226-0003 横浜市緑区鴨居1-9-12 岩岡ハイツ302号室
アクセス JR横浜線「鴨居駅」から徒歩1分
駐車場
TEL1 045-350-9369
はまれぽを見たとお伝えください
TEL2
FAX 045-350-9374
営業時間 9:30~18:00
※ ご相談に応じます
定休日 土曜日、日曜日、祝日 ※ ご相談に応じます
URL http://sakura-igon.jp
カード利用 不可
個室

アクセスランキング